虫よけアロマキャンドルの作り方

6月 28, 2017
ホームメイドのアロマキャンドルは、虫を追い払いながらも、家の中を素敵に飾ってくれる優れものです。この記事で作り方を見てみましょう!

アロマキャンドルはとても優れたリラックスグッズです。灯りの代わりになったり、お部屋に華を添えてくれたりするだけではありません。

手芸が得意な方や隠れたアートの腕前を試してみたい方にオススメなのが、蚊や昆虫を追い払う虫よけキャンドルを自分で作ること

キャンドルに火を点したときの香りは、とても心地よい空間を作りだしてくれ、しかも小さな敵、蚊や昆虫から守るバリアも作ってくれるのです。虫は病気を運んでくる可能性もあるから厄介ですよね。

アロマキャンドル作りは、新しい可能性を広げてくれるような、とても簡単で満足できる趣味になることでしょう。アロマセラピーがお好きな方には特に気に入っていただけると思います。

メモの準備はいいですか? 想像以上に簡単ですよ!

シトロネラのフローティングアロマキャンドル

Citronella candles

シトロネラのエッセンシャルオイルは、昔ながらの虫よけです。

ただし、このような自家製の虫よけには殺虫効果はありません

虫を追い払ってはくれますが、駆除はできませんのでご注意ください。

したがって、まずは家の周りに蚊を繁殖させてしまう水たまりなどがないかチェックすることが大切になります。この場合、植物を植えたり、蚊帳を使ったりと、より現実的な対処法が必要となるでしょう。

まずは、シトロネラのフローティングアロマキャンドルの作り方を確認していきましょう

用意するもの

  • グラスジャー 2個
  • ジャーのサイズに合ったフローティングキャンドル 2個
  • レモン 2個
  • ライム 2個
  • ローズマリー 2本
  • セージの葉 10枚
  • ラベンダーの生花 2本
  • シトロネラエッセンシャルオイル 10滴
  • 水 2カップ
  • デコレーション用リボン 2本

作り方

作り方はとても簡単。それぞれの植物に、輪切りにしたレモンとライムをジャーの中に入れるだけです。

  • まずは、レモンとライムを1.5センチ程度の厚さで輪切りにしましょう。
  • 始めにジャーの中に入れるのは、芳香植物です。
  • ローズマリー、ラベンダー、セージを均等に入れていきましょう。
  • その上には、レモンとライムの輪切りを乗せます。
  • それから、シトロネラオイルをそれぞれのジャーに5滴ずつ入れます。
  • そこに水を加えます。ジャーの半分より少し多いくらいの量を入れましょう。(満タンに入れないように注意)
  • 次のステップも簡単です。水を加えたときに、レモンとライムが浮かんだことにお気づきだと思います。
  • このレモンとライムの輪切りが、キャンドルを乗せたときに土台となります。
  • フローティングキャンドルは色々なお店で売られていると思います。水に浮かばせて使うように作られていますが、今回はレモンとライムの上に置きます。
  • 最後は、ジャーのデコレーションです。これは、ジャーの首のところにリボンを巻き付けるだけ。簡単です!

虫対策に効果的なだけなく、飾ってもオシャレなキャンドルです。

虫よけコンパクトキャンドル

Simple candles

1つ目はジャーを使ったフローティングキャンドルをご紹介しました。とても素敵なのですが、すぐになくなってしまうのが難点です。

そこで2つ目は、より長持ちするコンパクトキャンドルの作り方をご紹介します。楽しいだけでなく効果的でもあります!

作り方はこちら。

用意するもの

  • お好みの大きさのグラスジャー 2個
  • ナチュラルキャンドルワックス ジャーの大きさに合わせた量
  • ろうそくの芯 2本
  • シトロネラエッセンシャルオイル 10滴
  • デコレーション用のリボン 2本

作り方

Melted wax

今回のキャンドル作りは、ワックスを溶かすためにキッチンで行います。作り方をよく読んでくださいね。

  • まず、ジャーの中にろうそくの芯を入れます。ろうそくの芯をお店で買うと、たいていはアルミの土台が付いているので、ジャーの中心に置くだけで大丈夫です。
  • 空のジャーをオーブンに入れて温めます。
  • オーブンの温度を一番低くし、15~20分間熱します。こうすることで、中に注いだときにワックスがさらにぎっしり詰まるようになります。
  • ジャーを温めているあいだに、鍋を火にかけてワックスを溶かしていきましょう
  • ワックスがオリーブオイルくらいの軟らかさにまで溶けたら完了です。火を消して、シトロネラエッセンシャルオイルを10滴入れましょう。
  • 溶かした蝋をそれぞれのジャーに流し込みます。火傷しないように注意してください。
  • ろうそくの芯が中心になるようにしましょう。
  • 冷めたら、芯をちょうど良い長さに切りましょう

アロマキャンドルの出来上がりです。リボンを結んで、キャンドルを楽しんでください!きっとお気に入りになりますよ!

あなたへおすすめ