緑茶を飲むことによる6つの貴重なメリットとは?

· 4月 24, 2018

緑茶は、私たちの健康に多くの恩恵をもたらしますが、睡眠障害と緊張をもたらす可能性があるため、推奨されている一日の摂取量である3杯までに抑えることが重要です。

 緑茶は、適量を飲む限り、心臓発作および心不全のリスクを下げます。日本人にはおなじみの緑茶ですが、その痩身効果により世界中で人気となり、今ではもっともポピュラーな飲み物の一つとして普及しています。必須栄養素が含まれていることから、特定の病気に対する薬効のある補助飲料として、その価値が認められています。

こちらもお読みください: 女性のための心臓発作の防ぎ方

2.肥満を撃退する

体重過多あるいは肥満に苦しむ人たちにとって、食事に緑茶を摂り入れることは、多くの恩恵を得ることが出来ます。

  • 緑茶の成分は、心臓病のリスクを軽減するだけでなく、過度の体脂肪を減らすことにも貢献します。
  • 緑茶に含まれるカテキンは、カロリーを燃焼させる能力を向上させて、身体に有益に作用します。
  • さらに、極めて満足感をもたらしますから、必要以上に食べてしまうことを防ぎます。
  • そのデトックス成分が、血液中の脂肪を減らすプロセスを阻害する毒素の除去を助けます。
  • また、利尿作用がありますので、体重過多に影響する体液の停滞を緩和する解決策です。

3.天然の便秘薬として作用する

おなかに手をあてる

慢性の便秘症の方、あるいは消化に時間がかかる方は、定期的に緑茶を飲むことで、問題を解消できます。

その穏やかな緩下作用によって排便を促して、腸にとどまっている老廃物の排泄をしてくれます。

また、腹部炎症をも撃退し、消化不良、ガス、その他一般的な消化問題の解消を促します。

4.血糖値を調整する

緑茶が健全な新陳代謝を促進するということは、高血糖値に対する自然な解消法ということにもなります。

その栄養素は、身体のエネルギー源である炭水化物の適度な吸収を促します。

炭水化物が適度に吸収されなければ、糖分の上昇の原因となります。

また、インシュリンが体に用いられる方法を改善するのにも有益なのです。これは、糖尿病を防ぐカギです。

5.肝臓の健康を保護する

心臓

普段の食生活に緑茶を摂り入れる習慣は、肝臓をデトックスし、そして、慢性病を予防するのに、シンプルかつ効果的な方法です。

  • その抗酸化成分は、毒素を分解および除去するのを助けます。その後、毒素は、この内臓によって濾過されます。
  • 緑茶の成分である、EGCGは、アルコールおよびタバコによるダメージを最小限に食い止めることによって、癌と脂肪肝のリスクを軽減します。
  • 炎症を軽減し、脂肪の適切な消化を可能にする胆汁の生成プロセスをサポートします。

こちらの記事をお奨めします:私の肝臓、働きすぎ?/注意すべきが毒素肝臓疲労の7つの兆候 

6.早期老化を防ぐ

抗酸化物質、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれていることから、緑茶は、細胞の早期老化のリスクを軽減するベストな味方の一人とみなされています。

  • これは、お肌のシワと老化の兆候を防ぐことを意味するだけではなく、加齢に関わる病気から内臓を保護することをも意味します。
  • フラボノイドとビタミンEは、細胞の再生をサポートし、酸化ストレスのネガティブな影響を最小限にとどめます。
  • 神経系と脳の健康を維持する良き味方であり、神経変性の疾患のリスクを軽減します。

緑茶はこうしたメリットを提供してくれますが、その摂取量は適量であるべきだということを、心に留めておいてください。なぜなら、推奨されている一日の摂取量(3杯)を超えると、ネガティブな作用が起こりうるからです。

カフェインが含まれていることを考慮すると、多量の摂取は、睡眠障害を誘発する可能性があります。

緑茶を医薬品あるいはアルコール飲料と混ぜることは、避けましょう。