ワキの下の臭いを抑える方法

5月 8, 2016

まず最初にお伝えしたいことは、ワキの下が臭うというのは、不潔だからというわけではなく、腺やホルモンの要素が大いに関連しているということです。と言っても、ワキが臭いと不快なだけでなく、臭いがするだけでその人の魅力が半減されてしまうでしょう。

大切なことは、毎日のお手入れに気をつけてトリートメントしたり、臭いの原因となることを止めれば、少しずつですが汗の量を減らすことができるという点です。今日は、臭いが原因で嫌な状況に陥るということがないよう、ワキの下の臭いを抑える方法を見ていきましょう。

ワキの下をよく洗う

どれ程丁寧にワキを洗おうとも、必ず汗はかきますし、汗をかくと再び臭います。ワキの下は石鹸をつけてよく擦りましょう。香りの強い石鹸の中には、汗をかきやすくするものもありますので、できるだけ、香りの強くないものを選ぶようにしましょう。

キレイに洗い流す

石鹸やデオドラントが残らないよう、ワキの下は丁寧に洗い流すことが大切です。石鹸やデオドラントが残っていると、菌やバクテリアが繁殖する原因となります。ワキの下を清潔に無臭に保ちたいなら、夜、お風呂から出た時にアルコールとお酢を混ぜたもので脇の下を拭き取りましょう

重曹を使う

Baking-soda

体臭を防ぐのに重曹を使用することができます。かすかにワキが臭うと感じたら、ワキの下をよく洗い、綿棒に重曹を少しとって塗布しましょう。気にならなければそのまま洗い流さなくても構いません。また、重曹大さじ1杯をレモン汁に入れて混ぜたものを入浴後に塗布するという方法もあります。

体臭がきつい場合

体臭がきつい方は、タイムかローズマリーを脇の下に当てましょう。慢性的に汗をかく多汗症に効きます。多汗症は日常の活動や人間関係にも影響を及ぼすことがあります。

アロエベラにもまた、汗を抑える働きがあります。アロエの葉からジェルを取り出し、ワキの下に塗りましょう。夜に行うとより効果的です。また、トマトも発汗を抑えますので、潰したトマトを数分間ワキの下に当てるという方法もあります。

服を選ぶときには…

Clothing-300x180

知らない方も多いのではないかと思いますが、実は着る洋服の生地、素材、色によってはより汗をかいたり悪臭を出すものがあるのです。例えば、すでに体臭が気になっている方は、ぴったりとした服を着るのをやめましょう。ぴったりとした服は空気の通りを悪くします。その代わりに、天然素材の生地でできたものを選びましょう。黒い色の服を着ると細く見えるかもしれませんが、より汗をかきやすくなるでしょう。

健康な食生活を送る

何を食べているか、日々の食生活もワキの下の臭いに関係します。例えば、タマネギ、ニンニク、コーヒー、お酒を多く摂取していると汗の臭いがきつくなり、逆にフルーツや野菜を多く摂取していると臭いが減らされます。タバコに関しても言えます。タバコを吸っていると汗の臭いがきつくなるでしょう。

ワキ毛を剃る

ワキ毛は剃っていないと、臭いの元となる菌やバクテリアが繁殖しやすくなりますので、体臭の原因となります。

デオドラントの代わりに発汗抑制剤を使う

Deodorant

デオドラントは体臭をカバーしてくれますが、発汗を抑えてくれるわけではありません。発汗抑制剤なら、過剰に汗が出るのをコントロールしてくれる上に、臭いも抑えてくれるのです。

あなたへおすすめ