薬に頼らずストレスと不安感を緩和する6つの方法

· 3月 30, 2018
ストレスによる健康への悪影響を防ぐためにも、不安感を与えるような「毒のある」人間関係や友人関係を見直す必要があります。

ストレスは私たちの心身の健康に大きな影響を与えます。ストレスの影響には個人差があり、その治療方法も様々です。

今回は、自然な方法で不安感を軽減しながらストレスを低下する自然療法をご紹介します。

1-現在を生きる

うつ病は、自分の過去について考えすぎるとき、現在に対する不安を抱えているとき、そして未来に対する恐怖心にばかり重点を置くときに発症する傾向があります。

ストレスと不安を軽減するためには、毎日の生活習慣を完全に変える必要があります。

気分が低下するときはどのような状況なのかを観察してください。

自分を悩ませる原因を明確に認識して、毎日の生活における物事への「優先順位」を設定することが大切です。

過去の出来事にいつまでもとらわれたり、未来について考えるのではなく、毎日のそれぞれの瞬間を大切に生きていくことが大切です。自分自身を信じて、人生という旅を大切に生きてください。

自分の人生にしっかりとした責任を持ち、自分の義務を果たしながら楽しく生きていくことが大切ですが、すべてを計画しすぎると、自分への負担と過度の義務感が増すだけなので注意が必要です。

こちらの記事もご参考に:自尊心を高めるためのアドバイス

2-遮断する方法を学ぶ

自分の人生を生きる

ストレスや不安が起こる原因の一つに、仕事を自宅に持ち帰る習慣があります。

職場での仕事が終わったら、そこで作業を終了して、仕事に対する思考を止める方法を学ぶことが大切です。

自宅に戻ったら家族との時間を楽しむことで気分を切り替えましょう。心配事や悩み事を自宅に持ち帰っても、家族間での不快感が生まれるだけです。

また子供がいる人が仕事でのストレスや不安を自宅に持ち帰ると、子供が親の行動や心理状態を模倣し、緊張感に苦しめられます。

あなたがいなくても世界は周り続けています。しかし家族にとってあなたはたった一人の大切な人です。

仕事などの悩みは職場を出たら遮断して、自宅では楽しい時間を過ごすように心がけてください。

3-ストレスを解消するためのエクササイズ

エクササイズ

ストレスを解消するのに効果的な方法の一つがエクササイズです。

素晴らしいエクササイズの効果の一例をご紹介します:

  • 心をスッキリさせる
  • 血圧を正常化する
  • 心を穏やかにしながら健康を促進する
  • 過剰なエネルギーの発散
  • 日常生活から数時間逃避することができる
  • 脳内麻薬とも呼ばれるエンドルフィンの分泌を促進

エクササイズの時間は10~30分間、そして自分の身体能力の30~ 60%程度の運動を行うことをおすすめします。

水泳、ランニング、サイクリング、ハイキングなどリズムのある動きが良いでしょう。

4-専門家のサポート

ストレスは、実は自分の力でコントロールできます。

小さなストレスは私たちに「警戒」のサインを与える、狩猟時代からの人間の生存本能に結びついています。 ストレスを感じることでさらなるエネルギーを提供しながら呼吸を速めることで脳への酸素供給量を増やします。

ただし、精神的に圧倒されていると感じている場合や、自分の怒りを抑えることができずに不安感が高まる場合は、心理カウンセラーなどの専門家のサポートを得ることが大切です。

専門家は、次回ストレスや不安を感じた時に、効果のある適切な方法を身につけるためのガイドラインやアドバイスを提供します。

自分の力ではコントロールできないと感じたら、迷うことなく専門家のサポートを得てください。

5- 友達や仲間を賢く選ぶ

友情

毎日の生活による不安感やストレスに悩んでいる時は、ストレスの原因にならない友人を選ぶように注意してください。

ハイキングやビーチでの時間、またはただ外でゆっくりと過ごす時間など、緊張感がほぐれる時間には良い友人が大切です。

「毒のある人」という言葉を聞いたことがありますか?

毎日の生活にポジティブなエネルギーを運んでくれるような良い友人を賢く選ばないと、自分の生活が「毒」される危険があります。

6-十分な睡眠をとる

毎日しっかりとエネルギーを補給することが大切です。

体が必要とする十分な休息、そして睡眠をとることで翌日の行動やエネルギーにも大きな差が生まれます。

質の高い睡眠をしっかりと推奨される時間だけとることが大切です。寝室に行ってから携帯電話やテレビを見てはいけません。また照明や雑音も最小限に抑えてください。

どうしても雑音を取り除くことができない場合は、耳栓が手軽で効果的な方法です。