胃酸の逆流に効く6つの自然療法

· 1月 29, 2016
胃酸の逆流は、よくある健康問題の一つです。逆流性食堂炎や、消化性潰瘍とも呼ばれています。

胃酸の逆流は、胃酸が喉まで逆流することによって起こりますが、逆流のときの焼け付くような感覚は、ときに心臓発作と間違われるくらいの痛みを伴います。

胃酸の逆流に苦しむ患者は、体の他の部位にも影響を及ぼすことが多いと言われています。最近では若い人にも増えている症状です。ほとんどの患者が、みぞおちや喉が焼け付くような感覚と口のなかが酸っぱくなる感覚から、睡眠不良やいびきに苦しむだけでなく、場合によっては喘息、消化不良、口臭、食道の炎症、潰瘍、非常に深刻な例としては食道癌を引き起こすことが知られています。

胃酸の逆流とそれにより引き起こされる症状を予防するには、食生活の改善が大変重要です。加工食品や、過度の砂糖、精製食品、カフェイン、アルコール、脂肪その他の摂取を制限するべきです。そのような食品に変わり、繊維質に富んだフルーツ、野菜、全粒粉のようなものをより多く摂取するようにしましょう。

胃酸の逆流を起こしがちで、上述した症状のいくつかがあてはまる人は、これから述べる家庭でできる療法を試してみてはいかがでしょう。あの困った焼け付くような感覚やその他の症状を和らげられるか予防できるかもしれません。

アロエべラジュース

 

アロエベラ

アロエベラジュースは、私たちの健康にとっていろいろな効用がある性質を持っています。その一つとして炎症を抑える力があり、それが胃酸の逆流症状を軽減する助けになります。カップ2分の1以上のアロエジュースを食前に飲むのがおすすめです。なお、アロエジュースには、下剤としての効用もあることを覚えておくことも大切です。

りんご酢

リンゴ酢は、アロエベラジュースと並んで、胃酸の逆流を和らげる効果のある人気の療法です。大きめのグラスに、大さじ一杯の純リンゴ酢を水で薄めたものを作り、逆流を感じたらすぐ飲むようにします。

重曹

 

重曹

重曹(ベーキングソーダ)は、懐に優しい材料であり、体のpHレベルを整える効能があると推奨されています。重曹の持つこの効能は、胃酸の逆流を和らげるのにも大変役立ちます。小さじ一杯の重曹を大きめのグラス一杯の水に溶いて飲みます。

リコリス

リコリス(甘草の一種)は、胃の中でラップのような状態になるために、保護膜として活用できます。それにより、胃酸の逆流によって引き起こされる不快な症状を和らげ、予防することができます。リコリス茶やリコリスエキスの状態で摂取することをおすすめします。

こちらの記事もお読みください:タイムとリコリスの咳止めシロップの作り方

生姜

 

生姜

生姜には、胃酸の生産を阻止しピロリ菌を抑制する効果があるために胃を守る効能があることは、たくさんの研究で示されています。事実、この自然食品は、潰瘍予防薬であるランソプラゾール(日本では武田薬品のタケプロンなどが発売されている)に比べ、最大8倍もの効用があります。胃酸の逆流を防ぐには、毎食前に、小さじ1杯の生姜をお湯に溶いて生姜茶を作り、5分ほど待ってから飲むといいでしょう。

こちらの記事もお読みください:生姜の薬用効果

グルタミン

グルタミンはアミノ酸の一種で、ピロリ菌によって引き起こされた胃腸のダメージを修復させる効果があります。もともと体内で自然に生産される物質ですが、牛肉、鶏肉、魚、卵、乳製品、それからパセリ、ほうれん草などの野菜やフルーツなどを摂取することでも、得られます。

その他の胃酸の逆流の予防に効く大切なヒント

上述した家庭でできる療法の他に、胃酸の逆流を予防に効用があるいくつかのヒントをあげてみましょう。

  • ゆっくりと時間をかけて、きちんとしたご飯を食べるようにしましょう。そうすることによって炎症や胃の圧迫感を抑えることができます。
  • 寝る前の食事は軽いものにし、少なくとも寝る3時間前に食べるようにしましょう。
  • 胃酸の逆流を防ぐため、刺激の強い食べ物や酸味の強い食べ物は避けましょう。
  • でんぷん質の強いものを、食事の始めに摂るのは避けましょう。野菜や肉類を先に食べてから、ポテトやパンを食べるようにしましょう。
  • 肥満の方は、体重減少するための方法を探すのが先決です。というのは、肥満によって食道と胃を結ぶ括約筋の弁としての機能が低下していまい、胃酸の逆流が起こる原因となってしまうのです。
  • 刺激が強く、胃酸の逆流をもたらしがちなアルコールの過度の摂取は避けましょう。