発がん性物質が含まれる7つの食品

· 11月 28, 2015
発がん性物質が含まれる食品を排除することで、がんなどの病気を予防し健康な体を維持することが大切です。

栄養は健康に生活するのにあたり重要な役割を果たします。食べ物の中には、多くの重要な健康効果を持ち、体を病気から守るものもたくさんあります。しかし、危険な物質を体にもたらし、ガンのような病気の原因となる食べ物も多いのが事実です。 

発がん性物質は多くの食品に発見されていますが、それらを摂取するたびに健康に害を与えていることは多くの人には知られていません。この記事では、あなたの食事からすぐにとり除くべき発がん性物質の含まれる7つの食品について明らかにします。

電子レンジ調理のポップコーン

電子レンジで作るポップコーンは、パックの内側には調理過程に発がん性物質であるパーフルオロオクタン酸(PFOA)を生み出してしまう危険な物質が含まれています。

解決方法は?

ポップコーンを食べたい時は、無農薬コーンと植物油を使って家庭で手作りしてみましょう。経済的で作るのもとても簡単です。 

ドライミート

ビーフジャーキーなどのドライミートは、ここ数年、タンパク質を多く含むためヘルシーな軽食として人気があります。しかし、ハムやソーセージなどを発色させたり、何カ月もの間新鮮に見えるように亜硝酸塩が含まれていることが多いです。亜硝酸塩は、ガンを誘発する可能性があり、人体に有害な物資であると考えられています。

解決法は?

ドライミートは避けて、新鮮な肉を食べるようにしましょう。

缶詰め

発がん性物質が含まれる食品

多くの研究によって、缶詰め製品の缶の内側にあるビスフェノール-ABPA)と呼ばれる合成物に、発ガン性があることが明らかになりました。しかし、今のところ缶詰めの中にガンの一因となるだけのBPAが十分含まれているのか、またBPA自体が食物に取りこまれるのかどうかについて、一致した意見はありません。

解決法は?

缶詰めの消費を控え、BPAフリーの表示のある製品を購入するようにしましょう。

こちらもご覧ください:
発がん性の可能性がある食べ物を/知ろう

遺伝子組み換え食品

遺伝子組み換え食品は、栽培中に枯葉剤や殺虫剤を使用するために遺伝子レベルで操作され、製品の品質に影響を及ぼしていますが、それを知らない消費者も多いのが実情です。これらの食品で見つかる化学合成物は、ガンや他の病気と関連があります。

解決法は?

できるだけ自然食品を買いましょう。また、外国から輸入される農作物の中には、遺伝子組み換えによる作物など、どうやってつくられているか分からないものもあるので、身近なところで生産されたもの(地産)を食べる「地産地消」を心がけて下さい。

炭酸飲料

コーラ

暑くて喉が渇いている時、炭酸飲料を飲むとすっきりリフレッシュします。しかし、炭酸飲料には多くの砂糖が含まれています。さらにはガンと関連した化学添加物を含んでいて、健康的な飲み物ではありません。コーラ飲料を特徴的な茶色にするメチルイミダゾール(4-MI)という物質は、癌と関係していたことも分かっています。また、炭酸飲料にはガン細胞に栄養を与えるフルクトース・コーンシロップも含まれています。

解決法は?

炭酸飲料を避けて、代わりに水やフレッシュジュースを選びましょう。

「○○ライト」やダイエット食品

多くの人が「○○ライト」のような表示の食品を摂ることは、健康でバランスの良い食事に役立つと信じています。残念なことに、これらの食品はただ砂糖や脂肪が少ないだけで、体重減少には貢献しないというのが真実です。また、がんのリスクを高める人口甘味料のような物質も含まれています。

解決法は?

野菜や果物、穀物など積極的に摂り入れ健康的な食生活を心がけましょう。

ご存知でしたか?:
がんを防ぐ22の食品

スナック

揚げ物

空腹で何か食べたい時に軽食をとることは、よくあります。しかし、スーパーやお店で売られている揚げ物には、高温の油調理によって生じる発がん性化合物が含まれています。

この化合物はグリシドアミドと呼ばれ、食品中の化学物質であるアクリルアミドの代謝産物であり、高熱の油調理することで産生されます。.

解決法は?

お腹が空いた時は、揚げ物ではなく果物など健康的な食品を摂りましょう。