ダークチョコレートが体に与える/良い影響

· 11月 14, 2015
ダークチョコレートには様々な効能があるのですが、特に気持ちを明るくし、憂鬱な気持ちを楽にしてくれることで知られています。体がセロトニンを生成しリラックスするのを助けてくれるのです。

ダークチョコレートはそのより香りと美味しさから、世界中で最も人気のある食べ物のひとつですが、心身の健康に対し優れた効能があるのです。

チョコレートの効能を知らない人や“チョコレートは太る”と信じている人は、チョコレートを食べると罪悪感を覚えることがあるかもしれません。しかし、大きな袋入りをむしゃむしゃ食べるのではなく、ダークチョコレートを一日に少量食べるのであれば罪悪感を感じる必要などなく、むしろ体には良い影響が与えられるのです。 

ダークチョコレートを食べると体に何が起こる?

ダークチョコレートは抗酸化作用に優れていますので、活性酸素の蓄積や細胞の老化を予防する食べ物のひとつとして知られています。これはとても大切な作用です。なぜなら健康を害する有害物質が体の中に蓄積されるのを防いでくれるからです。また、細胞を若く保ちますのでスキンケアの一環としてチョコレートを取り入れることがよくあります。

ダークチョコレートを食べるとすぐ体にエネルギーがみなぎり、毎日の活動に対する集中力が高まるでしょう。

ダークチョコレートには抗酸化作用もあります。

ダークチョコレートが体に与える/良い影響

ダークチョコレートを食べた後は、気分が良くなり憂鬱な気分が消えていくことに気付くのではないでしょうか。ダークチョコレートには幸福感を引き起こすアナンダミドという物質が含まれているからです。

こちらの記事もご参考に:気分を改善し鬱と闘うのに役立つ食べ物10選

ダークチョコレートには体のセロトニン生成を促す作用がありますので、ストレスや不安を感じる時、落ち込んでいる時に食べると、チョコレートが天然の鎮痛作用の働きをし、リラックスした状態へと導きます

ダークチョコレートにはフラボノイドが多く含まれています。フラボノイドは抗酸化剤ですので、有害な紫外線からの肌を守る働きをします(日焼け止めクリームの様に肌の外側を保護することはできませんが、日差しによって受ける肌細胞への衝撃を軽減します)。

ダークチョコレートを食べるとよいその他の理由

上記に挙げた以外にも、毎日ダークチョコレートを適量食べることによる効能は下の様なものです。

  • 疲労感を和らげてくれる
  • 余分なカロリーを摂取せず満腹感が得られる
  • DNAの修復、新しい細胞の生成、筋肉のリラックスを助けるマグネシウムが豊富
  • 血流を整え、心臓の疾患や静脈瘤を防ぐ
  • 含まれているカルシウムは、爪や歯に良いだけでなく、骨粗鬆症などの病気を防ぐのに役立つ
  • 含まれている亜鉛は貧血の予防に効果がある
  • リン、カルシウム、天然の抗生物質が多く含まれているので関節や腱を健康に保つ働きがある
  • フラボノイドが豊富に含まれている
  • 結腸がん高コレステロールから起こる病気、その他慢性の病気を予防する可能性がある。
  • 健康的な脂肪分が神経系の機能全体を改善し、中性脂肪値が高くならないよう予防する
  • ダークチョコレートに含まれているテオブロミンは咳の原因となる喉の神経活動を落ち着かせる

こちらの記事もご参考に:チョコレートの驚くべき効能

ダークチョコレートをヘルシーに食べる方法とは?

ダークチョコレートが体に与える/良い影響

ダークチョコレートの効能を100%利用しましょう。商品を選ぶ際はよく見てできればよりダークなもの、ブラックを選ぶ方がよいでしょう。苦く感じられ、ミルクチョコレートほどおいしくないかもしれませんが、より大きな効果が得られます。苦手な方はセミスイートチョコレートを選んでも構いません。ダークチョコレートよりも苦くないですし、使用されている砂糖の量は一般的なミルクチョコレートよりは少ないからです。

出来る限りダークチョコレートを選び、適量を消費することを守ってください。今日、様々な種類のチョコレートが市場で売られていますが、美味しいと感じるだけでダークチョコレートの持つ効能が期待できないものもありますし、おそらく体に良くない原材料が含まれているものもあります。

摂取量は個々の食生活や運動量にもよりますが、糖尿病や体重過多の方はダークチョコレートを食生活に取り入れる前に、まず一度主治医に相談してください。