胃痛に悩む人におすすめ!胃が痛い時に効果的な食べ物

· 7月 12, 2017
胃の痛みを解消するには、自然な方法がおすすめです。市販の薬を使って胃痛を治そうとすると、予想外の副作用が起きたり症状が悪化する恐れがあります。

胃痛は、消化不良などの消化器系の問題や食生活の乱れが原因で起こります。

ごく稀に慢性の炎症性疾患や、ストレスや不安障害による神経システムの乱れが原因の胃痛もあります。

胃痛は腹部の炎症と定義づけられ、ほとんどの場合、ガスや胃酸、または消化不良などの症状を伴い、食品への不耐性、便秘、または下痢なども胃痛の原因の一つと考えられています。

また不健康な食品を食べ過ぎると胃痛が再発したり胃炎の強い痛みが悪化するリスクが高まります。

今回はこれらの症状を伴う胃痛をコントロールする最も効果のある食品をご紹介します。

バナナ

バナナには天然の食物繊維と抗炎症成分が豊富に含まれているため、消化不良による胃痛の症状を軽減します。

バナナが胃酸過多を軽減し、腸内の健康的な細菌の成長を促進します。

またカリウムが豊富に含まれるバナナは、嘔吐や下痢にの症状が現れている時に体内の電解質のバランスを正常に保つ効果が期待できるだけでなく、天然の糖分が、エネルギーレベルを向上させ、満腹感を持続させます。

米はお腹や消化機能に非常に優しく、腹部の痛みや炎症を抑える働きがあります。また消化に時間がかからないため、呑酸やpHバランスの乱れなどの症状を引き起こさないおすすめの食品です。

アップルソース

胃炎、消化不良、そして下痢が原因の胃痛には、りんごから作るアップルソースが最も手早い方法です。

食物繊維や抗酸化物質をはじめとする栄養素が豊富に含まれているアップルソースは、消化を促進して老廃物を体外に排出します。

またペクチン、天然の食物繊維が豊富に含まれているため、腸内の炎症を軽減するだけではなく、便通を促進して便秘の症状を改善します。

野菜スープ

野菜スープは、様々な痛みを和らげて水分を補給する効果があるため、消化器系の問題に効果的です。

スープ、塩分、そして野菜からの栄養素が、体内の水分補給を行いながら、胃の痛みや不快感を最小限に抑えます。

また脂質の少ない野菜スープは消化が良いため、胃痛による不快感や症状の悪化を引き起こしません

ハーブティー

カフェインの含まれていないハーブティーは胃の炎症を抑えながら腸内に蓄積された老廃物を体外に排出します。

またハーブティーは低カロリーながら抗酸化物質が豊富に含まれているため、呑酸を予防します。

さらにハーブティーに含まれる鎮痙成分と鎮痛成分が消化不良などによる胃痛を和らげます。

ココナッツウォーター

オーガニックココナッツウォーターは、消化器系の不快感や痛みを軽減する素晴らしい飲み物です。

ビタミンCやカリウムといった豊富な栄養素が含まれるココナッツウォーターは体内に必要な水分を補給します。

また天然の食物繊維が豊富に含まれている低カロリー飲料であるココナッツウォーターは、便通を促進することで炎症と便秘を予防します

生姜

世界中で栽培され使用されている生姜には、消化を促進し炎症を抑える成分が含まれています。

生姜は様々な痛みに効果のある食品で、特に生姜に含まれる辛味成分であるギンゲロールは、食べ物に風味を加えるだけではなく、胃を様々な病気から保護します。

スムージーやスープをはじめとする料理に生姜を加えてその効能を最大限に活用し、胃の健康を促進してください。

ナチュラルヨーグルト

プロバイオティクスが豊富に含まれるナチュナルヨーグルトは胃の痛みを予防・解消するのに効果的です。

腸内の健康的なバクテリアの活動を促進し、胃の中のpHバランスを正常に保ちます。

さらに免疫システムを強化することで体内に有害なバクテリアや寄生虫を撃退します。