消化を促すフルーツとハーブ

· 5月 17, 2018
フルーツやハーブティーを飲むだけで消化トラブルを改善することが出来ます。食生活に取り入れれば、その他の様々な不調にも対応することが出来ます。

ガスや胃痛、消化不良、胃痙攣など消化器官のトラブルに悩まされる人は多く、そういう症状が出るとついつい医者や薬に頼ってしまいがちですが、それらの改善に効果のあるフルーツやハーブがあります

例えば食事と一緒ににハーブティーを飲むだけで、消化を促進するのに役立ちます。

消化不良の主な原因は:食べ過ぎ、早食い、脂肪の多い食べ物をたくさん食べている、カフェインやアルコールの摂りすぎ、神経質、感情的外傷などです。

ここでは消化を改善するフルーツやハーブをご紹介します。

消化を改善するフルーツとハーブ

体にどんな有効性があるのかぜひ覚えておいてください。

1.プルーン

プルーン

消化を改善するカギは、不溶性繊維、可溶性繊維両方の摂取を増やすことです。

プルーンには繊維(1カップ毎に7.6g)とソルビトールが豊富に含まれているため便秘の改善に効果的です。

ソルビトールは腸内の水分を増加させる天然糖分です。

2.パパイヤ

パパイヤにはパパインという酵素が多く含まれています。この酵素は消化を促します。中サイズのパパイヤ1個で、1日に必要な繊維の20%を取ることが出来ます。

3.フラックスシード

亜麻仁として知られているフラックスシードは、不溶性繊維を多く含むことから、消化トラブルの改善に使われてきました。

大さじ1杯のフラックスシードには約3gの繊維が含まれているため、フラックスシードの粘液と食物繊維の効果で、体内に溜まった便を柔らかくし、通りやすくします

4.アニス

アニス

ガスや胃痙攣などの症状にはアニスが良く効くことが知られています。

5.しょうが

しょうがにはあらゆる有効成分が含まれており、消化トラブルにはとてもよく効きます。

鎮静、抗炎症作用があり、腹痛を改善し、またヒスタミンをコントロールするので抗痙攣作用、吐き気を止める作用があります。消化のトラブル全般に素晴らしい効果のあるハーブです。

こちらもご参照を:生姜の7つの効能

6.ローズマリー

ローズマリー

アロマセラピーを通じて便秘を改善することが出来ます。ローズマリーの精油を使って下腹部をマッサージすると便秘を改善し、その効果がなんと2週間も続くこともあります。

こちらもご参考に:ローズマリーの効能と使い方

7.オレガノ

オレガノには繊維がたっぷり含まれています。小さじ2杯分に1日に必要な繊維の約4%が含まれています。オレガノを毎日食べると胆汁が分泌され消化を改善します。ガス、鼓腸、消化不良、消化不良による腹痛を和らげます

8.カモミール

カモミール

カモミールのお茶、カモミールティーには消化トラブルを緩和する作用があるので、消化不良の方にはおススメです。

特に温かいまま飲むのが効果的です。また、カモミールの根っこには緩下作用があるので、便秘に良く効きます。

ご紹介したフルーツとハーブに加えて、生活習慣を改善したりエクササイズをするようにしましょう。消化不良の緩和に効果があります。消化トラブルは、妊娠、年齢などその他の要素も絡み合って起こるという事も忘れないでください。繊維をより多く取るよう心がけましょう。

また緩下剤を使う事も出来ますが、自然療法で効果がなかった場合にのみ使うようにすると良いでしょう。同時に使う場合は、ハーブ治療が薬の効果を妨げないよう注意してください。

  • Hongratanaworakit, Tapanee. (2009). Simultaneous Aromatherapy Massage with Rosemary Oil on Humans. Sci Pharm. 77. 375-387. 10.3797/scipharm.0903-12.
  • Habtemariam, Solomon. “The Therapeutic Potential of Rosemary (Rosmarinus officinalis) Diterpenes for Alzheimer’s Disease” Evidence-based complementary and alternative medicine : eCAM vol. 2016 (2016): 2680409.
  • Srivastava, Janmejai K et al. “Chamomile: A herbal medicine of the past with bright future” Molecular medicine reports vol. 3,6 (2010): 895-901.
  • Coccimiglio, John et al. “Antioxidant, Antibacterial, and Cytotoxic Activities of the Ethanolic Origanum vulgare Extract and Its Major Constituents” Oxidative medicine and cellular longevity vol. 2016 (2016): 1404505.
  • Stanisiere, Julien et al. “How Safe Is Ginger Rhizome for Decreasing Nausea and Vomiting in Women during Early Pregnancy?” Foods (Basel, Switzerland)vol. 7,4 50. 1 Apr. 2018, doi:10.3390/foods7040050