下痢から回復するためのスープ3種

胃の調子が悪い場合は、体に良い脂質をある程度含んだ柔らかい食事をとるのがおすすめです。失ったエネルギーを取り戻すために、スープを選んでみましょう。
下痢から回復するためのスープ3種
Nelton Abdon Ramos Rojas

によってレビューと承認されています。 医者 Nelton Abdon Ramos Rojas.

によって書かれた Francisco María García

最後の更新: 27 5月, 2022

胃腸の病気は厄介なものです。何かが身体に合わなかったり、過敏性腸症候群であったり、原因は様々です。そんな時、下痢から回復するのにスープほど適した料理はありません

この記事では、一皿で栄養と水分補給が同時にできるレシピをご紹介します。

これらのレシピは少量の脂質を含んでいます。これはただ役に立つだけでなく、失われたエネルギーを取り戻すには必要な栄養素です。

また下痢の場合は消化器系への負担を軽くするために柔らかい食事が理想的です。しかしもし症状が長引いてひどくなるような場合には、必ず医師の診察を受けましょう。

では、下痢から回復するためのヘルシーなレシピを次に見ていきましょう。

下痢から回復するためのスープ

1.お米とニンジンのスープ

黒のテーブルに野菜のスープ

胃のトラブルの時には食事が制限されてしまいますが、そんな時の強い味方がお米です。カナダのマギル大学の研究で確認されているように、下痢から回復する時にはこの穀物がすばらしい栄養源となるだけでなく、不快感を抑えるのにも有効です。

材料

  • ニンジン 大1本
  • タマネギ 小1個
  • お米 100g
  • コリアンダーまたはパセリ 1枝
  • レモン果汁 ½個分
  • チキンスープ 750ml
  • ミントの葉 1枝
  • エキストラバージンオリーブオイル
  • 皮を除いた鶏むね肉 2枚(約150g)

作り方

  1. 鍋にチキンスープを入れて温めます。
  2. 皮をむいて刻んだニンジンと2つに切ったタマネギを入れます。
  3. 沸騰したらお米、コリアンダーまたはパセリ、ミントの葉を入れます。
  4. 弱火にして少なくとも20分間、お米とニンジンが柔らかくなるまで煮ます。
  5. タマネギとハーブを取り出します。
  6. 塩加減を確認します。
  7. 鶏むね肉を細く切りフライパンで焼きます。ソースなどは使わず塩だけで味付けします。
  8. スープをお皿に注ぎ、焼いた鶏むね肉を上にのせ、オリーブオイルを数滴とレモン果汁をふりかけてできあがりです。

2.ショートパスタ入り鶏肉、セロリ、ニンジンのスープ

ショートパスタ入りスープ

国立健康・栄養研究所の研究で勧められているように、パスタはお米と同様、鶏肉とニンジンと組み合わせて、下痢から回復するためのスープにふさわしいものです。スープ用のショートパスタは食べやすく、またお腹に軽く消化しやすい食品です。

このレシピは子供たちにぴったりのスープです。さまざまな栄養分の摂れるスープですが、セロリの有効成分が胃内常在細菌叢を回復させることによって食欲を早く回復させてくれる点が特にすぐれています。

材料

  • 皮を除いた鶏むね肉 2枚(約120g)
  • セロリ 小2本
  • 小さく切ったニンジン 中2本
  • 小さい角切りにしたジャガイモ 2個
  • ポロネギ(西洋ネギ) 1本
  • 2つに切ったタマネギ 大1個
  • パセリ 4枝
  • スープ用ショートパスタ 250g
  • 水 2リットル
  • 塩 適量

作り方

  1. 鶏むね肉に塩少々をふります。
  2. 野菜を洗って切り、鍋に2リットルの水と一緒に入れて強火にかけます。
  3. 鶏むね肉を鍋に入れ、最低10分間沸騰させます。
  4. パセリを加え、ジャガイモとニンジンが柔らかくなるまで煮ます。
  5. 柔らかくなったらショートパスタを加え、さらに5分間煮てできあがりです。
  6. お皿に注いでから、小さく切ったトーストを上にのせるのも良いでしょう。カリカリとして大人にも子供にも人気です。

3.チキンコンソメ

材料

  • 鶏もも肉 2本
  • ニンジン 中2本
  • ジャガイモ 中2個
  • ニンニク 1片
  • タマネギ ½個
  • ポロネギ(西洋ネギ) 1本
  • パセリ 2枝
  • 水 2リットル
  • トースト 2枚
  • 塩 適量

作り方

  1. 鶏もも肉を良く洗います。
  2. 全ての野菜を洗って2つに切り、大きな鍋に入れます。
  3. 鍋に2リットルの水を入れ、ニンニク、ポロネギ、パセリも入れます。最後に鶏もも肉も入れます。
  4. 初めは強火にして沸騰したら弱火にします。少なくとも2時間または鶏もも肉が柔らかくなるまで煮ます。
  5. 塩を適量加えてさらに5分煮ます。
  6. しっかり濾して深いスープ皿に注ぎます。小さく切ったトーストを浮かせてできあがりです。

このコンソメは、胃を修復してくれる効果が高いすぐれもので、二日酔いの翌日や、胃の調子が悪い時などに理想的です。

ここに紹介した下痢から回復するためのスープのレシピ、試してみたくなりましたか?どれも美味しくて栄養豊富なものばかりです!

こちらの記事もおすすめです。
フォッドマップ食事療法とその効果
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
フォッドマップ食事療法とその効果

フォッドマップ(FODMAP)食事療法について耳にしたことはありますか?フォッドマップと呼ばれるある特定の炭水化物の摂取を最小限に抑えるこの食事法は、ガスや腹部の痛み、腹部の腫れや下痢など、過敏性腸症候群などの大腸をはじめとする消化器系の問題がある人にはおすすめです。



  • Canadian Paediatric Society. (2003). Dehydration and diarrhea. Paediatr Child Health, 8(7), 459–460. Disponible en: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2791660/
  • Gore, J. I., & Surawicz, C. (2003). Severe acute diarrhea. Gastroenterology Clinics32(4), 1249-1267. Disponible en: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7127018/
  • Kianmehr, M., Saber, A., Moshari, J., Ahmadi, R., & Basiri-Moghadam, M. (2016). The effect of G-ORS along with rice soup in the treatment of acute diarrhea in children: A single-blind randomized controlled trial. Nursing and Midwifery Studies5(2), 1-7. Disponible en: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4993029/
  • Murakami, K., Sasaki, S., Okubo, H., Takahashi, Y., Hosoi, Y., & Itabashi, M. (2007). Association between dietary fiber, water and magnesium intake and functional constipation among young Japanese women. European journal of clinical nutrition61(5), 616-622. Disponible en: https://www.nature.com/articles/1602573
  • National Research Council (US) Subcommittee on Nutrition and Diarrheal Diseases Control. (1985). Nutritional Management of Acute Diarrhea in Infants and Children. National Academies Press.
  • Pantenburg, B., Ochoa, T. J., Ecker, L. & Ruiz, J. (2014). Feeding of young children during diarrhea: caregivers’ intended practices and perceptions. The American Journal of Tropical Medicine and Hygiene91(3), 555-562. Disponible en: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4155559/
  • Weir, S. B. S., & Akhondi, H. (2021). Bland Diet. StatPearls. Disponible en: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK538142/

ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。