塩と砂糖で不眠症対策

塩と砂糖がストレスの原因となるホルモンの分泌をコントロールし、睡眠サイクルを妨げないようにしてくれるかもしれません。

不眠症は、睡眠につくことや長時間眠り続けることが出来なくなる病気です。夜間眠ることができなかったり、早すぎる時間に起きてしまったりする症状です。

この問題は、一般の人の間最もよくある睡眠障害だと考えられています。特に女性、お年寄り、また鬱や不安などを抱えている人々の間で相当数見られます。日本でも20%、つまり5人に1人が不眠に悩んでいるといわれ、そのうち5%の人は睡眠薬を飲んでいるそうです。

眠れなかったり、睡眠不足だったりすると、生活の質に悪影響を及ぼします。社会的生活や、仕事の質、他にも生活面で色々な支障が出てくる可能性があります。

このように不眠症は身体的・精神的に健康に悪影響を与えかねないことから、現在は様々な治療法が出てきており、不眠症解消や、より深刻な問題になるのを防止する手助けとなっています。しかし、処方されている薬は医者の指導のもと、適度な量を服用することしか出来ませんし、かといって、自己治療や鎮静剤の過度な摂取は副作用を引き起こす可能性があります

睡眠にトラブルを持つ一部の人たちにとって、塩と砂糖は人気の不眠症対策です。試した人からは、不眠症克服にとても有効な方法だ、という声が上がっています。

不眠症対策の塩と砂糖とは一体何でしょうか。

砂糖過多

不眠症の主要な原因の一つに、生化学反応による身体的・感情的ストレスがあります。これにより睡眠のホルモンの生成が妨げられてしまうのです。

ストレスホルモンが高いと、睡眠パターンが乱され、眠りにつくことや眠り続けることが難しくなってしまいます。

ここで塩と砂糖が重要な効果を発揮します。というのは、塩も砂糖もストレスホルモンをコントロールする働きを持ち、睡眠サイクルが阻害されない通常のレベルまで戻してくれるのです。

『Eat for Heat』という本の中で、マット・ストーン研究員も、よく眠るための上記の解決法について触れています。

“塩と砂糖を混ぜて摂取することは、ストレスがかかる夜間には絶対に必要である。アドレナリンが急上昇する午前2時から4時の間に不眠症が起こる場合は、塩と砂糖を舌の下に含ませておくことが何よりも有効である。”

不眠症に塩と砂糖?

今日、塩や砂糖の過剰摂取は、体に悪影響を与え、多くの病気や不調を引き起こすということは周知の事実です。しかし、塩と砂糖を適度に摂ることは身体が必要としているのです

塩と砂糖を混ぜることの利点

味がとても良いとは言えないかもしれませんが、塩と砂糖を一緒にとることは時々試してみる価値が十分にあります

  • 免疫システムの強化
  • 頭痛の緩和
  • 活力上昇
  • セロトニン生成と電解質の増加
    (セロトニンは、睡眠の質や精神安定に深くかかわっている物質です。セロトニンが不足すると不眠につながります。また、電解質とはいわゆるイオンのことで、体内の水分量やpHのバランスを保ってくれる物質です。).
  • ストレス軽減

7-実年齢よりも老けていく.不眠

不眠改善のための素晴らしいレシピ

塩と砂糖療法に必要なもの:

  • 食塩小匙1 (5 g)
  • ブラウンシュガー小匙5 (25 g)
  • パネラまたは生砂糖大匙1
    (パネラとは、コロンビア等で作られているサトウキビ100%の砂糖です。日本ではあまり見かけないかもしれませんが、ネット通販などで買うことも可能です。精製前のナチュラルなお砂糖でも代替可能です)

作り方

全ての材料を袋や小瓶に入れ、よく振って混ぜます。パネラは混ざりにくい性質があるので、ブラウンシュガーが必須です。

塩と砂糖は1対5の比率がお勧めですが、しょっぱすぎる場合は塩を減らしても大丈夫です。

摂取方法

ベッドに入る前もしくは夜間、少量を舌の下に置き、完全に溶けるまで待ちます。

残りはベットサイドテーブルに置いておくか、夜間必要になったときに取り出しやすいところに置いておくと良いでしょう。一つまみを舌の下に置き、完全に溶かすだけなので簡単です。