消化を助ける3つの素晴らしいお茶

7月 28, 2015

脂肪やたんぱく質が豊富に含まれた食事をたくさん食べた後には、薬効のあるお茶ほど消化を助ける物はありません。この記事では、食後にお腹が「重く」ならないために最も効果的なお茶をいくつか取り上げます。

しょうが茶

しょうがは消化器官に効くことがよく知られています。ジンゲロールショウガオールなどの主な活性成分は、自然医療分野では様々に応用できます。この成分が胃に働きかけ、以下のような効果を生み出します:

  • すい液や胆汁の分泌を促進し、消化を助ける
  • 胃の「重い」という感覚を減らす
  • 消化不良を予防し、お腹の膨満感やガスの発生を防ぐ
  • 吐き気や嘔吐を防ぐ

これらが食後にショウガ茶を飲むのが、消化を良くするために最適な理由です。

ここでは、ショウガ、カモミール、レモンを使った美味しいお茶のレシピをご紹介しましょう。1リットルの水にスライスしたレモン半個分を入れて、沸騰させます。数分後に火からおろし、薄く切ったショウガ(お好みの量)と、2、3個のカモミールのティーバックを入れます。数分そのままにしておいてから、こして、ハチミツやステビアなどの甘みで味を調整しましょう。

 

カモミール:強力に消化を助けるもう1つのお茶

カモミール

カモミールも、その薬効が広く知られたお茶です。リラックス効果の他に、昼食や夕食の後にカモミール茶を飲むことで、お腹が軽く感じられます。カモミールの有効成分が胃や腸の炎症を防ぎ、胃の重さや膨満感を防ぐのです。

カモミールとミントの組み合わせは、消化に効く素晴らしいお茶となります。お湯を沸かし、沸いたらすぐに火から下ろし、カップの中に一つかみのカモミールとミントを入れます。お湯をカップの中に注ぎ、5分間浸しておきます。その後、こして、甘みで味を調整しましょう。

ボルドとその性質

ボルド(Boldo)は独特な味わいを持ち、消化を促進するお茶として知られています。この飲み物は肝機能や胆汁の分泌を活性化し、脂肪の多い食べ物の消化を簡単にします。この効果を強めるには、ボルドをミント、カモミール、タラゴンと組み合わせたお茶を作ると良いでしょう。

ここでは美味しいボルドティーのレシピをご紹介します。湯を沸かし、沸騰したら火から下ろし、ボルドの葉を入れます。お好みで、ミントの葉、タラゴン、カモミールを入れても良いでしょう。数分浸して、こして、甘みで味を整えて、飲みましょう。

これで、お腹いっぱいなときでも、美味しいお茶を飲みながら話に花を咲かせられますね。消化を促すお茶があれば、食べ過ぎた後でもさわやかに過ごせます。ぜひお試しください!

あなたへおすすめ