体の緊張をほぐす6つのエクササイズ

· 1月 24, 2018
今回ご紹介するエクササイズは、一日のうちでいつでもできるエクササイズです。体全体をゆっくりとリラックスさせながらストレッチをし、自分自身にのみ集中することがエクササイズを成功させる鍵です。

ストレスや心配事だらけの毎日の中で、私たちの筋肉は緊張し、最終的に体の痛みや深刻な病気などを引き起こします。これらの症状を軽減するための第一の方法は、緊張の原因となるストレスや不安を解消することです。

ストレスが筋肉の緊張を引き起こす理由とは?

私たちの体は危険を感じると、生き残るために危険や脅威に対処する準備を行います。この準備は身体的だけではなく精神的にも起こるため、この体の反応が筋肉の緊張や収縮を生み出します。

大きなストレスを感じると、体そのものは自分が直面している危険な状況の種類を判定できないまま、脳に危険だというシグナルを送りますが、これは野生の動物が危険にさらされた時と同じシグナルです。

腰の痛み

ストレスを解消する6つのエクササイズ

体に蓄積されたストレスと緊張感を解消するエクササイズをご紹介します。

緊張感が原因の体の痛みを解消するシンプルなエクササイズです。

1.腰の緊張と痛み

背中から腰にかけて溜まった緊張感を解消する、効果的なエクササイズです。

  • まっすぐ立ち腕を頭の上に伸ばします。
  • 後ろに向かって体をそらせます。
  • 最初の姿勢に戻ります。
  • 5回繰り返してください。

2.首のコリ

首のコリ
首は体の中で最もストレスの影響を受けやすい場所です。ここでは、首周りの緊張感や痛みを取り除く、シンプルなエクササイズをご紹介します。

  • 足を肩幅に開いて立ちます。
  • 手を腰のあたりに置き、頭を前後にうなづくようにゆっくりと動かします。
  • 8回繰り返してください。

こちらもご覧ください 首の痛みに効く9つのシンプルエクササイズ

3.頭と顔の緊張

頭と顔の緊張

実は、顔と頭はストレスと不安感の影響を受けやすい場所です。このシンプルなエクササイズでしっかりと取り除きましょう。

  • まっすぐに立ち腕を頭の上に伸ばします。
  • 頭を左右に動かします。
  • 手を頭の上に置くと、頭をより左右に傾けることができます。
  • 片側4回ずつ、合計8回行ってください。

4.上半身の筋肉の緊張

背中、特に首から僧帽筋 にかけての緊張感とストレスを解消するエクササイズです。

  • まっすぐ立ち腕を頭の上に伸ばします。
  • 首を左右に曲げます。
  • 手を頭の上に置いて首を曲げるサポートをする方法もあります。
  • それぞれ10秒間この状態を保ってください。

5.体全体の緊張

ウエストなどの腰回りをはじめとする体全体の緊張感を解消するエクササイズです。

  • まっすぐ立ち体を頭の上に伸ばします。
  • 体全体を右に向かって傾けます。
  • 最初の姿勢に戻り反対側を行います。
  • それぞれ4回ずつ、合計で8回行ってください。

こちらもご覧ください 背中と腰の痛みを悪化させる6つの行動

6.すべての緊張ほぐす方法

職場でストレッチをする女性

このエクササイズは心身の疲れや大きなストレスを抱えている人にお勧めです。

不安感や疲労感に悩まされている時や、職場での1日が終わると疲れ果ててしまう時は、このエクササイズをお試しください:

  • 換気の良い快適な場所で行なってください。
  • 足をしっかりと揃えてまっすぐに立ちます。(このエクササイズは座って行うこともできます)
  • 目をリラックスさせたら通常の呼吸を行なってください。
  • 頭は自然にまっすぐとなる状態を保ちます。
  • 腕は体の横で自由にリラックスした状態を保ちます。座って行う時は、手は脚の上に置きます。
  • 肩は肘に向かって下げてリラックスさせると、緊張が指に下がります。
  • 上半身の重さが骨盤まで下がっていると想像してください。
  • 腰回りをリラックスさせ、足がしっかりと地面についていることを感じましょう。
  • ここで心がリラックスします。地面でしっかりと地球を感じながら、頭が空に触っていると想像してください。
  • 体のバランスが整ったらこの状態を保ちます。
  • 体に溜まった緊張感を解消します。
  • 5分間この姿勢を維持しながら心と体をリラックスさせたら、悩み事を忘れてスッキリしましょう。
  • 5分が経過したら、手を揃えて擦ります。手が温かくなったら顔と首をマッサージします。

今回ご紹介したシンプルなエクササイズは、日々のストレスや悩み事によって体に蓄積された緊張感を解消します。ストレスや心配事が体の不調の原因となる前に、エクササイズで緊張感を取り除きましょう!