癌と闘う為に使われる薬草

7月 3, 2015

薬草は、様々な病と闘う為に何世紀にも渡って使用されており、現在も未だに完治できない癌の様な病気にも使われています。

皆さんご承知のように、とても深刻な病気に対して大いに役立ち、私たちを助けてくれるハーブは沢山あります。これらの多くは、科学者によって研究され、多くの症例でその効果が証明されています。これら代替療法のいずれかで、様々な癌の完治が出来るかは誰にも分かりませんが、これらのハーブを基本とした療法は、この様な症状の軽減に役立ち、患者の生活の質を改善してくれるのではないでしょうか。

薬草を基本とした自然療法を始める際には、現在行っている医療治療を止めずに、自然療法は、従来の治療と並行して行わなければいけません。通常行われる医療治療と自然療法は同行すると、頭に刻んでおいて下さい。そうでないとあなたの健康、生活を危険にさらすことになるかもしれないからです。また、煎じ茶による自然療法を開始する前には、かかりつけの医師に許可を得るようにしましょう。

以下に最もよく使われる薬草を挙げてみます。

ムラサキバレンギク属

・緑茶

・生姜

セイヨウオトギリソウ

生姜の根

 

薬草の煎じ茶は、自宅で作って飲むようにしましょう。これらの薬草は、局所使用の為のクリームや軟膏、また、カプセルか錠剤での購入も出来ます。

 

癌に勧められる薬草の種類

ウコン

抗菌剤、及び抗炎症の特性があることで知られています。結腸癌治療に役立ち、様々なタイプのポリープにも効きます。また、肝臓に良い抗酸化剤も含んでいます。

ムラサキバレンギク属

自己免疫系を高めるとても素晴らしい薬草で、風邪の予防と治療に使われます。脳腫瘍の癌細胞の成長をコントロールするのに役立ちます。

ヨモギ

アンチマクロビオティック、抗真菌のハーブで、白血病患者に使用されます。最近の研究では、抗発がん性があるとされています。

ナツシロギク

この植物もまた、白血病患者における癌細胞増殖の抑制で大いに役立ちます。

メギ

メギと呼ばれるこれらの種は、癌、特に卵巣がん治療に非常に強力である結果が出ています。

低木オーク

免疫力を高める治療に使われています。また、腫瘍の大きさを縮小させることによって、転移することを防ぎます。抗菌、抗酸化の特性もあります。

 

忘れないで。。。

既にお話したように、世界中のどんな科学者からも、薬草の決定的な治療効果は証明されていません。ただ、私たちがお約束できるのは、ある種の薬草が、従来の治療と組み合わせることによって、どんな種類の癌に於いても改善と縮小効果を得るのに役立つという事です。

これら薬草の多くは、癌というストレスをコントロールするのにも役立ち、一般的な代替療法の施行は、体全体の健康を改善します。これは、精神的な効果もあるという意味です。病気の予防やその治療の際に、勧められた療法やその他のアドバイスなどに耳を傾けるようにしてみましょう。健康を保つ、健康な状態に近づくのに、どういった方法があるのか知っておくことはとても大切なことです。

あなたへおすすめ