肝臓に毒素が蓄積されていることを示す9つのサイン

肝臓からのちょっとしたSOSサインを知っていれば手遅れにならず、深刻な肝臓の病気を防ぐことができるかもしれませんね。

肝臓は体の中でも最も重要な臓器です。皮膚の次に大きく、基本的な健康機能を果たす役割をします。

毎日、肝臓は血液にフィルターを掛け、毒素や体に不要となった細胞を取り除く働きをします。また、炭水化物や脂質の合成に責任があります。

また、体を心身ともに健康に保つために不可欠なビタミンA、D、Eを蓄えます。

肝臓は毎日、自分自身で洗浄する機能があります。しかし、毒素が多いと機能が低下し、本来の働きをするのが難しくなります。

だからこそ、肝臓からのSOSサインを見逃さず、デトックスを促すことが必要となるのです。

今日は、肝臓に毒素が蓄積されていることを示す9つのサインについて見ていきましょう。

1. 尿や便の色が変わる

changes-in-urine

尿や便の色や臭いの変化は、腸の健康に問題があるしるしです。

尿管や腸の状態に影響を受けるのですが、また肝臓のトラブルを示している場合もあります。

尿は、体に十分水分が摂取されていると薄い黄色をしています。しかし、黄疸の場合も尿は暗い色になります。

また、肝臓に毒素が蓄積されてしまうと、便の色が薄くなったり、逆に黒に近い色になったりします。

2. お腹のハリや炎症

お腹のハリや炎症には様々な原因がありますので、肝臓に毒素が蓄積されているためであるとは言いにくいのですが、肝臓が原因の場合もあります。

継続して続くハリは、肝臓が正常に機能していない証拠です。肝臓は毒素を排出できないでいるのです。

また、頻繁に起こる腹部の炎症もガスが蓄積されて起こる場合があります。

3. 肌が敏感になる

itchy-arm

肝臓に毒素が蓄積されると、肌トラブルを引き起こすことが多々あります。肌が突然痒くなったり赤くなったり乾燥するのは、肝臓の機能が働かず、毒素が排出できていないからです。

保湿クリームを塗ると、症状は良くなるかもしれませんが、本当に改善するべきところは内臓なのです。したがって、すぐにまた症状は現れるでしょう。

4. 胃酸の逆流

胃酸の逆流は、消化や肝臓の機能に関係して起こる疾患です。

不健康な食習慣や栄養素からくる物質によることが多いのですが、老廃物が蓄積されていることを意味します。

5. 下痢

下痢の理由は様々ありますが、肝臓や胆嚢の状態が原因となることもあります。

下痢が続き、明らかな理由が見当たらない場合は、肝臓がデトックスできずに悲鳴を上げているのかもしれません。

6. 倦怠感

constant-fatigue

倦怠感を感じていると、単に体が疲れたというだけではなく、自分が弱く無気力に感じ、毎日のルーティンをこなすのも辛く感じるでしょう。

肝臓に毒素が蓄積されると、血液のフィルターを掛ける機能が衰え、細胞に酸素を行き渡らせることが難しくなります。

結果として、精神的、身体的なパフォーマンス力が衰え、もっと休息したいと思うようになります。

7. 突然食欲がなくなる

食欲をなくすことはよくあることですが、大したことはないなどと思わずに気をつけましょう。特に、習慣的になってしまったら要注意です。

中には、たまには食欲がなくなった方がいいという人がいるかもしれません。しかし、数日すると栄養不足になり様々な

8. 体液貯留

retaining-fluids

体液貯留は、腎臓の疾患を抱えている方に多く見られますが、肝臓のトラブルがある場合も見られます。

通常、足、脚や体のその他の部分に炎症が起こります。むくんでいる場所を指で押すと、指の跡が数秒間皮膚に残るでしょう。

9. 肌が黄色くなる

黄疸はビリルビンと呼ばれる物質が蓄積されているため起こります。これは胆汁の色です。

胆汁は肝臓で生成され、消化の過程でとても重要な役割を果たします。

血液中の毒素にフィルターを掛ける肝臓の機能に困難が生じると、ビリルビンが血流に蓄積され、皮膚が黄色くなります。

あなたはこのような症状に心当たりがありませんか?もし、上記の症状の2つ以上当てはまるという方は、体が毒素を排出しきれずにいるのかもしれません。可能であれば一度、医師に相談してみましょう。

カテゴリ: 健康習慣 タグ:
あなたへおすすめ