リンパ系を刺激する5つのハーブ療法

今回ご紹介するハーブ療法は、リンパ系の機能をサポートするだけでなく、炎症などの合併症の治療に役立つ成分を提供してくれます。

私たちのリンパ系は、体内の毒素や病原体を体外に排除する一連のプロセスを通じて、体内組織や細胞の健康を維持する働きがあります。

私たちの全身には「リンパ管」がネットワークのように構築されており、その中を流れる血漿の一部が「リンパ液」と呼ばれる透明の物質です。そしてリンパ管が合流してる部分が「リンパ節」と呼ばれ、これらの3つを総称してリンパと呼んでいます。

リンパの働きは、体内の老廃物の回収と排出の準備、そして免疫機能の二つです。とりわけ、白血球の産生には不可欠であり、炎症の制御および抗体産生にとっても重要です。

ただし、体内に老廃物や毒素が蓄積されると、リンパ系の機能が妨害され、結果として深刻な病気を引き起こす可能性があります。

血行不良、体重の増加、そして代謝障害は、何らかの形でリンパ系の問題に関連しているため、より深刻な健康上の問題につながる前に、生活習慣を改め、自然療法などを活用してリンパ系を刺激することが重要です。

本記事では、定期的に摂取することでリンパ系を良好な状態に保つ5つのハーブ療法をご紹介します。

1. レッドクローバー

ハーブティー

その解毒作用と抗炎症作用により、レッドクローバーで作るお茶は、血液中から毒素を除去して、リンパ系の機能を改善するのに役立ちます。

またレッドクローバーに含まれる抗酸化物質が、フリーラジカルによるダメージを軽減します。

材料

  • 水 1カップ (250 ml)
  • レッドクローバー スプーン1 杯 (10 g)

使用方法

  • 水を火にかけ、沸騰する直前でレッドクローバーを加えます。
  • 火を止めて室温で10分間抽出します。
  • 漉して飲んでください。
  • 空腹時に1カップ、週に3回以上飲んでください。

2. クルミ

クルミの葉には抗酸化物質と利尿物質が含まれており、リンパ系を浄化してその機能を改善します。

またリンパ液の産生を助けながら、腎臓および肝臓の機能を促進します。

材料

  • 乾燥クルミの葉 大さじ1  (10 g)
  • 水 1 カップ (250 ml)

使用方法

  • 鍋に水とクルミの葉を入れたら沸騰させます。
  • 沸騰したら弱火で5分間火にかけます。
  • 冷めるまで待ってから飲んでください。
  • 空腹時に1カップを、2週間続けて飲んでください。

3. セロリ

セロリ

セロリで作るお茶は血液を浄化しながら、私たちの細胞の健康に悪影響を与える、毒素や重金属を体外に排出します。

セロリに含まれるビタミン、ミネラル、そして抗酸化物質はリンパ系を刺激しながらその機能を促進します。

材料

  • セロリの葉 大さじ2(20 g)
  • 水 1 カップ (250 ml)

使用方法

  • 水を沸騰させたらセロリの葉を加えて蓋をします。
  • 10分間そのままにして抽出した後、漉してください。
  • 出来上がったセロリ茶は、1日2回、2~3週間続けて飲んでください。

4. ゴボウ

ゴボウには浄化作用と抗酸化作用が豊富に含まれているため、リンパ系の機能を刺激しながら血液中に蓄積された老廃物を排出する働きがあります。また炎症を緩和しながら肝臓疾患や炎症を治癒するのにも最適な食品です。

材料

  • ゴボウ 小さじ1 (5 g)
  • 水 1 カップ (250 ml)

使用方法

  • 沸騰した湯にゴボウを加えたら、15分間かけて抽出します。
  • 1日2回まで、週に3回以上飲んでください。

5. ネトル

ネトル

ネトルに含まれる抗酸化物質が、リンパ系の機能を最大化して毒素を分解します。

ミネラルに加えて、炎症を抑制しながら血液中の老廃物をろ過する働きのある成分が豊富に含まれています。

材料

  • 乾燥ネトル スプーン1杯 (10 g)
  • 水 1カップ (250 ml)

使用方法

  • 水を沸騰させたらネトルの葉を加えます。
  • 弱火にして2~3分間火にかけます。
  • 火から下ろしたら室温で10分間抽出します。
  • 漉して温かいうちに飲んでください。
  • 空腹時に1杯飲んでください。
  • 2~3週間継続してください。

体が重いと感じたことはありませんか?

体が重く感じたり手足に炎症を感じる時は、リンパ系の機能を改善する必要があります。

今回ご紹介した自然療法からお気に入りのものを選び、リンパ系の機能を再生させましょう。

あなたへおすすめ