よくある頭痛の原因5つ

頭痛がするときは、生活に影響を及ぼす片頭痛にならないように、頭痛に注意を向けることが大切です。

現在、大勢の患者が病院を受診する症状の1つは、頭痛です。あまりに頻繁に酷い頭痛がするので、そのような頭痛に悩む患者を不安にさせることがあります。

大抵の場合、頭痛は下記と関連付けられます:

  • ストレス
  • 風邪
  • 水分不足
  • 首の筋肉の痙縮などの随伴症状

頭痛の場所によっては、頭痛が軽かったり、激しかったり、強かったりと様々です。頭の一部が圧迫され、堪え難い不快感があると説明する患者もいます。

しかし、頭痛の大半は、心配しなければいけなかったり緊急を要するものではありません。

頭痛の原因になりうるもの

1. 緊張型片頭痛

頭痛

このタイプの頭痛は、最もよくある頭痛の1つで、神経科に相談に来る患者も大勢います。

目の周りやこめかみがどくどくと脈打つ感覚から始まり、首や顔面が強張ります。同時に、頭皮が非常に敏感にもなります。

緊張型片頭痛は、疲れや職場でのストレスが溜まった1日の終わりに起こりやすいので、主な原因としては、睡眠環境不良・睡眠不足・ホルモン変化・ストレスの多い状況などが挙げられ、鬱の可能性もありえます。

2. 後頭部の片頭痛

頭蓋骨がつままれるような痛みを伴う頭痛です。

このタイプの頭痛に悩まされている場合、患者は首の上部の痛みや、時には顎に痛みが移ると訴えます。

3. 焦点的片頭痛性神経痛

頭痛

痛みがまず頭の片側に現れ、もう片方に影響が出るまで痛みが続くタイプの頭痛です。

お酒の飲み過ぎや、薬の摂り過ぎや、疲れによって、体内にヒスタミンやセロトニンが急に放出された後に起こりがちです。

4. 脈打つような頭痛

血管が脈打つ頭痛は、将来的な合併症を防ぐために注視しなければいけません。

大半の場合心配は無用ですが、脳卒中に関連するその他のシグナルを意識することは大切です:

  • 痛みが増し続け、体を折らなければならなかったり、咳が出たり横になる必要がある。
  • 一定の動作や会話が難しくなる。
  • 痛みが3日以上続く。
  • 痙攣や失神が起こる。
  • 発熱、吐き気、嘔吐

以上の症状が1つでもあり、特に血管の問題が既にあるのなら、専門家に相談してください。予防が鍵だということをお忘れなく。

5. 首の痛み

頭痛

臨床スクリーニングでも見逃されがちな頭痛のもう1つの原因は、首の痛みです。軽傷や姿勢の悪さにより引き起こされます。

首の筋力低下と、脊椎骨の安定性低下を特徴とし、同時に首の痙攣も引き起こし、頭の一部に痛みが出ます。

こちらもお読みください:首の痛みを和らげる6つのエクササイズ

日々の習慣を変える

習慣を変えることが、頭痛を治すのに役立ちます。例えば、フルーツや野菜を摂り、決まった時間に食べるような健康的な食事習慣は、頭痛の頻度を減らすのに繋がります。

水分補給を怠らずにすることも、考慮すべき要因です。1日にお水を2リットル飲むと健康的です。また、カフェインやアルコールは避けましょう。

運動を頻繁にしましょう。ストレスを軽減し、頭痛のような緊張型の不快感が少なくなります。

夜はちゃんと眠りましょう。正しく体を休め、体が必要な分きちんと寝ることは、日中の活動を最適化します。頭痛に関わる不快感も消えるでしょう。

再発する頭痛や、目の周り・顎・後頭部の痛みに悩んでいるなら、専門家に相談してください。深刻な問題かどうか見極めることができるのは、医療専門家のみです。

カテゴリ: 好奇心 タグ:
あなたへおすすめ