ガン腫瘍ワクチンの開発に関する科学の進歩

本記事では、ガン腫瘍ワクチンの開発がどこまで進んでいるのかを、様々な研究によって明らかになった情報とともにご紹介します。

人間の長い歴史のなかで、死に至るとされてきたガンという疾患の治癒方法を見つけるために様々なガン研究が続けられています。

ガンとは、生命プログラミングに適応することができないものの破滅には至らない、不均衡な異常細胞を産生する疾患だとガンの専門家は定義しています。

ガンのワクチンとは?

ガンのワクチン

ガン研究において、全体的に見ると多くの医学的進歩がありました。ガンに打ち勝ち生きるために頑張っている患者に希望を与える発見と進歩が毎年見られます。

まず第一に、ガンの種類を知り、ガンの進行や体への影響を特定することで、近年ではより効果的になっている様々な治療法を発見するのに役立ちました。

これらの進歩の中で、ガン腫瘍のワクチンという形で作用する薬物の開発を希望を見いだすことができます。「ワクチン」と言っても一般的なワクチンとは異なりますが、使用目的は似ています。

アメリカのカリフォルニア州にあるスタンフォード大学医学部の研究者は、事前にガン細胞を接種したマウスに対してこの開発中のワクチンを試しました。そしてその結果、ガン腫瘍の破壊およびガンの転移がなくなったことを示しました。

素晴らしい発見です!

ガン腫瘍向けのワクチンはどのように機能しますか?

ガン腫瘍

ワクチンはガン腫瘍に直接入り、内部から腫瘍を破壊しながら異常細胞の再生を停止する免疫防御を活性化するのを助けます。

このワクチンの組成は、2つの薬剤に対応します:

  • CpG:DNAの断片
  • OX40:免疫タンパク質細胞に対する抗体

このワクチンを接種した90匹のマウスのうち、87匹のガンを根絶するのに役立ちました。 さらに、腫瘍が再発した3匹にも2回目の投与により根絶できました。

スタンフォード大学の研究者であるロナルド・レビィ氏は、このマウスを使った研究で得られた結果を肯定的そして楽観的に捉えることができると表明しています。大部分のマウスの腫瘍は消失ましたが、これは乳癌、黒色腫およびリンパ管ガンへの投与でした。

ワクチンの人間への効果

人間への効果

非常に良い研究結果が現れたこのワクチンですが、現在はまだ動物実験の段階であり、人間の患者に投与されたことはありません。

しかし、化学療法のような強く積極的なガン治療と比較しても非常に効果が高くなるだろうと予想されています。

これらの研究による研究者の推論をご紹介します:

  • ワクチンの使用により、従来のガンの治療で発生する副作用を最小限に抑えることができます。
  • 効果がすぐに現れます。マウスの実験では投与から10日後に結果が現れました。
  • 料金の面でも誰にでも手が届く価格になると予想されています。
  • 腫瘍を攻撃するだけでなく、T細胞(免疫細胞)が他の悪性細胞を探すなど、広い範囲に効果を発揮します。

ただし、それぞれの治療の有効性は個々の症例に依存している段階です。

このワクチンという新しい選択肢が人間に適用される許可がおりる日を、多くの人が待っています。

前述のレビィ氏が所属する研究所は、すでにリツキシマブ(Rituximab)という、ヒトの癌性腫瘍の治療としての使用が認可された抗ヒトCD20ヒト・マウスキメラ抗体からなるモノクローナル抗体の許可を得ていることを最後に強調しなければなりません。

ガン治療の見通しはとても良いです!

カテゴリ: 好奇心 タグ:
あなたへおすすめ