胸焼けを抑える方法

· 12月 14, 2015
肥満は腹腔内圧や胸焼けを引き起こし得ます。食べ物は常に、ゆっくりとよく噛んで食べ、食事中はあまり水を飲み過ぎないように気をつけましょう。
 胸焼けは、酸の逆流としても知られており、胸の下の部分から始まり胃にまで到達する感覚です。一般的に、胃液が上方の食道に向かって流れるときに起こります。完全に塞がってしまうか、胃に圧力がかかり、酸を食道まで上げてしまうからです。

胃はpH酸に耐性があります。 ところが、食道にはその能力はありません。それで一般的に酸の逆流として知られている不快な状態が起こるのです。今日は、自然療法を利用していかに胸焼けを予防するかについてみていきましょう。

胸焼けの原因は何?

胸焼けは、きつい服を着用している時、妊娠中、肥満などでの圧迫感が原因となることがあります。しかし、それ以外にも以下の方な原因が考えられるでしょう。

  • 食べ過ぎやアルコール飲料の飲み過ぎ
  • 長い時間空腹状態でいる
  • 朝食など3食のうちの1食を抜く
  • 脂っこいもの、酸っぱいもの、辛いものを食べる
  • 薬を服用している

どのような症状?

胸焼けを感じると、次のような症状が1つもしくは複数現れるでしょう。

  • 胃が焼け付くような感覚
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 胃けいれん
  • 飲み込むのが困難

胸焼けを抑える自然療法

胸焼けを抑える方法の一つに自然療法があります。この自然療法は胸焼けが起こるのを予防する策として考えられています。

アロエベラ胸焼け.アロエベラ

アロエベラには、鎮静作用があり、火傷やかぶれなどを癒す効果があると世界中で知られています。また、胸焼けにも優れた効果があります。 アロエベラのジュースをグラスに1/4〜半分、毎回の食事の20分前に飲むことをお勧めします。その際、冷やしたりせず常温で摂取しましょう。便通が促進されるでしょう。

重曹

重曹は胸焼けに効果がある天然の食品のひとつです。含まれている抗酸化作用は、胸焼けを防いでくれるだけでなく、体内のpHを正常に保つ働きをします。グラス1杯の水に重曹を小さじ1杯分入れて溶かし、飲むのが一番効果的です。ただし、高血圧症の方や体液貯留でお悩みの方にはお勧めできません。

ショウガ胸焼け.ショウガ

ショウガの根を使うと胸焼けに効く様々な料理ができます。ショウガは吐き気や炎症などの症状を和らげてくれるのに効果的です。ショウガの根は抽出して飲んでも良いですし、サラダ、シェイクを始め、様々な料理に使うことができるでしょう。

りんご酢

りんご酢を少量飲むと、胃のpHを調整し、酸過多を防ぐことができるでしょう。この場合は、小さじ2杯分のりんご酢を水1/4カップで薄めたものを、食後30分後に飲むことをお勧めします。酢は直接飲まずに必ず水で薄めてください。薄めない場合は逆効果となる可能性もあります。

パパイヤ胸焼け.パパイヤ

パパイヤは胸焼けに最も効果のある食べ物のひとつだと考えられています。消化を促し、不快なムカムカ感を防いでくれます。パパイヤジュースを食事の30分後に飲むことをお勧めします。

カモミール

カモミールには消化を促し、逆流や胸焼けのリスクを減らす効果があります。なぜなら、カモミールは胃のpHを酸性度を中和する働きがあるからです。沸騰したお湯にカモミール花を入れ3分間置いて抽出したものを飲むことをお勧めします。食後に飲みましょう。

胸焼けを抑える方法

  • 食後すぐにエクササイズをすることを避ける
  • 食後、頻繁にかがまない
  • 胃に圧力が掛かり胸焼けを引き起こすので、食後の昼寝を避ける
  • 一度に食べ過ぎると胃に負担がかかるので、数回に分けて少量ずつ食事をする
  • 食事中はぴったりとしたきつめの服を着ないようにする
  • 肥満になると、食べたものがより食道の方向へ向かう腹腔内圧を引き起こすので、肥満にならないように気をつける
  • 禁煙する
  • 寝るときは上半身を枕などでわずかに起こす
  • ゆっくりとよく噛んで食べる
  • 食事中のアルコール摂取を控える