ゼラチンを使った4つの美容法

· 5月 22, 2016
ゼラチンに含まれるコラーゲンとたんぱく質のおかげで、シワの予防やフリーラジカルによる体の酸化防止の自然派対策として効果大。

ゼラチンと言えば、デザートをはじめとする様々な料理を固めるのに使われる材料。

キッチンでの利用法はもちろん、それ以外にも自然療法としての利用法が様々。

そして特にうれしいのが、美容にとても効果的であるということ。ゼラチンは髪、肌、爪の強い味方になってくれる優れ物。でもその使い方を知らない人も多いのでは?

ゼラチンは、その栄養価と質感が様々な美容法への利用を可能にし、化学物質がたくさん含まれた市販品の代用品として最適。

まだ試したことがないという人のために、ここではゼラチンを使った4つの美容法をご紹介。是非試してみて!

1.脂性の人ための顔パック

Mascarilla-facial-para-pieles-grasas-500x334

ゼラチンをレモンのしぼり汁と混ぜることで、皮脂の出すぎをコントロールしたい人に最適な顔パックが完成。

その成分が皮膚のpHをコントロールし、皮脂が溜まって毛穴が黒くなるのも予防。

さらにピーリングの効果もあり、角質を取り除いてきれいで整った肌に

材料

  • ゼラチン1回分一袋
  • お湯1/2カップ(125ml)
  • レモンのしぼり汁1/2カップ(125ml)
  • コットン一つ

作り方

  • ゼラチンをお湯1/2カップに溶かし、均一になるまでよく混ぜる。
  • レモン汁を加えて、さらに混ぜる。

使い方

  • コットンを使って顔全体に出来上がった液体を広げる。
  • 乾燥するまで待って、その後ぬるま湯で洗い流す。
  • きれいな肌を保つためには、最低でも週に3回実行を。

2.顔と体のピーリング

Exfoliante-facial-y-corporal-500x375

ゼラチンをトウモロコシ粉のような税量と混ぜると、毛穴の黒ずみや肌の汚れを取り除く、自然のピーリング材に

肌から分泌される必要な油分に悪影響を与えず、むしろ保湿剤として働くため、体のどんな部分の肌でも利用可能

ということで、顔と体どちらにも使えるピーリング法をここでご紹介。

材料

  • トウモロコシ粉大さじ半(7.5g)
  • ゼラチン大さじ半(5g)
  • ぬるま湯大さじ2杯

作り方

  • 材料をすべて一緒にして、ねっとりするまでよく混ぜる。

使い方

  • 肌を濡らして、出来上がったクリームを使って肌を優しく円を描くようにマッサージする。
  • 10分置いてから水で流す。
  • きれいな肌を保つためには、最大で週2回リピートを。

3.髪への使い方

Tratamiento-para-el-cabello-500x390

髪の見た目をきれいにして抜け毛も防ぐ良い方法が、いつものシャンプーにゼラチンを少し混ぜること。

ゼラチンは、髪を強くして健康的に成長するのを助けるのに必要な、たんぱく質や栄養を髪に供給してくれる材料。

これを週に3回使えば、強くてつやのある、枝毛や毛先のダメージもない髪になること間違いなし!

材料

  • ゼラチン半カップ
  • 水半カップ(125ml)
  • シャンプー235ml

作り方

  • ゼラチンを水に溶かしたら、シャンプー235mlの容器に加える。

使い方

  • ボトルを振ってよく混ぜたら、普段のシャンプーと同様に使う。

4.肌をうるおって若々しくする顔パック

Mascarilla-facial-para-hidratar-y-rejuvenecer-500x342

コラーゲンとたんぱく質は、肌を若返らせてシワを防ぎ、自然に保湿もしてくれる栄養分。

これを使えば肌の弾力を取り戻し、フリーラジカルが引き起こす体の酸化によるダメージも軽減。

材料

  • オートミールを調理したもの半カップ(110g)
  • ゼラチン液状1/4カップ(62ml)
  • はちみつ大さじ1杯(25g)

作り方

  • すべての材料をボールに入れ、均一になるまでよく混ぜる。

使い方

  • 出来上がったクリームを顔、首、首周りに塗って、少なくとも30分置く。
  • その後水で洗い流す。これを週に2回か3回繰り返す。

ここで紹介したゼラチンの使い方を知らなかった人も、ぜひこれからいつものケアに取り入れてみて。これを使えば、あまりお金をかけなくてもつやつやな髪と肌を演出が可能!

これらの美容法に加えて、日常的にゼラチンを食事に取り入れるのもお勧め。ゼラチンの栄養分が髪や爪を強くすると同時に、若年老化も防ぐ強い味方に。