知っておきたい睡眠薬のすべて

19 1月, 2021
なんだか眠れない? 睡眠薬について知りたい? そんな方は今日の記事で睡眠薬について知りましょう。

先進国に暮らす人々の間では、そのライフスタイルのせいで、睡眠障害やなかなか眠れないというトラブルを抱えている人が多いようです。それに伴い、睡眠薬を必要とする人も多くいます。

睡眠薬は催眠薬としても知られ、近年の需要は高いようです。ですが、乱用しないように注意しなくてはいけません。健康によくない影響を与えてしまうかもしれないからです。今日の記事では、様々な睡眠トラブルと睡眠薬の種類について見ていきましょう。

不眠症って何?

不眠症の女性 睡眠薬

先進国でとても一般的な病気となっているのが、眠りにつきにくいという状態や、寝てもエネルギーが戻ってこないという睡眠障害です。

この病気に関する様々な研究の結果、不眠症そのものよりも隠れた病気が原因であることが推測されています。その場合、まずはこの睡眠トラブルの引き金となる病気の治療を行うことが大切です。

さらに、不眠症は以下のように分類することができるでしょう。

  • 一時的:7日以下の場合、月経前期間に起こる女性もいます。
  • 急性:このタイプは1〜3週間続くでしょう。
  • 慢性:不眠が3週間以上続くでしょう。

その性質に焦点を当てると、以下のように分類することができます。

  • 入眠障害:眠りに落ちるのが困難な患者
  • 睡眠持続障害不眠症:継続した睡眠を取りにくい患者
  • 早朝の覚醒
  • 一般

睡眠の質を改善する睡眠薬

これらの薬剤は、入眠を促進する精神興奮・向精神性の薬剤で眠気を誘います。不眠を治療するには6つのラインがあります。最初のラインから処方され、効果がない場合は次のラインを処方するのが通常でしょう。

第1ライン. 天然物質

不眠を治療する第一段階として使われるのが、天然物質です。特に人気のあるものが、バレリアンリンデン、パッションフラワー、オピオイドです。また、ホメオパシー療法や”ナチュラル”な製品を使う人もいます。

第2ライン. 非ベンゾジアゼピン系睡眠薬

眠れない女性 睡眠薬

このタイプの催眠薬は、選択的GABA受容体アゴニストです。GABAは、優れた中央神経系の抑制性神経伝達物質です。例えば、ゾルピデム、ゾピクロン、エスゾピクロンです。

これらの薬剤は、その効果と耐久性から良い結果をもたらす傾向にあります。そのため、睡眠薬としての第一選択肢となっています。特に急性不眠症の治療に使われています。ですが、慢性不眠症の場合は、急性のケースほど効果はないようです。

第3ライン. ベンゾジアゼピン系睡眠薬

ベンゾジアゼピン系睡眠薬もまた、広く使われている睡眠薬です。前述した薬剤とは違い、GABA複合体の選択的ではありません。

催眠薬の第一選択肢として、他の薬剤(バルビツール酸塩)の代わりに使われるようになりました。とても効果的なのですが、睡眠の自然の構造を変えてしまうこと、REM睡眠を変化させ、明らかな副作用を引き起こすことがあります。

さらに、これらの薬剤はまた、耐久や依存を引き起こします。そのため、使用量は必ず医師によってコントロールされるべきであり、患者はきちんと情報を知らされるべきです。

あわせて読みたい:異なる種類の不眠症について知っておくべきすべて

第4ライン. 睡眠促進効果のある抗うつ薬

時々、睡眠薬として、以下のような抗うつ剤が使われることもあります。

  • ミルタザピン
  • トラゾドン
  • アミトリプチリン

ベンゾジアゼピンまた、REM睡眠を妨害します。ですが、様々な活動メカニズムの元に行われるのです。これらの薬剤は、アミン作動性神経伝達物質を改善するだけでなく、その抗コリン効果のため催眠作用を引き起こします。

慢性の不眠症に苦しむ患者の場合、ベンゾジアゼピンは十分でないこともあります。その場合、これらの薬剤は補助療法として用いるべきでしょう。

あわせて読みたい:安眠効果が期待できるアロマオイル8選

第5ライン. 不眠を治療する抗精神病薬

女性と睡眠薬

前述した薬剤から望ましい結果が得られなかった場合、抗精神病薬や神経弛緩薬が効果的かもしれません。

一般的によく使われる薬剤は以下です。

  • ハロペリドール
  • クエチアピン
  • クロザピン

これらは主に、高齢の患者、せん妄状態の患者、躁病の患者、不眠症の患者、精神病患者に使われることが多いでしょう。

前述した5つのライン以外にご紹介したい治療薬は、抗ヒスタミンやメラトニン、ガバペンチンといった薬剤で、普通、時差ぼけなどの軽度の不眠症に使われます。

まとめ

今日、不眠を改善する睡眠薬は幅広くあります。自分に合った薬はどれなのかは、主治医に相談して決定しましょう。

  • Sofía, M., Rivas, G., & Diego, J. (2017). En busqueda del hipnótico ideal : Archivos Venezolanos de Farmacología y Terapéutica.
  • Mendoza, E., Lamas, J., & Capafons, A. (2010). Hipnosis Clínica. Focad.
  • Brink, C. J. (2010). Fenobarbital. Tijdschrift Voor Diergeneeskunde. https://doi.org/10.1007/978-90-313-9129-5_50