痛みを和らげる9つのマッサージポイント

2月 16, 2018
体の特定の場所をマッサージすることは様々な痛みを和らげるのにとても便利な方法です。これは体の中全てが繋がっていることで効果が得られるのです。

現在に生きる私達は、肉体的、そして精神的にも健康であるよう努めています。しかし、ある日、何らかの理由で体と心の両方が疲れてしまうことがあります。ですので、それを和らげてくれるマッサージポイントを知ることはあなたの気分を良くする治療法になってくれるのです。

気分が悪くなった時、ほとんどの人が行うのは薬を飲む行為です。軽い頭痛や喉の痛み、そして腹痛がある時によく使われるでしょう。その為、病院に行く時は、とても強い痛みを抱えているということです。

全ての人々がどのような痛みや病気があなたの体の神経と結びついているかなど知っていません。

もしその痛みが強くなければ、自分で痛みを治療する方法もあります。これは頭痛や喉の痛み、そして腹痛も含みます。また、この治療法は東洋医学によって教えられた治療法なのです。

今回はあなたでも簡単に行うことの出来る痛みの箇所に合わせたマッサージとそのテクニックを紹介したいと思います。

1.喉の痛みを緩和するマッサージ

喉の痛み

最も一般的な痛みに喉の痛みがあります。この痛みを和らげるには毎日両耳をこする、または揉んであげましょう。

  • 耳の内部の神経を刺激してあげることで効果が得られます。
  • 毎日行うことで筋肉の痙攣を介して、喉のかゆみや痛みを解消する反射作用を刺激することが出来ます。

2.腹痛を緩和するマッサージ

腹痛も多くの人が日常的に抱えている問題の一つです。

この方法は、特に日々直面しているストレスが原因の腹痛を抑えるのに効果的です。

親指の神経終末が呼吸を整えた後、鼓動はゆっくりになります。これがあなたを落ち着かせるのに役立つのです。

3.鼻の詰まりを解消する

鼻詰まり

この簡単な動作を行うことで、鼻孔の圧力を調整し、中に蓄積された粘液を減らすことが出来るのです。

この痛みや粘液を和らげることで呼吸をするのがとても楽になるでしょう。

4.歯の痛みを解消する

歯の痛みもとても一般的です。また、これはとても厄介な痛みでもあります。しかし、氷を手に持つことでこの問題を解決することが出来ます。

  • これは、あなたの脳と繋がっている神経終末は親指と人差し指にある為、氷を持つことで歯の痛みが抑えることが出来るのです。

5.頭痛を緩和するマッサージ

頭を抱える人

 

最も一般的な痛みと言えば頭痛でしょう。日々のストレスや様々な問題と向き合うことで頭痛は発生します

  • 頭痛を抑えるには、親指を5分間押し続けてください。
  • 上記で述べた事と同様で、親指と人差し指には脳と繋がっているので、それを刺激してやることで痛みを解消します。

6.高血圧を制御する

  • 血圧を下げる為にあなたがしなければいけないことは、利き手の中指を出来るだけ強く絞るようにマッサージしてあげることです。
  • また、これは不安や怒りを軽減する効果も持っています

7.心拍数を調整する

心臓の痛み

  • もしあなたの心拍数が異常に速い時は、薬指をマッサージしてあげましょう。こうすることで心拍数を下げる、または正常に戻してあげることが出来ます。
  • さらに、深呼吸も一緒に行いましょう。鼻から口へゆっくり、そして深く呼吸をしてください。
  • 深呼吸を行いながら、薬指のマッサージを5分間行ってください。その際に、呼吸が早くならないよう気をつけましょう。
  • この方法で、脈と心拍数の両方のリズムが正常になります。

8.吐き気を解消する

  • 中指をマッサージしてあげることで吐き気や嘔吐を抑えることが出来ます。これは手の真ん中が感情の真ん中に反応するから得られる効果です。
  • このマッサージもまた深呼吸と一緒に行ってください。

9.パニック障害を抑える

暗い表情でこめかみを抑える人

もしパニック障害に近い症状が出たら、あなたの手をもう一つの手で握りしめてあげましょう。強く握り過ぎる必要はありませんが、数分間続けてください。

この姿勢をとることで血流と呼吸が安定し、落ち着くことが出来ます。

 

あなたへおすすめ