無視してしまいがちなガンの兆候8つ

· 11月 30, 2017
ガンは深刻な病気ですが、早期発見すれば治すことができます。

ガンには多くの人が無視してしまいがちな一般的な症状がたくさんあることをご存知でしたか?

だからこそ、自分の体に耳を傾けることがとても大切なのです。体の状態によく注意することは、手遅れになる前に発見するための唯一の方法です。

よくある体の不調だろうと軽視してしまいがちな症状は実はたくさんあります。

これらのサインによく注意していれば、さらに大きな問題を回避できるかもしれません。

咳やいびきが止まらない

咳やいびきが止まらずに続いているようなら、単に風邪が長引いているのかもしれません。ところがここで気を付けたいのが、これがもっと深刻な問題のサインであるかもしれないということです。

  • しつこい咳やいびきにお悩みなら、受診すべきかもしれません。
  • たいていの場合は大きな問題ではないのですが、喉頭ガンや肺ガンの可能性もあります。
  • 喫煙者かどうかにかかわらず、この症状が長引くようなら医師の診断を受けましょう。

慢性的な疲労感

疲れた男性

慢性疲労はもしかすると鉄分不足のせいかもしれませんが、深刻な病気のサインである可能性もあります。

極度の疲労感がずっと続いているならガンの症状かもしれません。放っておかずに、すぐに医師の診断を受けましょう。

極度の疲労感は白血病、つまり血液のガンの一般的な症状の一つです。

こちらもご覧ください。:
ニトロソアミンを含む食品は潜在的な発ガン性食品である

月経期間外の出血

もし通常の月経周期でないときに出血があるなら、すぐに医師の診断を受けましょう。

子宮ガンのサインであることがあります。また、便に出血がみられるなら、大腸ガンである可能性があります。

皮膚の変化

頬のシミ

ほくろやあざは誰にでもあるものですが、もし新しいものができて、その形や大きさや色が変わるようならば、皮膚科を受診しましょう。

皮膚ガンかどうか検査してもらえるでしょう。

ご存知でしたか?:
食生活に取り入れるべきガンに効く果物と野菜7選

膀胱の変化

膀胱に変化があり、その症状が続くようなら、膀胱ガンや腎臓ガンの可能性があります。排尿の習慣に変化があったならば、なにか不調があるのかもしれません。

出血がみられる場合は、尿路に腫瘍があるなど、なにか良くないことのサインでしょう。すぐに医師の診断を受け、症状について相談してみましょう。

しこりができた

女性の胸部

身体に小さなしこりができても、吹き出物と勘違いしてしまうことがあります。ところが、他のものである可能性もあるので注意が必要です。

ガンの中には皮膚を通して触れることのできるものがあります。

しこりのようなものが現れたら、ガンのサインであることもあります。良性の場合もあれば、皮膚組織にガン性の変化があらわれていることもあります。医師の診断を受けて検査することが最善の方法でしょう。

特別な理由もなく体重が減少する

6、7キロ以上体重が減り、その説明がつかないのならば、ガンのサインかもしれません。膵臓、腸、食道、肺のガンに一般的な特徴です。

骨盤の痛み

骨盤の痛みはとても辛いもので、炎症を伴うことがよくあります。これはさまざまな病気の症状ではありますが、ガンの可能性もあるので注意が必要です。

骨盤の痛みは、卵巣の腫瘍が原因であることもあれば、女性器のガンが原因となることもあります。なるべく早く診断を受けて検査してもらいましょう。

  • Weis, J., & Horneber, M. (2015). Cancer-related fatigue. Cancer-Related Fatigue. https://doi.org/10.1007/978-1-907673-76-4
  • Behl, D., & Jatoi, A. (2007). Pharmacological options for advanced cancer patients with loss of appetite and weight. Expert Opinion on Pharmacotherapy. https://doi.org/10.1517/14656566.8.8.1085
  • MacArthur, C., & Smith, A. (1983). The symptom presentation of breast cancer: Is pain a sympton? Journal of Public Health (United Kingdom). https://doi.org/10.1093/oxfordjournals.pubmed.a043618
  • National Comprehensive Cancer Network. (2003). Cancer-related fatigue. Clinical practice guidelines in oncology. Journal of the National Comprehensive Cancer Network : JNCCN. https://doi.org/10.3290/j.qi.a33989