緑茶のさまざまな健康効果

日焼けをしたときや、料理中に軽いやけどをしたときは、緑茶のティーバッグをのせたり、コットンボールを使って少量の緑茶をつけたりすることで、痛みを和らげることができます。
緑茶のさまざまな健康効果

によって書かれた Yamila Papa Pintor

最後の更新: 26 5月, 2022

お茶の葉は、発酵度合いによって緑茶・紅茶・ウーロン茶などさまざまな種類のお茶になり、それぞれが広く愛飲されていますが、中でも緑茶は、非常に古くからアジアを中心に愛されてきた飲み物です。また、多くの健康効果があることもよく知られています。

この記事では、緑茶の効能の中でも特に注目したいものをご紹介します。

緑茶の特徴

緑茶の有効成分には次のようなものがあります:

  • アミノ酸
  • 食物繊維
  • ペクチン
  • ビタミンB、C
  • ミネラル(鉄、カルシウム、マグネシウム、カリウムなど)
  • カフェイン
  • フラボノイド(カテキン)
  • タンニン

中には聞き慣れない成分もあるかもしれませんが、それぞれに優れた健康効果があります。

現在、緑茶はその豊かな風味や健康効果によって、アジアのみならず、欧米など世界各国で人気のある飲み物となっており、最近では生産量も増加しています。

お茶

緑茶の効能

それでは緑茶のさまざまな効能のうち、特に重要なものを見ていきましょう。

収れん作用

下痢止めや、胃腸の健康改善に役立ちます。

気分をすっきりとさせる

憂鬱な気分のときや、落ち込んでいるとき、悲しいとき、朝なかなか起きられないとき・仕事に行きたくないときなどは、ぜひ緑茶を飲んでみてください。また、引っ越しの準備や転職、庭仕事などで、普段よりも体力を必要とするときにもおすすめです。

ただし、飲みすぎると動悸が激しくなることもありますので注意し、適量を心がけてください。

減量をサポート

緑茶に含まれるカテキンは、代謝を上げ、脂肪を燃焼させるのに効果的であるため、ダイエットのお供として、水に加えて緑茶を選ぶ人も多くいます。

ホットでもアイスでも構いませんので、一日1リットルまで、一日を通して何回かに分けて飲んでみてください。

緑茶

利尿作用

緑茶の持つ利尿作用も、減量のサポートに効果的です。体から余分な水分を排出し、むくみの解消に役立ちます。

また、利尿作用を生かし、ある種の病気の治療に利用されることもあります。

抗酸化作用

近年の研究は、緑茶に含まれるフラボノイド(カテキン)には強力な抗酸化作用があり、がん予防効果があることを明らかにしています。

また、最近ではHIVの感染予防に対する緑茶の効能も研究されています。

偏頭痛を予防する

緑茶に含まれるカフェインには血管を収縮させる効果があるため、慢性的な偏頭痛に悩まされている人が飲むことで、頭痛が改善されるケースもあります。

こちらの記事もご覧ください:緑茶のアレンジレシピ4種

肝臓への効能

肝臓は普段あまり注目されることはありませんが、最も重要な器官の一つです。緑茶は、肝機能の改善や、肝臓の病気予防など、肝臓の健康維持に効果的です。

また、加工食品に使われている添加物など、有害な成分の排出を助ける効果もあります。デトックス効果を期待する場合は、一日3杯の緑茶を飲みましょう。

ポットとカップに入った緑茶

循環器系への効能

緑茶は悪玉コレステロール値の低下、心臓病の予防、血流の改善、血行促進など、循環器にもポジティブな効果をもたらします。

お口の健康の味方

緑茶には、口臭を軽減する効果と、優れた殺菌作用によって歯肉炎、口内炎などの症状や、歯石・虫歯を予防する効果があります。

緑茶の殺菌作用を生かし、マウスウォッシュとして使うこともできます。

材料

  • 緑茶の葉 ひとつかみ(またはティーバッグ一つ)
  • 水 250ml

用法

  • 水を沸騰させ、茶葉を加えて5分間煮出してください。
  • 火を止め、冷まします。
  • これを漉し、少量を口に含んでください。
  • 口の中全体に行き渡らせるようにして、口をすすぎましょう。

こちらの記事もご覧ください:ダイエットにオススメの緑茶の飲み方4つ

グラスに入った緑茶

目の症状

パソコンや携帯電話を長時間使って、目が腫れたり、疲れたりしている場合、緑茶が助けになるかもしれません。炎症や疲れ目を和らげるだけでなく、目の下のクマの改善や、ものもらい、結膜炎の治療にも効果があります。

前述のマウスウォッシュと同様に緑茶を入れて冷まし、コットンボールを浸して湿らせ、目を閉じた状態でまぶたに緑茶をそっと塗ってください。

コットンを緑茶に浸して搾り、まぶたに置いて15分間湿布をしてもよいでしょう。

日焼け・軽いやけどの応急処置

日焼け止めを塗らずに日光に当たり、肌が赤くなってしまったら、緑茶の抗炎症作用を利用してケアしましょう。

緑茶のティーバッグを湿らせ、赤くなっている部分に当ててください。日焼けが広範囲に渡っている場合は、冷たい緑茶に清潔なタオルを浸し、搾ってから当てましょう。

殺菌作用

小さな切り傷を作ってしまったり、ニキビや乾癬ができたときも、緑茶が役立つかもしれません。緑茶の殺菌作用と抗炎症作用が、傷や症状の治癒を助けます。

2つのグラスに入った緑茶
こちらの記事もおすすめです。
緑茶を飲む6つのメリット
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
緑茶を飲む6つのメリット

緑茶は、適量を飲む限り、心臓発作および心不全のリスクを下げます。日本人にはおなじみの緑茶ですが、その痩身効果により世界中で人気となり、今ではもっともポピュラーな飲み物の一つとして普及しています。必須栄養素が含まれていることから、特定の病気に対する薬効のある補助飲料として、その価値が認められてい...



  • SUZUKI, Y., MIYOSHI, N., & ISEMURA, M. (2012). Health-promoting effects of green tea. Proceedings of the Japan Academy, Series B. https://doi.org/10.2183/pjab.88.88

  • Kim, H. M., & Kim, J. (2013). The effects of green tea on obesity and type 2 diabetes. Diabetes and Metabolism Journal. https://doi.org/10.4093/dmj.2013.37.3.173

  • Escamilla Jiménez, C. I., Cuevas Martínez, E. Y., & Fonseca, J. G. (2009). Flavonoides y sus acciones antioxidantes. Rev Fac Med UNAM.

  • Narotzki, B., Reznick, A. Z., Aizenbud, D., & Levy, Y. (2012). Green tea: A promising natural product in oral health. Archives of Oral Biology. https://doi.org/10.1016/j.archoralbio.2011.11.017

  • Zaveri, N. T. (2006). Green tea and its polyphenolic catechins: Medicinal uses in cancer and noncancer applications. In Life Sciences. https://doi.org/10.1016/j.lfs.2005.12.006

  • Taghizadeh M., Farzin N., Taheri S., Mahlouji M., et al., The effect of dietary supplements containing green tea, capsaicin and ginger extracts on weight loss and metabolic profile in overweight women: a randomized double blind placebo controlled clinical trial. Ann Nutr Metab, 2017. 70 (4): 277-285.
  • Lipton RB., Diener HC., Robbins MS., Garas SY., Patel K., Caffeine in the management of patients with headache. J Headache Pain, 2017. 18 (1): 107.
  • Masmali AM., Alanazi SA., Alotaibi AG., Fagehi R., et al., The acute effect of a single dose of green tea on the quality and quantity of tears in normal eye subjects. Clin Ophthalmol, 2019. 13: 605-610.