不眠症を改善する自然療法

6月 1, 2018
本来は眠りを誘うための薬は、耐性が出来たり依存してしまう可能性もあります。

不眠症を改善し良い眠りを得るためには自然療法が一番です。なぜだか分かりますか? それは薬は服用するたびに体に耐性が出来上がるからです。依存に繋がる事もあります。

ここでは不眠に良く効く自然療法をご紹介します。とても簡単ですが効果的です。ぜひ試してみてください!

不眠症になると眠りが浅く、起きた時にけだるさを感じます。ご紹介する自然療法は眠りを改善するだけでなく、質の良い眠りを与えてくれます。

 

不眠症を改善する11の自然療法

1.足浴

20分から30分熱めのお湯に足をつけましょう。(やけどしない程度の温度にしてください)これは水治療法のテクニックで、特に寒い日に冷えやすい人に効果的な健康法です。お好みでシーソルトや重炭酸塩を加えたりしても良いです。足浴が終わったらすぐに拭き取って冷えないようにしましょう。

 

2.瞑想とリラックス

瞑想

不眠がストレス、不安、過剰勤務、心配事が原因なら心を鎮め落ち着かせるテクニックを学ぶと良いでしょう。瞑想、ヨガやトスレッチなどのリラクゼーションエクササイズが効果的です。

1日30分時間を取り、頭をクリアにしましょう。

 

3.早めの時間に軽い夕食を

遅い時間にたくさん食べ過ぎると肝臓に負担をかけ眠りにくくなります。早目の時間に軽くて消化の良い夕食をとりましょう。少なくとも寝る2時間前に食べるのがベストです。夜中に理由もなく目覚めることがなくなります。

 

4.マッサージでリラックス

マッサージ

心をリラックスさせる精油(ラベンダー、カモミール、アンジェリカ、メリッサなど)を使ったマッサージを受けたりセルフマッサージは不眠に効果的です。

 

5.太陽ともに生活を

太陽と共に生活をする事で不眠が解消されたりします。つまり日が沈むとともにベッドに入り、夜明けとともに起床するのです。季節ごとの太陽のリズムに合わせる生活は体にとても良い事ですが、仕事や家族との生活を考えるとなかなか難しいかも知れません。

ですが睡眠バランスを取るにはとても効果的な方法です。

 

6.太陽を浴びる

太陽

太陽の光を少なくとも1日10分は浴びましょう。この時サンブロックなどは付けないでください。体のバイオリズムを整えます。ただ当たりすぎはいけません。常識の範囲内で行ってください。

 

7.鎮静効果のある食べ物を選ぶ

不眠症の改善には例えば野菜などリラックス効果のある食べ物がおススメです。またりんごやキウイのようなりかっくす効果があり活力を与える果物も良いでしょう。シリアルならオーツが断然おススメです。

 

8.湯たんぽ

湯たんぽ

右側の肋骨の上に、寝る前の約1時間半ほど湯たんぽを置きましょう。肝臓機能を改善し、不眠を和らげます。心地良さを与えてくれるので、その後ぐっすり眠ることが出来ます。

 

9.クレイ湿布

もし腸が弱かったり過度のストレスにさらされている状況にいるなら、お腹の上にクレイ湿布をすることをおススメします。少なくとも1時間半はあてたままにしてください。出来れば一晩中つけて置くと良いです。

 

10.マグネシウム浴

マグネシウム

もしご家庭にバスタブがあるならぜひ試してください。バスタブに硫酸マグネシウム100gを入れて寝る前に入ってください。良く眠れるだけでなく神経系の機能を改善し、痛みや緊張を和らげます。少なくと1時間半ほど入り、すぐに就寝してください。

 

11.フローラルエッセンス

バッチフラワーは不眠症に良く効きます。また、不安定になった感情のバランスもとってくれます。副作用や、他の薬に対する影響もありません。また依存性もなく不眠症の改善には最適なものです。

ホワイトチェスナッツ:不安な気持ちを静める

スクランサス:断続的な眠りに

バーべイン:神経質で衝動的な人に

アグリモニ―:不安を隠して無理をしている人に

エルム:働きすぎの人に

あなたへおすすめ