40歳以上の方に理想的なエクササイズ

5月 2, 2018
自分の能力に合わせてエクササイズを行わなければなりませんが、より大きな効果を得るためには、持久力がついてくるにつれてエクササイズの負荷を高めていくことが重要です。

加齢によって私たちの身体の持久力は少しずつ下がっていき、筋肉や皮膚、骨が弱っていきます。

そのため以前はスムーズに行っていた活動の中には、年齢を重ねることで困難を感じることも出てきます。

問題が出てくる活動としてもっとも一般的なものとして、歩く、走る、書く、料理する、着替えをする、などがあります。

ですから現在の年齢に関わらず、常に良い体調を保ち、身体を動かしてトレーニングとなる活動を行うことが重要です。

座りがちな生活を送っているなら、筋肉の痛みを感じ始めるでしょうし、運動不足による動脈や骨の問題が現れるかもしれません。

もちろん、リミットを超えたエクササイズはいけません。年齢が上がるにつれて筋肉や骨はより繊細になります。

エクササイズは身体に酸素を取り込み、筋肉や内臓の調子を維持するためにとても有効です。また健康によい食生活とともに実行することも大切です。

数年後、力やエネルギーに満ち、病気にかかりにくい身体となって、この決断をしたことに感謝することでしょう。

その意味では、40歳から持久力のエクササイズを実行することが筋肉組織の増加につながるとの研究もあります。また日常の活動を行うための能力も大きくなるでしょう。

そこで今回は、あなたの力や筋肉を今のまま維持することができる一連のエクササイズをご紹介します。これらのエクササイズによって柔軟性や酸素化、抵抗力などの不足で生じる病気を防ぐことができるでしょう。

 

低下した筋肉と骨の質を回復するエクササイズ

骨の断面図

年齢が上がるにつれて、特に40歳を超えると、筋肉量や骨密度が下がってくるのは非常に一般的です。

さらに血圧の問題以外にも以下のような病気の発生が始まるようになります。

これらの異常を起こさないためにぴったりの解決法は、ダンベルトレーニングです。

  • ダンベルを持ち上げることで骨密度が改善されます。
  • 同時に姿勢も改善され、腰の異常を防ぎ、腕もトレーニングできます。

 

身体の柔軟性を取り戻すエクササイズ

皮膚の柔軟性を取り戻し、二の腕や首の皮膚の余分なたるみを防ぐことができるエクササイズがあります。

 

心臓の健康によいエクササイズ

赤ペンで描いた心臓の形

心臓の健康を改善するためには、サイクリングほど最適な運動はありません。野外であれエアロバイクであれ自転車に乗ることは、心臓に持久力をつけることにつながります。

また同時に、他人と交流して楽しみ、体形を保つこともできるでしょう。

 

持久力の向上によいエクササイズ

身体全体の強化や持久力の向上のためには、ジムでのマシントレーニングをおすすめします。筋肉を強化し、引き締めることができます。

ジムに通うのがお好きでない方は、家庭で使える器機を購入して、自分だけのトレーニングスペースを作るのも良いでしょう。

 

筋肉の強化によいエクササイズ

仕事中に首が痛む女性

筋肉の強化には水泳もおすすめです。全身の筋肉を一度に強化できるだけでなく、肺機能も改善できます。

  • すぐに疲れるということがなくなり、呼吸のコントロールの助けとなるでしょう。

 

このように、もう若くないからといってエクササイズをしない言い訳はありません。逆に年齢を重ねるにつれて、よりトレーニングをした方がよいのです。そうすれば健康な人生への道が開けるはずです。

自分自身にエネルギーを感じ、対処できないだろうと思っていた状況にも順応できるようになるでしょう。

さらに自分がさまざまな活動に合った持久力や筋肉の力を持っていると自覚することで、ケガの心配なく生活できるようになります。

年齢は、自分の目標を達成するためのリミットではなく、健康に関してはなおさらです。自分で自分のヤル気を引き出し、健康的な生活スタイルを選びましょう。違いは大きく返ってきます。

あなたへおすすめ