疲労に勝つ

7月 31, 2015

一年の特定の時期になると、普段よりも疲れを感じて、日常活動がつらく感じられることがあります。具体的な原因が分かることもあれば、原因が良く分からないこともあります。この記事では、活力をよみがえらせてくれる自然療法と補助食品について紹介していきます。

しっかり休んでいますか?

疲れを感じる理由の一つに、夜しっかり休めていない可能性があげられます。ここで重要なのが、昼夜逆転ではなく、太陽時に合わせて眠ることです。生体リズムは、体の回復の基盤です。中国医療によると、肝臓、胆のう、腸といった臓器は明け方に再生されると考えられています。そのため、この時間帯に起きていたり仕事をしていたりすると、正しい休養をとって体を回復することができません。

また、よく休むためには、夕食を食べすぎない、もしくは遅すぎる夕食を避けることが大切です。早めに夕食をとるようにし、夜寝る前に小腹がすいたと思ったら、軽い物を少し食べる分には問題ありません。

最後に、寝室が心地よい眠りを与えてくれるものかどうか観察してみましょう。温度はちょうどいいか、明るすぎないか、寝る前に電子機器のスイッチはちゃんと切ってあって、コンセントが抜いてあるかなどを確認します。

しっかり朝食をとることから始める

多くの人が、朝何も食べずに一日を始めます。しかし、体が疲労のサインを出しているなら、一日の始まりからしっかりと食事することを忘れてはいけません。

朝起きたら、朝食の前にコップ一杯のぬるま湯にレモン半分を絞ったものを飲みます。夜寝ている間の絶食後にこれを飲むことで、体をきれいにしてくれます。

その30分後に次のようなものを含んだ朝食をとりましょう:

・生の果物、もしくはドライフルーツ

・全粒の穀物類:オーツ麦、雑穀、麦やコーン粒そのままの物、コーンフレーク、パンなど

・たんぱく質:ナッツ類、チーズ、ヨーグルト、卵

この記事では、エネルギーを与えてくれるだけでなく、体重を落とすのに効果がある朝食の例を紹介していきます。

 

crema-budwig-chinkerfly1生の食材を使った食事

もしエネルギッシュになりたい場合は、ビタミンとミネラルを豊富に含んだ生の食材を、毎日の食事に取り入れていくべきです。フレッシュフルーツジュース、スムージー、様々なサラダなどを食べましょう。

また、栄養価の非常に高い、種子類や豆類の芽を出したものを利用することもできます。お店で買うこともできますが、種子類を数日間湿らせて根を出せば、自分で用意することもできます。根が出たら、サラダに加えたり、オムレツに入れたり、料理の付け合せとして利用できます。

 

abokadosarada活力を与えるサプリ

活力を得るためにサプリを選ぶ際に注意したいのが、多くの商品が言わば「刺激」剤で、一時的には疲れを取ってくれるように感じられますが、実際は疲れの原因を改善してくれるわけではない、ということです。逆に、神経系を刺激することなく、その栄養価によってエネルギーを与えてくれるものもあります。以下のようなものです:

蜂花粉(ビーポーレン):蜂花粉は栄養価が非常に高く、血圧を少し上げ、食欲がない時にも効果的です。体にきちんと吸収させるため、すり潰してから使いましょう。

蜂蜜:蜂蜜も非常に優れた活力剤ですが、シナモンと混ぜると特に効果的です。このコンビネーションは、おいしいのはもちろんのこと、免疫力を高めて活力を与えてくれます。

スピルリナ:その薬用効果から、近年特に注目されている藻の一種です。毎日の食事に取り入れましょう。

オーツ:活力剤としても優れていることながら、神経系のバランスを整えることから、落ち込んだり鬱になりやすい人の助けにもなる穀物です。

マカ:マカの根は強力な活力剤であると同時に、ホルモンのバランスを整え、性欲増強にも効果があります。神経が高ぶる人もいるため、初めての人は少量から始めましょう。

小麦胚芽ビタミンとミネラルに優れた栄養補助食品です。毎朝スプーン一杯分をとるようにしましょう。

ノニ:リラックス効果があると同時に、疲労とも戦ってくれます。

ビール酵母:ミネラル補給に優れた補助食品であると同時に、肌、髪、爪の健康も改善してくれます。

 

画像提供:Chinkerfly, Blue moon in her eyes

 

 

あなたへおすすめ