カモミールが持つ6つの薬用効果

· 11月 9, 2017
薬に頼らず健康を改善したいと思いませんか? カモミールが持つ薬用効果について学びましょう!

カモミールは世界中で最も良く使われているハーブの一つです。

カモミールには様々な場面において健康を促進してくれる優れた薬用効果があります。とりわけ、カモミールには私たちの健康を素早く安全にサポートする力があるのです。

実際のところ、カモミールはそのセラピー効果から古代より利用されてきたハーブなのです。

カモミールはお茶にして飲んだり、そのまま食べる、マウスウォッシュ代わりに使う、直接肌に塗布するなど様々な方法で利用することができます。

それでは、カモミールの薬用効果について詳しく見ていきましょう。

カモミールが持つ6つの薬用効果

1. 消化不良に効く

お腹

消化不良の際にカモミールを利用するという人は多いかと思います。これは、カモミールに消化系の状態を改善する効果があるからです。

  • カモミールは、腸コリックの緩和に使われます。同様に、胃炎、吐き気、嘔吐からくる痛みをほぼ瞬時に緩和する効果もあります。
  • 胃腸組織の炎症を軽減し、腸の筋肉をリラックスさせるという事実から、消化器粘膜に良い影響を与えます。
  • 食事の際の消化不良の可能性を排除する一方、鼓腸を取り除きます。

2. 悪玉コレステロール値を下げる

カモミールはコレステロール値が正常値より高い時、値を下げるのに大変効果的です。これは、血液中の脂肪を取り除く効果があるからです。

つまり、コレステロールの値が高い人は一日一杯以上カモミールティーを飲むと良いでしょう。

また、それだけでなく、脂質の低い食事を取ることも欠かせません。

これによって、脂肪酸の値を正常化することができます。長期的に見ると、余分な脂肪は私たちの健康に対し大変危険なものとなるからです。

3. 不眠や不安感に効く

カモミール

神経質なタイプの人間で、不安感に苦しんでいるという人は是非カモミールを毎日のナチュラルトリートメントとして取り入れましょう。

カモミールティーにして飲むことで、ストレスや不安感、鬱などに関連する症状を徐々に緩和することができるでしょう。

不眠や緊張感から解放する薬用効果を持つ植物として利用することも可能です。

夜ぐっすりと眠りやすくなりますし、一日を通してリラックスした状態になれるでしょう。

4. 月経前症候群の痛みに効く

毎月月経痛がひどいという人はカモミールを利用しましょう。

それは、カモミールには子宮で働く抗炎症作用があるからというだけでなく、エストロゲン特性もあるからです。

カモミールは女性ホルモンを正常に保つのを助け、月経サイクルを正常に保つのです。

カモミールを摂取すればするほど、月経痛が軽くなったと感じるでしょう。

血流が良くなることによって痛みが軽減されるからです。

5. 肌を柔らかくする

カモミールと足

ドライハーブとしてカモミールを使うと、肌を再生し滑らかに柔らかくすることができます。

カモミールをボディークリームに入れて利用すると、肌トラブルを解消効果が得られるでしょう。

また、ピーリング効果にも優れています。カモミールは肌に蓄積されている死んだ皮膚細胞を取り除くのにうってつけです。

6. 視力トラブルに効く

最後に、カモミールには痒みを抑える薬用効果もあります。アレルギーや結膜炎などの病気によって炎症し赤くなった目にも効果的なのです。

カモミールの持つリフレッシュ効果が目の健康を改善してくれるのです。

  • この目的でカモミールを利用したい場合は、単に瞼にカモミールを直接置くだけです。

優れた効能を持つハーブ、カモミールを是非利用しましょう。カモミールの持つセラピー要素が様々な健康トラブルを改善してくれるでしょう。