神経を落ち着かせる5つのコツ

今回は、神経を落ち着かせるためのコツをいくつかご紹介します。
神経を落ち着かせる5つのコツ
Elena Sanz

によってレビューと承認されています。 心理学者 Elena Sanz.

によって書かれた 編集チーム

最後の更新: 18 11月, 2022

神経を落ち着かせるためには、時としてある「コツ」に頼る必要が生まれます。

運動や趣味を行なっている時間が神経や心を落ち着かせるという人もいれば、友達や家族と話をすることで神経が落ち着く人もいます。

神経を落ち着かせる方法には個人差があり、自分の好みやライフスタイルに基づいて最適な選択をするべきですが、私たちの心をざわつかせている原因を究明することが、神経を落ち着かせる第一歩です。

考えられる要因

  • 未解決の出来事
  • 抑圧された思考や感情
  • 自己管理ができない感情
  • 日常的に起こる問題
  • 過度の悲しみ
  • 不安定さ
  • 不安
  • ストレス

こちらの記事もご参考に:見逃せないストレスの症状7選

神経とは

私たちの神経

神経は、中枢神経系と体内器官の間で信号を指令する繊維から構成されています。そのため、感情的な不快感などは神経に関連しています。

神経が衰弱している時の症状

就職の面接試験、学校のテスト、前から楽しみにしていたデートなど、結果を期待したり対処できない可能性のある出来事に直面するのは簡単なことではありません。

それらに直面するとき、緊張を感じたり感情的に圧倒されてしまったりして、ある特定の時間内に適切な対応をしないと神経に影響を与え、ある特定の症状を発症する可能性があります。

発症する可能性のある症状をご紹介します:

短気

特別な理由もなく気分や精神状態が突然変化するのは、神経が乱れている兆候の一つで、ほぼすべての物事に対してネガティブな対応をする一般的な症状が、短気や怒りっぽさとして現れます。

いつもとは違う態度や行動

いつもとは違う振る舞い

神経が衰弱している人々は、気分循環性障害を発症する傾向が高く感情をコントロールすることができなくなるため、突然泣き出したり、逆に突然幸せになったりと感情の起伏が激しくなります。

また普段は穏やかで平和な人が、攻撃的で暴力的になることもあります。

身体的な兆候

  • 疲労
  • 嘔吐
  • 不眠症
  • 心拍数の上昇
  • 過度の発汗
  • 溺れるような感覚(突然息ができなくなるなど)

以前にこれらの症状を発症した経験がある場合は、神経を落ち着かせる方法をしっかりと学ぶ必要があります。

また完全に神経を落ち着かせることができなかったとしても、精神面へのダメージを軽減して症状の悪化を予防することが大切です。

神経を落ち着かせる5つのコツ

1.深呼吸

呼吸法

深呼吸は、最も手軽で効果的なリラクゼーションの手法の一つです。神経を落ち着かせながら心の状態を瞬時に回復させることができます。

  • 鼻からゆっくりと息を吸います。
  • 腹部に空気がしっかりと入っていくのを感じてください。
  • ゆっくりと5まで数えます。
  • 息を4秒間止めます。
  • 5まで数えながら、口からゆっくりと息を吐きます。

ゆっくりとした呼吸は、心拍数を「リラックス」させ、脳に十分な酸素を供給しながら、心を穏やかに保つ効果のある副交感神経系を活性化します。

2.緊張した筋肉をリラックスさせる

神経が衰弱しているときは、アドレナリンが大量に蓄積されるため、筋肉が収縮します。

腕をストレッチしたりスクワットを行うことで、強い感情を伴う筋肉の緊張を解消することができます。

3.心を穏やかに保つ場所を見つける

平穏を保つ

神経が衰弱してしまった時に、人が大勢いる場所で過ごすのは理想的ではありません。このような場合は、神経を衰弱させ心の問題を引き起こしている原因を見つけてすぐに取り除く必要があります。

神経を落ち着かせて物事をよりはっきりと見極めるために必要な目を養うために大切なのは、神経を衰弱させる原因に自分の気持ちを向けないようにすることです。

原因を見極めることは大切ですが、それにばかり気を取られていけません。この場合、落ち着きを取り戻すための物理的な空間や精神的な心の空間を見つける方法をお勧めします。

大切なのは、問題を解決するための時間と場所に自分自身の注意を集中させることです。

4.お茶の効果

ハーブの中には心を穏やかにそしてリラックスさせるものが数多くありますが、その中でもレモンバームは最も有名で効果的です。

また、リラクゼーションを促進しながら不安感を解消する効果が高いバレリアン、ライム、ラベンダーは、今後お気に入りのお茶のリストに加えて欲しいハーブです。

5.ストレスを発散する

ここまでにご紹介したコツに加えて、毎日起こる心配事を解消するのに役立つ、リラックス効果のある習慣を維持することが大切です。特に悲しみや不安感に襲われそうになった時に、これらの習慣が症状の悪化を予防しながら感情を克服します。

ダンス、エクササイズ、ヨガ、音楽鑑賞、自分一人の時間、お風呂に入ってリラックスする時間、瞑想、そしてマッサージなどは、神経を攻撃する原因を撃退する効果があります。

心を落ち着かせて静かにする方法を学ぶことは非常に大切です。

私たちは、期待や心配事などの数え切れないほどの物事に毎日悩まされています。

これらを解消する効果的な手法の一つが、マインドフルネスで、思考や感情をコントロールするのに役立ちます。

こちらの記事もおすすめです。
快適な眠りを誘う/5つのマインドフルネス・エクササイズ
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
快適な眠りを誘う/5つのマインドフルネス・エクササイズ

マインドフルネスとは、近年、医療と西洋心理学が統合されて出来た技術です。身体的、心理的に受けたストレスをやわらげ、自己認識を高め、ストレスによって引き起こされるあらゆる症状を緩和します。意識に集中し、興味や好奇心、物事を受け入れることを通して全ての瞬間を最大限に活用することが出来るようになりま...

 



  • Chóliz, M. (s. f.). Técnicas para el control de la activación: Relajación y respiración. https://www.uv.es/=choliz/RelajacionRespiracion.pdf
  • Davis, D. M., & Hayes, J. A. (2011). What are the benefits of mindfulness? A practice review of psychotherapy-related research. Psychotherapy48(2), 198.
  • Fuentes, P. C., Barba, M. M. C. Y., Matamoros, D. C., & Hervías, M. F. (2006). Los efectos de los estiramientos musculares:¿ qué sabemos realmente?. Revista Iberoamericana de Fisioterapia y Kinesiología9(1), 36-44.
  • Guarnaccia, P. J., Lewis-Fernandez, R., Martinez Pincay, I., Shrout, P., Guo, J., Torres, M., … & Alegria, M. (2010). Ataque de nervios as a marker of social and psychiatric vulnerability: Results from the NLAAS. International journal of social psychiatry56(3), 298-309.
  • Guzmán Guzmán, R. E. (2011). Trastorno por somatización: su abordaje en Atención Primaria. Revista clínica de medicina de familia4(3), 234-243.
  • Grassini, S. (2022). A Systematic Review and Meta-Analysis of Nature Walk as an Intervention for Anxiety and Depression. Journal of Clinical Medicine11(6), 1731.
  • Justo, C. F. (2010). Reducción de los niveles de estrés y ansiedad en médicos de Atención Primaria mediante la aplicación de un programa de entrenamiento en conciencia plena (mindfulness). Atención primaria42(11), 564-570.
  • Piqueras, J. A., Ramos, V., Martínez, A. E. & Oblitas, L. A. (2009). Emociones negativas y su impacto en la salud mental y física. Suma psicológica16(2), 85-112.
  • Rizzo, J., Vasconcellos, E. & Paes, M. J. (2011). O uso da aromaterapia no alívo da ansiedade. Acta Paulista de Enfermagem24, 257-263.
  • Ros, A., Moya-Faz, F. J. & Garcés, E. J.(2013). Inteligencia emocional y deporte: situación actual del estado de la investigación. Cuadernos de psicología del deporte13(1), 105-112.
  • Sarrais, F., & de Castro Manglano, P. (2007). El insomnio. In Anales del sistema sanitario de Navarra (Vol. 30, pp. 121-134). Gobierno de Navarra. Departamento de Salud.
  • Shohani, M., Badfar, G., Nasirkandy, M. P., Kaikhavani, S., Rahmati, S., Modmeli, Y., … & Azami, M. (2018). The effect of yoga on stress, anxiety, and depression in women. International journal of preventive medicine9.
  • Valera Bestard, B., Dorado, S., Piedrola Maroto, G., & Tenorio, H. (2003, April). Manifestaciones psiquiátricas secundarias a las principales enfermedades endocrinológicas. In Anales de medicina Interna (Vol. 20, No. 4, pp. 50-56). Arán Ediciones, SL.
  • Weir, K. (2020, 1 de abril). Natured by nature. American Psychological Association. https://www.apa.org/monitor/2020/04/nurtured-nature