自家製ナチュラル石鹸の作り方3選

7月 18, 2018
自家製石鹸の人気が高まっているのをご存知ですか? 本記事ではナチュラル石鹸を手作りする方法をご紹介します。

ハーブの抽出液とエッセンシャルオイルに、植物性のオイルを加えて作る石鹸は、私たちの肌にも優しくおすすめです。リラックス効果の高い石鹸など、自分に合った石鹸を手作りしましょう。

ナチュラル石鹸の効能

自家製のナチュラル石鹸と市販の石鹸の最も大きな違いはその製造方法です。

市販の石鹸のほとんどには、化粧品と同様に多くの化学物質や合成成分が含まれていますが、天然成分を使って手作りするナチュラル石鹸は、そうではありません。

ナチュラル石鹸の利点をご紹介します:

  • グリセリンが含まれている:肌や髪にとても良いグリセリンですが、市販の合成石鹸ではその成分が失われています。
  • 化学物質が含まれていない:一般的な市販の石鹸には香りなどをつけるための化学物質が添加されています。これらの成分は、アレルギー反応や刺激を引き起こす可能性があります。
  • 自分の好きなタイプの石鹸を作ることができる:自分の肌タイプや肌トラブルに合わせて、使用する成分を決めることができます。手作り石鹸ならば、材料に独自の治癒成分があるものを使って自分だけの石鹸を作ることができます。
  • 環境保護:市販の石鹸は、製造過程で環境を汚染していることがありますが、手作りならば原料の品質や製造過程を確認しながら作ることができます。

こちらの記事もご覧ください:皮膚炎に効くグリセリン、プロポリス、クレイの石鹸

自宅で手作りできるナチュラル石鹸

1. ニキビ用のナチュラル石鹸

ニキビ用の石鹸

ニキビ用のナチュラル石鹸を手作りするときには、次の材料がおすすめです:

  • クレイ
  • タイム
  • ターメリック(ウコン)
  • ローズヒップ

ニキビを解消する効果のあるタイム石鹸の作り方をご紹介します。

必要なもの

  • 乾燥タイム
  • アクリル液
  • ココナッツオイル
  • アーモンドオイル
  • タイムのエッセンシャルオイル
  • 純水
  • 着色料(お好みで)
  • 手袋、ゴーグル、保護マスク
  • 温度計
  • 石鹸カッター
  • 角型

作り方

  • 頑丈なボウルに水とアクリル液を入れて混ぜます。飛び散らせないように優しく混ぜてください。この作業は皮膚を覆ってから行ってください。
  • 鍋の中にオイルを入れて約40℃に加熱します。
  • 温度が40°C〜50°Cに達したら混ぜます。
  • オイルに続いてボウルの中のアクリル液と水を加え、数分間泡立て器でかき混ぜます。
  • タイムオイルと染料(お好みで)を加えます。
  • 型に注ぎ、タイムを飾りとして中に入れます。
  • 蓋をして乾燥させますが、これには1~3日かかります。
  • 型から取り出して切って使います。
  • 腐食するまで、1ヶ月〜40日間保管することができます。

2. オリーブオイル石鹸

オリーブオイル石鹸

オリーブオイルを使って石鹸を作ることができるのをご存知ですか?

肌バランスを正常に保ちながら、肌ダメージの原因となる外的要因や微生物から肌を保護します。

必要なもの

  • バージンオリーブオイル 1リットル
  • 水 300 ml  (1 ½ cups)
  • アクリル液 125 g  (½ cup)

作り方

  • 水の中にアクリル液を少量ずつ加えながら混ぜます。
  • この過程では液体が非常に高温になるため火傷をしないように注意してください。
  • 1つ目の石鹸と同様に、オイルを鍋に入れて熱しますが、高温になりすぎないように注意してください。
  • 水とアクリル液を加えたら泡立て器でしっかりと混ぜます。
  • 弱火で30分間火にかけ、固まってきたら火を止めます。
  • 火を止めた後もペースト状になるまでかき混ぜてください。
  • かき混ぜている間にハーブやエッセンシャルオイルをお好みで加えてください。
  • 型に入れます。
  • 固まったら型から外して保管してください。

3. 緑茶石鹸

緑茶石鹸

緑茶に含まれる高い健康効果に加えて、抗酸化物質が豊富に含まれている緑茶を使った石鹸は、肌の保湿にもおすすめです。

必要なもの

  • ココナッツオイル450 g (3 ½ カップ)
  • オリーブオイル 80 g (大さじ8 )
  • シアバター 300 g  (2 ½ カップ)
  • アクリル液 125 g (½ カップ)
  • 純粋 320 ml (1 ½ カップ)
  • 緑茶オイル 30 g (大さじ3)
  • 抹茶 10 g (大さじ1)
  • 緑茶のアロマエッセンス(お好みで)

作り方

  • 前述の石鹸の作り方と同様に、水とアクリル液を混ぜます。
  • 冷ましている間に、小さな鍋にシアバターとココナッツオイルを入れて溶かします。
  • ほとんど溶けかかった時に、オリーブオイルを入れて火を止めます。
  • 大きなボウルにオイルを流し入れたら、室温になった水とアクリル液を混ぜたものに加えて泡立て器で混ぜます。
  • ペースト状になったら緑茶オイルと抹茶の粉を加えて混ぜます。
  • お好みで緑茶のアロマエッセンスを加えます。
  • 型に入れたら上の部分に抹茶を少量振りかけます。
  • 24時間乾燥させたら型から外します。
  • 石鹸は使用する時に切り取り、4週間保管できます。

石鹸を作るときは、必ず作業場の換気を行なってください。換気を忘れると石鹸を作る過程で発生する酸などが体に悪影響を及ぼします。

これらの注意事項を守れば、石鹸作りはとても簡単です。

肌を保護しながら保湿する、体に良い健康的な石鹸を作ってみませんか?

 

あなたへおすすめ