砂糖を摂るのをやめると/何が起きるか

12月 12, 2015
砂糖の摂取は、便秘などの健康上の問題を引き起こすことがあります。食事から砂糖を取り除くことによって、健康的な体重を維持すると同時に、消化器官の健康を促進することができます。

砂糖は世界中で最も消費されている食品の一つですが、残念なことに、最も大きい健康リスクの一つでもあります。甘いものへの欲求は、人類の歴史を通してずっと存在していますが、砂糖を摂ることは、あなたの生活の質(クオリティ・オブ・ライフ、QOL)を長い間にわたって低下させ、多くの健康問題の原因となります。

しかし、全ての砂糖が同じわけではないと心に留めておいてください。あなたの健康に深刻な影響を及ぼすのは、精製された白砂糖です。そうです、スーパーや食料品店で販売されていて、パンや加工食品、クッキー、ケーキやスナック菓子に使われている白砂糖です。実は砂糖は、毎日の食事の中に常に含まれているため、砂糖の摂取を完全に制限することは極めて難しいのです。しかし、砂糖を頻繁に摂ることの危険性を知り、砂糖が体に及ぼすネガティブな影響を理解することで、食事から砂糖の量を減らしていくことはできます。砂糖を摂るのをやめたとき、何が起きるのでしょうか?

 

エネルギーレベルの向上

2-エクササイズ

エネルギーレベルを高めたいときに、砂糖入りのソフトドリンクやエナジードリンク、またその他砂糖がたっぷり入った飲み物を飲む習慣を持つ人は多いでしょう。しかし砂糖を摂りすぎると、実際には低血糖症を引き起こすということを研究は示しています。

砂糖の過剰摂取は、可能な限り高いエネルギーを維持しようとする体の働きを妨げます。砂糖の摂取量を最小限にすることで、低血糖症を防ぐことができるでしょう。

 

心臓がより健康になる

砂糖の摂取が心臓にもたらす多くの危険性を明らかにした、The Journal of the American Heart Associationに発表された研究によると、砂糖の摂取を減らすことは、心臓発作のリスクを低下させることにもなります。

身体をガンから護る

3-がん

様々な研究で、砂糖がガン細胞に栄養を与えるということが指摘されています。砂糖の摂取を減らすことで、悪性細胞が体内に広がり複製されるのを防ぐと同時に、様々な種類のガンを予防することにもなります。

肝臓を守る

果糖とブドウ糖の過剰摂取は、お酒を飲みすぎたときと同様に、肝臓に毒素が蓄積される原因となります。専門家たちは、砂糖の摂取によって肝臓に問題が生じるリスクを減らすために、肝臓の定期的なデトックスを行うことを勧めています。

より良い睡眠

4-睡眠

砂糖の摂取はエネルギーレベルの低下をもたらすと同時に、睡眠の妨げにもなります。砂糖をほとんど摂取しなくなった人は、睡眠の質が上がったことにすぐ気付くでしょうし、一部の人は不眠症からも解放されることでしょう。

肌がより若々しくなる

砂糖をたくさん摂ることは、肌にとっての主要なタンパク源であるエラスチンとコラーゲンの生成を妨げます。長期的には、砂糖の摂りすぎは、肌の早期老化や、その他の不健康な肌の状態を引き起こします。

バランスの良い体重

5-体重を減らす

砂糖の入ったものを食べることで、脂肪や炭水化物、カロリーも多量に摂取する傾向があり、これら全てが体重増加の原因になります。砂糖を毎日の食事から取り除くことで、これらの摂取も制限することになり、バランスの良い健康的な体重を実現しやすくなります。

消化を助ける

砂糖の摂取を減らすことで、消化器官の機能を向上させることもできます。このことは、便秘などの大腸に関連した問題が起きるのを防ぐ助けにもなります。

満足感

様々な研究が、砂糖の過剰摂取で、レプチン(脳に満腹サインを送るホルモン)への抵抗力が生じるということを示しています。

歯の健康

口内の細菌は砂糖によって繁殖します。砂糖が入ったものをたくさん食べることは、虫歯などの歯の問題が起きる可能性を高めることになります。砂糖の摂取を減らすことは、お口の健康につながります。

あなたへおすすめ