リンパ系:4つの興味深い事実

12月 4, 2017
バランスの良い食事、心のケアをしっかりする事は、健康と幸せにダイレクトに繋がっています。

リンパ系は循環器系の一部です。網目のように体中に駆け巡っており、コミュニケーション用の管、特殊化された組織、器官からなる非常に複雑なシステムです。脾臓のような器官は、毒素や老廃物、その他不要なものを体外へ排出するなど特異性のある、それでいて重要な役割を果たしています。

その他にも臓器は健康を維持するために、それぞれ異なる働きをしています。

ここでは詳しくリンパ系の働きについてお伝えします。それが何なのか、どのような働きをするのか、何よりもどのようにケアすれば良いのかについて知りましょう

1.リンパ系とリンパ液

リンパ系には老廃物や死んだ細胞などの不要物を体外へ排出する働きがあります。そしてそれと同じくらい重要な仕事があります。強い免疫力を維持することです。

これはリンパ液と深い関係があります。リンパ液は白血球を強くし、体の防御力を高めます。

また、リンパ系は体内のタンパク質をコントロールします。乳糜や胆汁から構成される体液の分泌を正常化し、特定のアミノ酸の分泌を促します。

リンパ系には思っている以上に大切な働きがあります。

 

2.リンパ系を構成する器官

体内のリンパ系

脳はリンパ系と、副鼻腔を通して繋がっているという、興味深い事実があります。つまり、血管は全身繋がっているという事です。

その最も重要な一部についてご紹介します。

 

骨髄

骨髄は、血液、そして分化して身体を作る細胞の元となる細胞を産出します。リンパやリンパ球などリンパ系を構成する細胞も含まれます。

胸腺

胸腺

この小さい器官は、リンパ系の中でも重要な働きをしています。免疫システムの一部である白血球の中で、とても重要な役割を果たしているリンパ球の成長を促します。

 

脾臓

脾臓は何の役にも立っていないと思っている人も多いようですが、そんなことはありません。血液のフィルターとしての役割り、問題となる細胞や老廃物の排出という重要な働きをしています。

脾臓

 

リンパ節

リンパ節が時々炎症を起こして腫れる事はきっとご存知でしょう。これらはホジキン、および非ホジキンリンパ腫などの癌にかかりやすいです。

他にも知っておきべきことがあります。

・体のあらゆる部分、脇や股などに小さな集合体として存在しています。病原菌や感染症と闘う働きがあります。

 

3.病気とリンパ系

リンパ系の病気の最初のサインは、リンパ節の腫れです。これはとても分かりやすい症状ですが、サインは他にもあります。

 

リンパ浮腫

乳がんで乳房を切除した女性に良く見られる症状です。

・リンパが蓄積して炎症を起こし、腕や足が腫れます。

 

アデノパシー

アデノパシー

アデノパシーはリンパ節の炎症です。必ずしも癌によるものではありません。大抵は免疫力の低下が原因です。

・麻疹や単核球症などのウイルスが原因となって起こります。

・前記しましたが、リンパ節の腫れはホジキン、およびホジキンリンパ腫とも関わりがあります。これは早期発見すれば回復の見込みのある病気です。

 

4.リンパ系のケア法

リンパ系には2つの重要な働きがあります。

1.体内の浄化

2.免疫力を高め、ウイルスや細菌から体を守る

器官、リンパ節、リンパ官のケアには、生活習慣の見直しが大切です。

・新鮮なオーガニック食品を食べる

ストレスを減らす

1日7~9時間の睡眠をとる

・熱いお湯でゆっくりとお風呂につかり、冷たいシャワーを浴びる

・定期的に運動をする

・レモン水を飲む

・リンパマッサージを受ける

ネトルとアロエベラのお茶を飲む

・ヨガ

もっとリンパ系に注意を払ってケアしましょう。バランスの良いヘルシーな食事と心のケアが、健康と幸せの鍵となります。さっそく今日から始めてみましょう!

あなたへおすすめ