抜け毛予防のすすめ

4月 10, 2016

男性だけでなく女性にも起こる抜け毛ですが、その要因は様々で、遺伝、ビタミンやミネラル不足、貧血、ストレス、ホルモンの変化、薬による作用などが挙げられます。人は平均して1日に100本前後の髪が抜けると言われています。しかし明らかに髪が多く抜ける場合には、体に何かしらのトラブルが起こっている可能性もあります。深刻な事態になってしまう前に、抜け毛対策を取る必要があります。
 

髪はなぜ抜けるのか? 

人の髪の毛は神経系と密接なつながりがあります。神経の末端が弱ってしまうと髪は簡単に抜けてしまいます。季節の変わり目やストレス、重篤な病気、睡眠不足、消化不良などで神経は弱ってしまうことがあります。

その他にも高温にさらされたり、化学製品の使用、栄養不足、水分不足なども影響してきます。しかし毎日の生活の中でちょっとした心がけを行うことで、抜け毛を防ぎ、健康的なしっかりとした髪の毛を育てることができるのです。

抜け毛を防ぐ方法

遺伝的もしくは病気が要因の場合は、抜け毛を改善するのは難しいかもしれません。しかし次にご紹介する方法を実践すれば、抜け毛が減りすぐに違いを実感できると思います。

健康的な食生活

kenkoushokuhin

健康的な髪の毛を育て抜け毛を減らすために、健康的な食生活は欠かせません。頭皮の毛穴を健康に保つために、鉄分を多く含むものを食事に多く採り入れましょう。ビタミンABCEも積極的に採りたい栄養素です。脂肪分の多い食べ物は控え、果物や野菜などの生鮮食品を多くとりましょう。

熱から髪を守る

強い日差しはもちろん、ヘアアイロンやドライヤーなどによる熱も髪のダメージや抜け毛につながります。頭部は体の中でも紫外線を浴びやすい部分です。紫外線を浴びることで髪のたんぱく質が壊され、その結果乾燥やダメージが生じてしまうのです。またドライヤーなどを高温で使い続けると髪がやけどをした状態となり、水分が失われ潤いやハリがなくなってしまいます。ドライヤーなどはなるべく使う機会を減らし、日差しが強いときは帽子や日傘を用いるなど髪を保護することをお勧めします。

商品を正しく選ぶ

ちまたには様々なヘア関連商品があふれていますが、実はそのほとんどに髪に良くない化学薬品が含まれているのです。すべての製品が自分の髪に合うとは限りません。自分の髪や頭皮に合った製品を選ぶことが大切です。

ヘアカラーはNG

kami

ヘアカラー製品には、髪にダメージを与え抜け毛を増やしてしまう化学薬品が多く含まれています。人工的に髪の色を変える薬剤で髪本来が持つ健康バランスが崩れてしまい、髪にダメージを与えてしまうのです。抜け毛が気になる方は、間違ってもヘアカラーをしてはいけません。抜け毛が増えてしまう可能性があります。

水分をしっかり採る

水分をしっかりとることは健康に良いとされていますが、髪の健康にもとても大切です。水分は摂取した栄養素を体全体に運んだり、体内の老廃物を体外へ排出する働きがあります。お茶やジュース、アルコールなどは水とは異なる方法で処理されるため、水分補給には水を飲むのが理想的です。丈夫な髪を育てるために、しっかりと水分を採り、潤いのあるつやつやの髪を手に入れましょう!

自然療法

自然のもの使ったケアは、抜け毛を減らしたり予防するのにとても効果的です。

アロエ

aroe

アロエは抜け毛予防や髪の生育に素晴らしい効果を発揮します。アロエの葉からジェル状の部分を取り出し、頭皮に直接つけそのまま乾かします。数時間おいたあと水で洗い流してください。

人参 + ココナッツオイル

人参とココナッツオイルの組み合わせも抜け毛予防に効果的です。人参ジュースとココナッツオイルを1:1で混ぜ合わせたもので、頭皮と髪をマッサージします。15分おいたあと水で洗い流してください。

卵黄

ranouheapakku

卵には、肌や髪を健康に保つために欠かせないビタミンEが多く含まれています。食生活に卵を多く採り入れるのも一つの方法ですが、頭皮に塗る方法もあります。卵黄を頭皮に塗り、30分おいたあと洗い流してください。

ニンニク

ニンニクを使ったトリートメントは、髪を丈夫にし、抜け毛を防ぎ、おまけにつやつやの髪になるという優れものです。まずニンニクひとかけを半分にカットします。そのニンニクで円を描くように頭皮を優しくマッサージし、その後オリーブオイルを塗りこみます。ラップやシャワーキャップなどで頭を包み、翌朝シャンプーを使って油分と匂いを洗い流してください。

あなたへおすすめ