安眠効果が期待できるアロマオイル8選

4月 29, 2019
就寝前に行う行動次第では、心身をリラックスしてすぐに眠りにつくことができます。本記事では、不眠症を予防し睡眠の質を向上させるのに役立つ、8つのアロマオイルについてご紹介します。

リラックスした状態で問題なく眠りにつくことと質の高い睡眠は、私たちの健康に欠かせません。

日中の思考力や集中力も、前夜の睡眠の影響を受けます。

十分に眠らないことにより、心身の健康やパフォーマンス力にも大きな影響を与えます。

入眠促進剤や睡眠薬に頼ることなく入眠を促進するためには、アロマオイルなどの自然な方法が効果的です。

就寝前に心身をリラックスさせて、入眠を促進するアルマオイルを使った方法は、不眠症などを緩和しながら睡眠の質を高める効果があります。

アロマセラピーは、日常生活の中で心身の機能を向上させる効果のある、精神面の平穏や心の静けさをもたらすおすすめの方法として多くの人が活用しています。

ストレス、不眠症、不安感、うつ病

寝る前の悪習慣

仕事や勉強など、毎日の生活に圧倒されがちなな現代社会では、様々な要因がストレスの原因となります。

朝早く起きる、携帯電話などの電子機器を見つめる、睡眠障害などがストレスの原因となっている可能性があります。

不眠症などの睡眠障害は、毎日のスケジュール、食生活、そしてコーヒーやアルコールの摂取量にも悪影響を与えます。

また睡眠不足になると、倦怠感、過敏性、または疲労感に悩まされるだけでなく、睡眠不足によるストレスが、うつ病や不安などの感情障害の症状を引き起こす可能性もあります。

アロマセラピーは、代用療法ではありませんが、睡眠障害に役立つ天然成分で、気分が向上するのを助けます。

アロマオイルと神経系

エッセンシャルオイル

休息、リラクゼーション、そして睡眠をコントロールする副交感神経系に作用するアロマエッセンシャルオイルは、鼻の中にある何百万という嗅覚受容体と脳に関係があります。

良い香りは、休息、リラクゼーション、そして睡眠の機能に直接的に働きかける効果が期待できます。

アロマオイルにはそれぞれいくつかの有効成分が含まれていますが、その中でもビターオレンジとラベンダーには心を落ち着かせるリラクゼーション効果が期待できます。

アロママッサージ、お茶、または、アロマディフューザーのいずれかを活用して、アロマの香りが脳に到達することで、緊張、不安、およびうつ症状を軽減しながら穏やかで質の高い睡眠を実現するのに役立ちます。

こちらもご参考に:効果抜群!マッサージするべき体の部位6選

ぐっすり眠るのを助ける8つのアロマオイル

ボトル入りアロマオイル

1. ラベンダー

アロマセラピーで最も価値があるのがラベンダーオイルです。

鎮静効果とリラックス効果があるため、神経系に働きかけて良い効果を与えます。

慢性的な不眠症にも役立つと言われています。

ラベンダーオイルの利点を活かすためには、以下の方法がおすすめです。

  • アロマディフューザーに15滴入れる
  • 顔、首、腕、手、足にアロママッサージをする
  • クリームや通常のボディオイルで希釈したアロマオイルを各手首や首にのせる

2. ビターオレンジ

オレンジオイルの心を落ち着かせる鎮静作用は、効果的に不眠症、うつ病、ストレス、不安および緊張感を解消するのに役立ちます。

ディフューザーを使うかアロママッサージを通してビターオレンジを活用すれば、睡眠障害を予防する効果も期待できるでしょう。

3. マンダリン

日常生活の喧騒から抜け出すのが難しい方は、マンダリンを使ってリラクゼーション効果を満喫してください。

心を落ち着かせて穏やかに保つのに役立つでしょう。

マンダリンを使用する時のおすすめの方法をご紹介します。

  • 眠る前にディフューザーに15滴を入れる。
  • 朝晩、2滴をオリーブオイルで希釈して摂取する

4. バレリアン

バレリアンの鎮静作用には安眠を促進する効果があります。

  • ディフューザーに15~20滴入れる
  • 顔、首、手足にアロママッサージを行う

5.ローマカモミール

ローマカモミールのエッセンシャルオイルは不眠症を緩和するのに最適です。

リラックス効果が得られにくいとされる高血圧の人にも良い影響を与える、強力なリラックス作用があります。

6. マジョラム

マジョラムの特性は、血圧を下げてストレスを解消することです。

また、風邪をひいているときにマジョラムオイルと使うと呼吸を正常に保つのに役立ちます。

ディフューザーやアロママッサージでマジョラムを使用すると、痛みを軽減する鎮痛効果も期待できます。

こちらもご参考に:薬に頼らずストレスを緩和する6つの方法

7. レモンバーベナ

心を穏やかに保つ効果が期待できるレモンバーベナは、不安障害やうつ病、または様々な痛みに効果があると言われています。

レモンバーベナの利点を最大限に活用するためには、2滴のオリーブオイルでアロマオイルを希釈して、1日3回摂取してください。

8. プチグレイン

カモミールよりも効果的の高い催眠オイルでとして知られているプチグレインは、ストレスを緩和してリラクゼーションを促進する筋弛緩剤です。

  • アロママッサージに使用する
  • オイルが入っている瓶から直接香りをつけたり、オリーブオイルで希釈した2滴を飲むこともできる

アロマオイルは脳に直接働きかけて強力な効果をもたらすと言われているため、不眠症、ストレス、および不安障害の症状を緩和しながら1日中体がリラックスするのを促進します。

身体的にリラックスできると同時に、平穏な心を取り戻すでしょう。

日中はアロマの香りを嗅ぎたい時にはいつでもおこなってください。

夜間のアロマオイルは、一晩を通じてリラクゼーションと心を平和と平安をいつも感じることができる安眠効果が期待できるでしょう。

Bakkali, F., Averbeck, S., Averbeck, D., & Idaomar, M. (2008). Biological effects of essential oils – A review. Food and Chemical Toxicology. https://doi.org/10.1016/j.fct.2007.09.106

Solórzano-Santos, F., & Miranda-Novales, M. G. (2012). Essential oils from aromatic herbs as antimicrobial agents. Current Opinion in Biotechnology. https://doi.org/10.1016/j.copbio.2011.08.005

Pilcher, J. J., Ginter, D. R., & Sadowsky, B. (1997). Sleep quality versus sleep quantity: Relationships between sleep and measures of health, well-being and sleepiness in college students. Journal of Psychosomatic Research. https://doi.org/10.1016/S0022-3999(97)00004-4