医薬品に添付されている説明書を読むときの注意点

医薬品に添付されている説明書の項目の一つである投与量に関する説明は、その目的に応じて投与する量が記載されているのが一般的です。特定の薬を服用しても、何の効果も見られないように感じることもあれば、逆に過剰な効果が現れているように感じることもあります。どちらの場合も、自己判断で服用量を変更せず、必ず医師に相談してください。
医薬品に添付されている説明書を読むときの注意点

最後の更新: 08 5月, 2021

医薬品に添付されている説明書には、医薬品に関する書面による情報が含まれています。この説明書は患者を対象としており、特定の薬の特性に関する情報を提供します。

疑問が生じた場合にすぐに参照できるように、実際の薬と説明書を一緒に保管することをお勧めします。この種の情報の目的は、患者が薬を正しく使用し、処方された治療を順守するのをサポートすることです。

医薬品に添付されている説明書に関する情報

医薬品 説明書

医薬品に添付されている説明書は、適応症、投与量、注意事項、禁忌、副作用、または特別な条件下での使用など、その治療用途に必要な情報を提供します。

また、医薬品の化学組成と、投与方法、使用方法、および適切な保管方法に関する指示も含まれています。

説明書には、起こりうる副作用、相互作用、禁忌も明記されています。さらに、それらには、臨床データ、薬理学的特性、および前臨床安全性データの要約が含まれていることもあります。

1.詳細説明

医薬品に添付されている説明書の最初の部分では、医薬品の有効成分とその組成について説明しています。物質の名前、含有量、そして異なる形式について記載されています。

活性物質は治療目的で、不活性物質は自己記述的です。製薬会社は、一部の人々にアレルギーや不耐性を引き起こす可能性があるため、説明書に上記の物質を記載する必要があります。

2.医薬品に添付されている説明書の目的

この項目には、医薬品の形式に関する情報が含まれています。

活性物質が属する治療群と人体への影響についても説明されており、医薬品を使って治療しようとしている病気と承認されている病気が表記されています。

3.医薬品を使って治療を始める前に

医薬品 説明書 読む 方法

すべての人に適しているわけではない特定の薬があります。このため、場合によっては、予防措置や特別な調整が必要になる場合があります。

この項目では、製薬会社は、特定の薬を使用する前に患者が考慮しなければならない一連の状況について説明しています。医薬品の説明書きには以下の項目が含まれています。

また、医薬品を使用すべきではないすべての症例は、この項目に記載されます。

特定の食べ物や飲み物を消費している状態での使用や服用など、特別な警告や注意事項もここにあります。また食べ物と一緒に服用すべきか、空腹時に服用すべきか、そしてアルコール飲料を飲んでいいかどうかもここに記載されます。

さらに医薬品の使用に関する推奨事項があります。これは、たとえば、妊娠の場合、または授乳中の女性が使用する場合の推奨事項なども含まれています。

医薬品の説明書には、その薬を服用することで、車の運転や機械の操作に影響を与える可能性があるかどうかについての詳細も表記されています。

この項目では、薬物と他の薬物との相互作用についても詳しく記載されています。つまり、他の薬との同時服用した後にどのような効果や悪影響が現れるかです。それぞれの薬がお互いの効果を高めたり、逆に薬の効果が消されてしまう可能性があるため、ここは重要な項目です。

4.薬量学

この項目には、患者が使用する目的に応じて服用量の詳細が記載されます。薬の中には、まったく効果がないように感じられたり、必要以上に効果が現れているような薬もありますが、自己判断で服用量を変更せず、疑問点は必ず医師に相談してください。

特に高齢者や子供に処方された場合、医師が用量を調整しなければならない可能性のある薬があります。医師はまた、腎臓や肝臓に問題のある人の用量を調整する場合があります。

この項目には、服用方法に関する情報と、必要以上に服用した時に起こる可能性がある状態や、服用し忘れた場合にどうしたらいいかなど、必要な情報が含まれています。

5.副作用

薬

すべての薬は副作用や副作用を引き起こす可能性があります。説明書のこの項目では、特定の薬が体内で生成する可能性のある望ましくない反応について説明します。

ほとんどの薬には副作用がなく、現れても軽度である点に注意してください。ただし、望ましくない影響や反応がある場合は、医師に連絡する必要があります。

6.薬の保存

医薬品に添付されている説明書のこの項目では、保管条件の詳細が記載されています。 推奨される温度と湿度の条件などは、必ず指示に従う必要があります。

薬の説明書に関する結論

このタイプの説明書には、必要なすべての情報が含まれているため、必ず読むことが大切です。 また、疑問点や質問がある場合は、必ず医師または薬剤師に相談してください。 最も重要なことは、決して、自己判断で薬を服用したり治療をしてはいけないという点です。

こちらの記事もおすすめです。
糖尿病の人が旅行をする時に気をつけたいこと
みんな健康で読むことができます。 みんな健康
糖尿病の人が旅行をする時に気をつけたいこと

糖尿病の人が旅行する際は、前もってリスクを知り、十分に準備をする必要があります。それさえ気をつければ、糖尿病の人もそうでない人と同じように旅行を楽しむことができるのです。糖尿病の人が旅行をするなら、旅行先で薬剤や病院にアクセスできること、そして、怪我に気をつけ、十分に食べ物を準備することです。



  • Cerviño López, M. (2010). Farmacovigilancia. Albéitar: Publicación Veterinaria Independiente.

  • Rojas, C. B. (2001). Fases del desarrollo de un nuevo medicamento. Estrategias de Investigación En Medicina Clínica. El Manual Moderno.

  • Aguilar, N. G., & Girón Aguilar Nora, D. R. (2010). Sistema de distribución de medicamentos por dosis unitarias Elaborado por : Honduras OPS / OMS Rosario D´Alessio Asesora Regional en Servicios Farmacéuticos OPS / OMS Octubre 1997. Serie Medicamentos Esenciales Y Tecnologia. https://doi.org/10.1101/093575