便秘を防ぐ5つのスムージー

· 11月 20, 2015
フルーツの食物繊維のほとんどは皮に含まれています。ですから、できる限りオーガニックスムージーに果物の皮を加えましょう。

便秘を予防する自然療法はたくさんありますが、最も簡単で楽しんでできる方法の一つは、腸機能を促進する食べ物を選び、毎日それらを食べることです。この記事では、腸機能を改善し便秘を予防する、いつでも飲むことができる美味しいスムージーを紹介します。

スムージーはジュースよりも良い

ナチュラルなジュースやスムージーは、ビタミンやミネラルをたくさん供給する非常にヘルシーな飲み物ですが、便秘の予防にはスムージーを選びましょう。なぜなら、搾ってジュースにする過程で失われるフルーツの食物繊維がスムージーには含まれているためです。

これがまさに、スムージーがお腹をふくらませる理由で、朝食や軽食として飲むことができます。砂糖や精製小麦粉の過剰摂取を防ぐ、美味しくてヘルシーな方法です。

こちらもご参考に:
筋肉疲労を克服する5つのスムージー

蜂蜜で甘味を

はちみつ

スムージーを少し甘くする必要がある場合、健康に有毒な白砂糖ではなく、排泄促進の特性を持つ天然甘味料である、アカシアはちみつを使いましょう。手に入らなければ、自然の果物や穀物から作られた、他のはちみつや糖蜜を選びましょう。

ケフィアとプルーン

チアスムージー

ケフィアは、通常のヨーグルトのすべての利点に加え、さらなる利点を持つ発酵ヨーグルトです。ラクトースが少なく、善玉腸内細菌を増やすので、消化が良いです。スーパーマーケットで買ってもいいですし、発酵乳を使用して自分で作ることもできます。

プルーンは、カルシウムが豊富で骨粗しょう症を予防すると共に、 食物繊維を多く含み、便秘予防の最高の食品の一つとして、何世紀にも渡ってよく知られています。 可能なら、前日の晩に水に浸しておいてください。

オート麦とデーツ(ナツメヤシ

便秘を引き起こす可能性があるライスミルクとは異なり、 オート麦のミルクは健全な腸の動きを促進する食物繊維の一種である粘液が豊富です。このスムージーには、オート麦ベースのミルクか、数時間水に浸したオートミール大さじ1杯を使います。

デーツは、他のドライフルーツのように、食物繊維を多く含んでおり、多くのエネルギーを供給するので、朝のスムージーに最適です。オート麦がクリーミーな食感を作り、デーツが甘味を加えます。

ご存知でしたか?:
1週間分のカラフルスムージーのレシピ

りんごとキウイ

りんごは便秘と下痢両方の予防のために使われます。 その秘密は、果実の食物繊維のほとんどが含まれている皮です。皮を使用する場合、無農薬の有機リンゴを選んでくださいスムージーには生のリンゴ使用するか、味をさらに引き出すために調理してください。キウイは、排泄促進のために空腹時に食べると効果的です。

ヨーグルトとイチジク

バナナスムージー

ケフィアを見つけることができない場合ケフィアほど多く良い酵素が含まれていませんが、ヨーグルトは良い代替物です。甘味料、糖、人工着色料や香料が添加されていない、可能な限りナチュラルなヨーグルトを見つけるようにしてください。生でも乾燥でも、イチジクは食物繊維が多く、スムージーに自然な甘さを加えます

ヘーゼルナッツとフラックスシード(亜麻仁

お好みで、食物繊維が多いナッツやシード類を、植物ベースのミルクに加えましょう。ヘーゼルナッツはまた、血糖値を調節するのに役立ちますダイエット用食料品店で、粉末ココアと良く合う、優れた風味を持つヘーゼルナッツミルクを見つけることもできるでしょう。一方、 ラックスシードは、粘液を放出するために一晩水に浸しましょう。浸した水をスムージーに加えることもできます。スムージーには、ナッツ一握りとフラックスシード小さじ1杯を加えましょう。