ストレスによる頭痛の症状とアドバイス

12月 27, 2017
ストレスを感じるのは自然なことで、私たちの身体が環境に適応しようとするときに必要な反応です。しかしストレスによる頭痛が長期化してその痛みが悪化すると、健康に悪影響を及ぼします。

悲惨な状況や圧倒されるような状況によって生じる硬直や緊張が、ストレスを引き起こします。 このような状況は、ストレスが原因の頭痛をはじめとする、精神障害や心理面での負の反応を引き起こす引き金ともなります。

ストレスが引き起こす可能性がある症状は様々で、強度にも大小あります。頭痛でも、軽い圧迫感から極端な痛みの片頭痛までさまざまです。

症状は人により個人差がありますが、 単なる頭痛のように見えても、実は片頭痛、不眠症、疲労などと関連していることがあるため注意が必要です。

数ヶ月の間に、一週間に2回以上の頭痛が起こるときは慢性の頭痛を発症している可能性があります。

頭痛の原因は、副鼻腔炎を引き起こすアレルギーなどの物理的なものから、何かを心配することで起こる精神的なものまでさまざまです。

頭痛の原因とは?頭痛の原因

  • 継続的なストレス
  • 長時間にわたって頭が同じ位置にある状態
  • コンピューターの前での長時間の仕事
  • 就寝時の頭の位置
  • 目の筋肉への負担
  • 喫煙、飲酒、カフェインの過剰摂取
  • 慢性の副鼻腔炎(蓄膿症)または鼻づまり
  • 風邪またはインフルエンザ
  • 首の筋肉や頭皮の収縮

 

ストレスによる頭痛は脳の損傷やその他の深刻な病気とは関わりがありません。

毎日の心配事によってストレスが生じますが、「何かについて深く考えること」と「何かについて心配すること」の間には大きな違いがあります。

何かを考えるとき、私たちは問題の解決策を探し求めますが、何かを心配するときは自分を混乱させるだけと言う状況が続くため、ストレスによる頭痛が起こります。

心理学者たちはストレスによる頭痛を分析するのは非常に興味深いと語ります。ストレスは、私たちの脳の化学反応を引き起こし、頭蓋骨の筋肉、脊椎、神経の均衡を乱し、緊張状態を増し、頭痛を引き起こす傾向があるからです。

ストレスが軽く一時的な場合は、健康に害が及ぶことはありませんが、ストレスが長期に及ぶと、体の自己防衛反応が機能し、頭痛などの不調を引き起こします。つまり、体が疲労感を覚えて、ストレスによる頭痛を発症します。

 

ストレスによる頭痛の症状

ストレスの症状

  • 低強度の継続的で不快な頭痛
  • こめかみ、頭皮、首の後ろなどの強い痛み
  • 疲労感
  • 睡眠障害
  • 肩や背中の上部の筋肉痛
  • 天候、音、光などの変化への過敏症

痛みが軽い時は、自然療法などで症状を緩和することができますが、強い痛みが続く時は、必ず医師の診察を受けて適切な治療を行なってください。

 

頻繁に起こるストレスによる頭痛を軽減するために

ストレスの軽減

ストレスが原因の頭痛には、筋肉の緊張や歯軋りなどの症状が現れ、毎日の生活に悪影響を及ぼすほどの強い痛みに悩まされることがあります。

そのため、毎日の生活を改善して、負の感情の発生を抑える必要があります。

いくつかアドバイスをご紹介します:

  • 音楽鑑賞、読書、運動、ダンス、ペットと遊ぶなど自分が楽しいと感じる活動を行う
  • 呼吸法、瞑想、ヨガなどのリラクゼーションエクササイズの実践
  • 時間を有効に活用して「やらなくてはいけないこと」を効果的に終わらせる
  • 家族や友達と話して問題解決のアドバイスをもらい、ストレスをコントロールする
  • 負の感情を排除することで、ポジティブな毎日を送る効果のあるエンドルフィンが分泌される
  • ストレスの予防や解消のために定期的に運動する
  • 専門家によるマッサージを受ける
  • 寝るときの姿勢を変える
  • 読書、仕事中、運動中、休息中、そして就寝中の正しい姿勢を心がける
  • 首と肩のエクササイズを頻繁に行う
あなたへおすすめ