姿勢を矯正して背中と腰の痛みを解消する方法5選

9月 20, 2017
コンピューターの前に座って長時間過ごす生活をしている方は、姿勢の矯正に加えて、頻繁に立ち上がってストレッチをするように心がけてください。背中と腰の痛みの予防と解消に効果があります。

正しい姿勢を保っていますか?

姿勢を矯正することで背中や腰の痛みから解放されます。

背中と腰の痛みの原因は様々ですが、その中でも最も多いのが姿勢の悪さです

つまり体を正しく支えていないから背中や腰に痛みが生じると言えます。

特に肩から背中にかけての姿勢が悪いことで痛みが生じる部位をご紹介します:

  • 頸部

姿勢の悪さは自然に起こるわけではなく、不健康なライフスタイルが原因です。寝具などの様々な原因が考えられますが、その中でも最も多いのが座ることの多い生活です。

座る生活と姿勢悪さの関係

長い歴史の中で、そして毎日の仕事や自由時間の中で、人間は「習慣」を身につけます。

現代社会では、買い物をはじめとするほとんどを自宅で済ませることができるため、座る時間が長い生活を送る人が増えています。

自宅、大学、学校、そして職場にはコンピューターがあり、座る生活を推奨するかのような生活環境です。

しかし座りっぱなしの生活は、私たちの体にとって自然な動きではないため、姿勢が悪くなる傾向にあります。座るという行動は私たちの体にとって「受動的」な動きであることを忘れてはいけません。

姿勢を矯正し痛みを解消する方法

前述した通り、正しい姿勢へと矯正することで、背中や腰の痛みを解消する効果があります。

1. 自分の快適さを最優先する

夜やらなければいけないことを朝まで先延ばしにするのは、それが勉強であれ仕事であれ、気分が良いことではありません。

しかし無理をしてコンピューターに長時間向かうことよりも、自分の健康を最優先することが大切で、時には先延ばしする決断も必要です

また毎日の生活を快適に過ごせるよう、自分が1日を過ごす場所、職場や勉強机などの周りの環境を快適にすることが大切です。

  • 快適な椅子を用意してください。
  • コンピューターを使うとき、背中はまっすぐに伸ばし膝は90度に保ってください。
  • コンピューターの画面は目の位置に来るようにすることで背骨を曲げる必要がなくなります。

2. 想像力を使って姿勢を矯正

姿勢の矯正と創造力には関連がないように感じるかもしれませんが、楽しく体をしっかりとサポートする方法です。

  • 頭のてっぺんと天井が糸で繋がっていると想像してください。
  • 頭の糸をまっすぐに保つように姿勢を正しく保ちましょう。

3. 快適な衣服

前述した「自分が快適な状況を最優先する」ことと深く関連しています。

ゆったりとした快適な衣服を着用することそのものは姿勢の矯正にはなりませんが、背中や腰の痛みを含む体の痛みを防ぎます。また同様に、快適な靴を履くようにしてください。

快適な衣服や靴は血行を促進し、体内の血流が増えると、身体の末端まで栄養素と酸素が行き渡ります。

4. 活発に動く休憩時間を作る

職場で座ることが多い従業員への福利厚生として、専門家による健康指導を行う会社も増えています。

ただし、そのような指導がない会社の場合は、自分で意識して活発に動く休憩時間を設け、姿勢の矯正と痛みの解消を行なってください。

  • その場で軽いジョギングをする。
  • オフィスがある階を軽く散歩する。

15−20分間の活発に動く休憩時間を設けることが大切です。

5. 呼吸法を学ぶ

鼻から息を吸い、口から息を吐くというのがヨガやピラティスで用いられる呼吸法です。

実はこの呼吸法が姿勢の改善に高い効果を発揮します。呼吸法を学ぶことで酸素が身体中に行き渡り、痛みを解消します。

あなたへおすすめ