身長を伸ばす運動7種

5月 19, 2016
体を柔軟にするには、ストレッチが最適。それだけではなく、身長を数センチ伸ばしてくれるかも。

多くの人にとって、身長は容姿を左右する重要なものの一つ。だからこそ、遺伝的なものが大きいと分かっていても、エクササイズで身長を伸ばそうとする人はたくさん。

身長を決める2つの要素と言えば、子供の時の栄養状態と運動。しかし、筋肉と骨を強くする運動を取り入れれば、大人になってからでも身長を少しだけ伸ばせる可能性はあり。

身長を伸ばしたい、という願望がある人は実は思った以上に多いもの。ここではそんな人のために、正しいやり方で行えば、身長を少し伸ばしてくれるエクササイズを7種類ご紹介。是非試してみて。

1.水泳

Nadar-500x334

水泳は筋肉をリラックスして体を伸ばしてくれるのに加えて、体の様々な筋肉を同時にストレッチできる運動。定期的に水泳をすると、身長を伸ばしてくれるのと同時に、腕、お腹、脚も引き締めてくれるので一石二鳥。

ただし、身長を伸ばすという意味では、15分休憩を挟みながら少なくとも毎日2時間のトレーニングが必要なので注意を。

2.ぶら下がり運動

ぶら下がり運動と言えば、鉄棒などに腕を伸ばしてぶら下がり、筋肉、骨、腱、関節などすべてを最大限にストレッチするというもの

足を延ばして床と平行になるまで持ち上げると、さらに効果アップも。

一日に好きなだけ繰り返してOK。ただし、末端の骨がずれてしまう可能性もあるので、無理して体に負担がかかりすぎないように心がけて。

3.体前屈

Tocarse-los-dedos-de-los-pies-500x334

体育の授業やトレーニング前の準備運動などで一番典型的なのがこれ。

腰から上半身を前に倒して、膝は伸ばしたまま、足のつま先に触るまで腕を伸ばすというのがやり方。

つま先に触るのが難しい場合は、出来るところまでで良いのでストレッチし、少しずつ柔軟性を回復して

身長を伸ばすためにこのストレッチをする場合は、上に挙げた姿勢を数秒間キープし、それを一日に何度も繰り返すように。

4.コブラのポーズ

ヨガではお馴染みのこのポーズ、背骨を中心に体のあちこちをストレッチできる方法

正しいやり方で練習すればするほど、背中をさらに広げて背もさらに伸びることに。

やり方は、まずうつ伏せに寝て、ちょうど肩のあたりに来るように両手をつく。ここから上体をそらせながら顎を上げて、背中でアーチを描くようにする。

5.おしり上げ運動

Levantamiento-de-pelvis-500x334

脚、おしり、腹筋などを鍛えるのに良いこの運動、いつものトレーニングに取り入れている人も多いのでは?

背骨やにも働くため、特に身長を伸ばすのに良いと考えられているのがこれ。

仰向けに寝たら膝を軽く曲げて、両手は体の横に。ここからおしりをできるところまで持ち上げて、その状態を20秒から30秒キープ。

6.バレーボールをする

バレーボールはエキサイティングなスポーツなのはもちろん、集中力と運動能力を鍛えてくれる優れもの。

バレーボールの動きは背骨を伸ばして身長を伸ばすことにつながり、子供に小さいころから練習させるのにお勧め。

7.ハムストリングスと外転筋のストレッチ

Flexibilidad-isquiotibiales-y-abductores-500x334

今までのストレッチに比べると少し複雑に見えるこの方法。実際は簡単な上にしっかりストレッチできる便利な体操。

まず、片足を伸ばしたまま、反対の足は曲げた状態で座る。この状態で、胸を膝につける感じで上体を倒す。

腕は伸ばして、伸ばしてある方の足の足首より先を触るようにする。そのあとゆっくりと上体を起こして元の位置に戻る。一日にこれを3回から5回繰り返すと効果的。

ここに挙げたストレッチや運動は、出来れば毎日、少なくとも週に3回行うと、身長を伸ばすのに効果があるだけでなく、筋肉を鍛えて、気になる部分を引き締めてより魅力的な体に。是非試してみて!

 

あなたへおすすめ