胸焼けと胃炎を改善する自然療法

· 9月 27, 2016
副作用の心配なく胸焼けと胃炎の症状を緩和する自然療法をご紹介します。

私たちが口にする食物は、まず胃で消化されます。その後、腸で栄養素が吸収され、残りかすは体外へと排出されます。

胃は、私たちの健康維持のために大切な働きをする器官であり、そのために慢性の病気や疾患にかかりやすい器官ともいえます。

上腹部などが熱くなり、炎症、痛み、そして違和感を伴う焼けるような感覚が、胸焼けや胃炎の主な症状です。胸焼けや胃炎は、様々な要因が引き金となって起こると考えられており、ストレスや刺激の強い食品の摂取などがその主な原因です。

医薬品と違って副作用の心配もなく短期間で症状を緩和する自然療法が数多く存在します。今回は胸焼けや胃炎を改善する自然療法のいくつかをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

リンゴ酢

2-apple-cider-vinegar

リンゴ酢はアルカリ性の食品です。胃酸の分泌を促進し、バランスを保つことで胃炎からの回復を早め、潰瘍の症状を緩和します。

リンゴ酢に含まれる天然の酸が、身体のPH値のバランスを保ち、食後に起きる不快な逆流を減らします。

材料

  • リンゴ酢(アップルサイダービネガー) 大さじ1(10ml)
    水 1カップ(200ml)

使用方法

  • 胃炎の症状の初期段階に、リンゴ酢を水で薄めて飲んでください。
  • 1日あたりの摂取目安量:1日3カップ以内

 

オーガニックアロエベラとハチミツ

アロエベラは天然の制酸剤と言われており、炎症を抑えて胃の働きを正常に保ち、潰瘍性大腸炎や胃炎といった胃腸疾患や下痢の症状を緩和します。アロエのゲル部分が便通を促進し、消化器官の機能を高めます。

また、アロエにハチミツを加えると胃の不快感や胸焼けの症状を軽減します。

材料

  • アロエベラ 大さじ2(30g)
  • ハチミツ 大さじ1(25g)
  • 水 1/2カップ(100ml)

使い方

  • すべての材料をブレンダーに入れ、数分間混ぜます。
  • 均等に混ざったらすぐにお飲みください。
  • 一日あたりの摂取目安量:1日に2回まで
  • 穏やかなしゃ下効果がある飲み物ですので、摂取目安量以上を摂取しないようにご注意ください。

ベーキングソーダ

3-baking-soda

ベーキングソーダ(重曹)は典型的なアルカリ性食品であると考えられています。ベーキングソーダに含まれる有機物質が、胃炎やその他の消化器系の疾患の症状を緩和します。

専門家達は高血圧や減塩食が必要な方は、重曹の摂取は控えた方がいいと話しています。

材料

  • ベーキングソーダ 小さじ1(5g)
  • 水 1カップ(200ml)

使い方

  • ベーキングソーダと水を混ぜたら、泡が立つ前に飲みましょう。
  • 一日あたりの摂取目安量:1日2回まで

ライスウォーター

ライスウォーターは、過剰に分泌される胃酸を緩和し、潰瘍や病変からの回復に効果を発揮します。ライスウォーターは下痢だけではなく、逆流、ガス、腹部の痛みに効果があると考えられており、様々な文化圏では昔から行われている伝統的な治療法です。

材料

  • 米 1/2カップ(100g)
  • 水 1リットル

使い方

  • 水に半カップの米を入れて沸騰させます。冷めたら、布を使って液体を漉します。
  • 胃の不快感を感じたら1日に1~2回お飲みください。

 

フラックスシードウォーター

4-flaxseed-gel

フラックスシードの脂肪酸とゼリー状の部分には、消化器系疾患の症状を和らげる栄養成分が豊富に含まれています。

材料

  • 挽いたフラックスシード 大さじ1(10g)
  • 水 1カップ(200ml)

使い方

  • 水の中にフラックスシードを入れたらそのまま12時間待ちます。
  • 漉したゼラチン状の液体を空腹時に飲んでください。

カモミールティー

カモミールティーは胃の炎症や胃炎の様々な症状を緩和するのに非常に効果があります。

材料

カモミールの花 大さじ1(10g)
水 1カップ(200ml)

使い方

  • 水1カップを沸騰させたらカモミールの花を加えます。
  • 10分間おいた後、飲みましょう。
  • 毎食毎にカモミールティーを淹れて飲むことをお勧めします。

今回ご紹介した胸焼けや胃炎の症状を緩和する自然療法をいくつかお試しいただき、ご自分に最も適した方法を見つけてください。
市販品は、症状をすぐに和らげる効果があると宣伝されていますが、自然療法は副作用もなく安全でとても効果的です。

ぜひお試しください。