貧血を自然に緩和する7つの食品

· 9月 24, 2017
卵は貧血の症状を改善するだけではなく、髪や爪を強化する働きがあるのをご存知ですか? 卵を食べる時オレンジジュースを一緒に飲むと栄養の吸収が高まります。

貧血とは血液中の赤血球値が極端に少なく、ヘモグロビン濃度が低い状態を指しますが、鉄分の欠乏、葉酸またはビタミンB12の欠乏が原因であることがほとんどです。

全世代の人に見られる一般的な症状ですが、特に女性や子供が貧血になりやすいと言われています。

貧血の人は疲れやすく、高血圧、感染症、または記憶障害を発症しやすい傾向がありますが、幸いにも貧血の症状は、食生活を改善して摂取する栄養素に注意を払うことで、自然に解消することができます。

今回は貧血症の症状を改善する7つの素晴らしい食品をご紹介します。

1. ほうれん草

低カロリーで栄養価の高いほうれん草は、貧血に効果のある食品の中でも一番にご紹介する価値があります。

ほうれん草に含まれるビタミンAとビタミンB群はどちらも免疫システムを強化して疲労を撃退する働きがあります。

また、鉄分、亜鉛、カルシウムが豊富に含まれるほうれん草は、ヘモグロビンの生成を促進しながら血液循環を改善することで、各組織への酸素供給量が向上します。

1日に少なくとも半カップ(75g)のほうれん草を食べることで、1日に必要な鉄分の20%を補給することができます。

2. オーツ麦

鉄分、ビタミン、抗酸化物質などを豊富に含むオーツ麦は貧血の症状を改善するのに高い効果を発揮します。

オーツ麦に含まれる豊富な栄養素が、酸素や栄養素が体内に運ばれるのをサポートするため、心身機能の低下を防ぎます。

貧血の症状が改善されるまで、1日に大さじ2−3杯(20−30g)のオーツ麦を摂取してください。

3. 卵

卵を日常的に摂取することで、体内を活性化させます。

卵には必須アミノ酸とミネラルが含まれており、これらはヘモグロビンや抗体の生成をサポートします。

慢性の貧血症を緩和するだけではなく、弱くなった髪や爪を強化する働きがあります。

  • 毎日の食事、できれば朝食に卵を食べましょう。
  • 卵を食べる時オレンジジュースを一緒に飲むとより効果的に体内に吸収されます。

4. レンズ豆

レンズ豆は貧血症の人におすすめな豆類の一つで、赤血球の生成と血液循環を促進する鉄分が含まれています。

またタンパク質と抗酸化物質が含まれているため、栄養不足による細胞の劣化を予防します。

5. 全粒粉のパン

全粒穀物でできた食品は、貧血による疲労などを改善するのに高い効果を発揮します。また炭水化物は、心身の機能を向上させ、体内組織や細胞のエネルギーを補給する食品です。

全粒穀物には少量の鉄分が含まれているため、他の食品と組み合わせることで、貧血の症状を改善します。

朝食には脂肪分の少ない肉類、アボカド、そして果物と一緒に全粒粉のパンを食べてください。

6. レバー

貧血症の改善に効果を発揮する牛のレバーは食事に取り入れたい食品の一つです。

レバーに含まれる鉄分は体内での吸収が良いため、貧血への即効性が期待できます。週に2回レバーを食べて下さい。

7. ザクロ

ザクロには多くの鉄分が含まれているわけではありませんが、食事に加えることで貧血の症状を緩和する働きがあります。

ザクロには食物繊維、カリウム、そして多くのミネラルが含まれており、これらの栄養素が一緒に働くことで、血液循環を促進し、細胞への酸素の供給を改善します。

適量を食べることでエネルギーを向上させ、ヘモグロビン値のバランスを保ちます。

1日に1片をそのまま、またはジュースにして飲んでください。

貧血と診断された方は、必ず医師の指導のもとで治療を行いながら、今回ご紹介した食品を毎日の食事に加えてください。