がんを予防する野菜

· 11月 23, 2015
健康的でバランスの取れた食事は重要です。赤身の肉を多くとる人には、すい臓がん、前立腺がん、乳がんおよび腎臓がんの発症がみられます。

がんは、世界においても死亡の主要因であり、遺伝的要素、ホルモン変動をはじめ、タバコやアルコールの摂取、栄養失調さらに精神的なことも含む多くの要因によって引き起こされると考えられています。

がんは、正常に機能しない細胞が異常増殖することによって引き起こされますが、がん細胞の異常増殖が臓器や器官の働きに影響を与え、身体の機能に異常をもたらします。

何百万という研究者が、がんの治療法を研究し、日々新しい治療方法が生み出されています。

研究によると、良好な栄養状態はがんの進行、予防と治療に大いに関係し、特定の食品にはがんの治療に役立つ自然な特性があることが明らかになっています。

その中でも、ビタミン、ミネラル、抗酸化物質および他にも有益な要素が豊富な野菜品は、抗がん作用があるとして大きく期待されています。

抗がん作用があるかどうかという点を除いても、とても健康的な野菜ですので、積極的に毎日の食事に取り入れてください。

ニンジン

ニンジンには、強力な抗酸化物質だけでなく、細胞の再生を支えるベータカロチンとカロテノイドが凝縮されているため、がんの予防に効果がある野菜として期待されています。

こちらもご参考に:人参の素晴らしい健康効果

トマト

2-トマト

生のトマトに含まれるリコピンには、その赤色色素の元であるカロチンが、前立腺がんを防ぐ助けとなる強力な特性をもつことが証明されています。

また、トマトはビタミンA、C、Eが豊富に含まれているため、その抗酸化物質の数値の高さががんの予防効果があると期待される理由の一つです。

赤ピーマン

赤ピーマンは、ベータカロチン、カプサイシン、リコピンという豊富な栄養素が含まれ、また赤ピーマンに含まれるビタミンAとCは、他の自然要素と組み合わせたときに強力な抗酸化物質を作り出すため、がんの発症を予防する効果があると期待されています。

ビーツ

フラボノイドとベタニンを含む赤ビーツは、抗がん野菜の代表選手でしょう。

多くの研究によると、ビーツはトマト、タマネギ、キュウリなどの野菜と組み合わせると、がんや心血管疾患の予防、体の器官の浄化にも役立ちます。

こちらもご覧ください:ビーツをもっと食べるべき3つの理由

ナス

ナスで減量

ナスは他の紫色系の野菜と同じように、高濃度な抗酸化物質であるビタミンACE、および繊維やセレンを含んでいるため、がんの予防として取り入れたい食品です。

ニンニクとタマネギ

ニンニクと玉ねぎは、、健康のためにいいものとして広く知られていますが、その抗菌性、さらに免疫促進と天然洗浄作用にも注目されています。

いずれも、硫黄を含む要素であるアリシンが豊富で、血液や組織中に蓄積してがんを引き起こす可能性がある有害物質を取り除き、自然に肝臓を浄化する効果が期待できます。

キャベツ

キャベツ(ブロッコリーや芽キャベツも含む)、カリフラワー、大根とクレソンといった野菜は、フラボノイド、グルコシノレートさらに重硫酸塩などの植物化合物を含みます。

その作用は免疫システムを強化し、器官内の化学物質であるフリーラジカルを除去し、細胞を保護します。。

健康的な習慣でがん予防

これまでご紹介してきた野菜たちは、抗発がん性食品として知られています。

研究によると、その主な性質は私たちの体を守り、細胞変性や既存のがん細胞と戦い、体の防御力を活性化し、健康全体を保つ助けとなることが示されています。

しかし、「抗がん」をかかげているからといって、奇跡の治療法であるとい意味ではありません

野菜を食べるからがんを完全に予防できるという意味ではなく、心身の健康を保つのに欠かせない豊富な野菜を毎日の食生活に取り入れることで、健康的なライフスタイルを維持することができます・

その結果、がんを予防する効果が高まります。

栄養価の高い食品をとる

普段の食事では、葉ものや野菜、豆類、良質なでんぷん質を取ることを心がければ、がんを発症する危険性が減ることは証明されています。

運動

大臀筋エクササイズ2

運動は、がんを防ぐために進んで取り組みたい健康的な習慣です。体重管理やがんのリスクとなる心血管疾患や他の症状を防ぐこともできます。

赤身肉の摂取量を考える

赤身の肉を大量にとる人は、すい臓、前立腺、腎臓のがんに乳がんも引き起こすリスクを高めることが分かってきています。