医師が処方する抗肥満薬について知っておくべきこと

2月 27, 2020
抗肥満薬は、肥満の根本的な解決にはなりませんが、患者の体重増加を防ぐために必要な、ライフスタイルの変化を補完するのに役立つと言われています。ただし、健康的でバランスの良い食生活と継続的な運動の組み合わせと比べて抗肥満薬がより効果的であると言う科学的な証明はありません。

減量薬や抗肥満薬に関する多くの間違った情報が広まっています。

製薬業界では、減量に役立つと言われている抗肥満薬の効果がなかったり、健康に害を及ぼす可能性があると指摘されています。

一般的には、医師が特定の症例に適していると診断した場合に、医師によってのみ処方されるのが抗肥満薬です。

抗肥満薬は魔法の薬ではありませんし、減量は多くの努力が必要となる複雑な過程です。

処方された抗肥満薬を使っても、患者が健康的でバランスの良い食事と継続した運動を実践しなければ、ほとんど役には立ちません。

抗肥満薬医師が処方する抗肥満薬について知っておくべきこと 肥満度の測定

体重を減らす過程において、特に処方薬を使用する場合は、医師による医学的な診断が不可欠です。

医師は、美的目的のために抗肥満薬を処方することはありません。

抗肥満薬は、正しく管理されたバランスの良い健康的な食事と運動療法よりも効果的であることは証明されていません。

抗肥満薬の多くは中枢神経系に作用し、空腹感と満腹感を調節する複雑な視床下部回路を阻害するため、空腹感を感じることがより少なくなります。

利尿作用や下剤としての作用がある薬は、代謝の促進に役立ちます

医師の処方による薬以外では、科学的な証拠に裏付けられていない、脂肪燃焼効果があると宣伝される「ファットバーナー」が、薬局やオンラインストアで販売されています。

こちらもご覧ください:ダイエットに最適な朝食は? 5つのアイデア

処方される患者のプロファイル

抗肥満薬はすべての人に適しているわけではありません。

妊娠中および授乳中の女性は使用してはいけませんし、専門家は、未成年の子供には推奨しません。

また、いかなる状況においても、医師の処方と指導なしに服用してはいけません。

患者が以下の基準を満たしている場合、専門医が抗肥満薬を処方することがあります。

  • 肥満と診断された患者:身長と体格に応じて算出する理想体重よりも実際の体重が20%以上多いことで肥満と分類された患者で、一般的にはBMI(ボディマスインデックス)が30以上であることを意味します。
  • 特定の病気を発症している患者:BMIは肥満よりは低いものの、糖尿病、睡眠時無呼吸症、そして高血圧などの健康問題を抱えている場合、抗肥満薬を処方することが正しい治療となる場合もあります。これらの薬を処方することが適切な場合があります。

ただし、抗肥満薬が減量への最初の選択肢ではないことを忘れないようにしましょう。

通常は、患者に対して3〜6か月間の食事療法と運動療法を実施し、この期間に体重の5%以上を減らすことができなかった場合に、抗肥満薬が処方されます。

また、抗肥満薬を処方する場合でも、患者が体重を減らすことに前向きであり、必要なすべてのライフスタイルチェンジを行う必要があります。

抗肥満薬の副作用医師が処方する抗肥満薬について知っておくべきこと 腹痛

他の薬と同様に、抗肥満薬にも副作用がありますが、副作用には個人差があります。

最も一般的な副作用は、下痢、便秘、または吐き気などの軽度の症状で、時間とともに減少する傾向があります。

フェンテルミン、ベンズフェタミン、ジエチルプロピオン、フェンジメトラジンなどの一部の薬は、睡眠障害、緊張感、落ち着きのなさ、頭痛、血圧上昇などを引き起こす可能性があります。

これらの薬物の使用により、次のような副作用が報告されていますが、その症例はごくわずかです。

  • 目や皮膚が黄色くなる色素沈着
  • 濃い色の尿
  • 青白い便
  • 皮膚のかゆみ
  • 腹痛
  • 食欲減少

こちらもご参照を:理想の体重を手に入れた時に起こること

注意事項

薬局で販売されている「減量に効果がある」と宣伝されている製品の中には、科学的な根拠に基づいていない安全性が不確かな製品もあると言うことに留意してください。

特に、エフェドラ、エフェドリン、またはカフェインを含む製品は、発作、心臓発作、脳卒中、突然死の原因となる可能性があることが指摘されています。

これらの成分が含まれた製品を使用する前に、必ず医師に相談してください。

医師の処方による抗肥満薬は、患者が服用をやめるとその効果がなくなります。

つまり、健康的でバランスの良い食生活と継続的な運動といった健康的なライフスタイルを続けていない人の場合、薬の服用をやめると体重が増える可能性が高くなります。

理想体重を維持するためには、常に健康的な食生活と継続した運動を常に意識して続けることが大切です。

Verónica, Á. V. (2012). Tratamiento farmacológico de la obesidad. Revista Médica Clínica Las Condes, 23(2), 173-179.