不眠症に効果のある3つの自然療法

現代社会では、私たちの健康や生活に深刻な悪影響を及ぼす不眠症に悩む人が多くいます。
不眠症に効果のある3つの自然療法

最後の更新: 23 1月, 2019

不眠症にお悩みですか?

不眠症は、毎日の生活の中に潜む様々な要因によって引き起こされる可能性があります。

例えば、仕事やストレスをコントロールすることができないときや、不健康な食生活を送っているときなどは、睡眠の質に悪影響を及ぼし、その結果寝られなくなります。

ストレスが蓄積されたり、悩みや心配事があるとなかなか寝られません。またストレス、うつ病、双極性障害などは、睡眠の質に深刻な影響を与える原因とされています。

旅行などで時差のある場所に行くときには、なかなか寝られないなどの症状が現れますが、これは永続的に続くものではなく、ある一定の期間が過ぎると正常な状態に戻ります。これと同様に、様々な原因による不眠症も、解消することが可能です。

今回ご紹介する自然療法は、自宅にあるものを使ってできる、とても簡単な方法です。

1.お茶

お茶

鎮静剤として知られているリンデンというハーブですが、筋肉をリラックスさせる効果のあるリンデンティーは、不眠症を解消しながら入眠を促進するのに役立つと言われています。

リンデンと同様に鎮静剤としての効果があるバレリアンもお勧めで、不眠症を発症しているときもその症状を緩和します。ただしバレリアンは非常に強力なハーブなので、お茶として摂取する時には、必ず適量を守ることが大切です。

こちらの記事もさらに詳しく:不眠症を改善する自然療法

2.牛乳

温かい牛乳

昔からおなじみの方法の一つが温かい牛乳です。牛乳に含まれるメラトニンが不眠症の解消に役立ちます。少量のハチミツを加えるとさらにその効果が高まります。

3.アロマセラピー

アロマセラピー

この方法は「鼻」に働きかけます。私たちの脳は、ある特定のオイルの香りを「トランキライザー」と呼ばれる精神を安定させるものとして認識します。

これらの香りをもつキャンドルなどを使うと、不眠症を解消する効果があります。就寝時間の20分前から使うと効果的です。

最も一般的に使われいる香りは、バラ、オレンジ、レモン、ラベンダーです。

その他のアドバイス

私たちの体と脳が、適切な睡眠パターンに適応することで不眠症を解決する方法があります。

そのいくつかをご紹介します。

  • 昼寝をやめる:夜になると体が疲れて自然と眠ることができます。
  • 電気を消す:テレビや携帯電話などの光が睡眠を妨げます。明るい光があると脳は活発に動き、休息を防ぎます。夜間は携帯電話やコンピューターなどを使用せず、読書などをお勧めします。
  • ソーシャルネットワークやニュースを見ない:寝る前にソーシャルネットワークやニュースを見ると、睡眠の質や夢に負の影響を及ぼす可能性があるため避けてください。
  • 運動する:運動によってエネルギーを消費することで、夜になると体が疲れて自然と眠りにつくことができます。
  • カフェインを避ける:精神状態や身体能力を向上させるコーヒーですが夕方に飲むのはやめてください。夕方カフェインを摂取すると脳が遅くまで活発に活動する結果になります。
  • チョコレートを避ける:砂糖が多く含まれたチョコレートなどのお菓子は、脳を刺激して活発にするため眠りにつくことができなくなります。
  • アルコールを避ける:睡眠を妨害し、健康に有害です。
  • タバコを吸わない:タバコのようなニコチンを含む製品は、夜だけでなく常に避けてください。

健康的なライフスタイルと食生活を送ることで、健康状態が改善され、夜間になると自然に眠りにつくことができます。

こちらの記事もおすすめ
天然の睡眠導入剤
みんな健康で読むことができます。 みんな健康
天然の睡眠導入剤

忙しい毎日を送る21世紀の社会では、不眠症が大きな問題となっています。毎日のストレスや緊張感をはじめとする精神的な負担が不眠症を引き起こすと言われています。 そのため、入眠導入剤などが薬局で販売され、中には医師の処方による精神安定剤や睡眠薬が欠かせない人もいます。