正常なヘモグロビン値をキープするために最適な6つの食べ物

11 1月, 2019
 

正常なヘモグロビン値を保つことは、その数値が著しく高いまたは低い場合をのぞいて、比較的簡単に食べ物に気をつけることで達成できます。

例えば、あなたは階段を登っていて、異常な疲れを感じたとします。そして、理由もなく、心臓が激しく高鳴っていることに気づきます。怖くなって病院に行くと、幸いにもそれは深刻な症状ではないということがわかりました。医者には、「あなたのヘモグロビン値が低いことからおこる、ただの貧血です。」と言われました。

ホッとして安堵のため息をつき、診察室を後にしたあなたは、疑問に思います。「ヘモグロビン値を正常に戻すにはどうすればいいんだろう?」

この状況は、一般的によく起こりえることです。

正常なヘモグロビン値にするためのベストな方法は、食べ物に気をつけることです。この記事では、いくつかの最適な食べものをご紹介します。

正常なヘモグロビン値にするために食べたほうがいいもの

1、レバー

レバー、フィンガーフード

レバーには鉄分が豊富に含まれており、正常なヘモグロビン値を得るために必要不可欠な食材であると言えます。しかし、レバーと聞いて、あまり気が進まない人も多いかもしれません。

 

でも、ぜひ一度試してみてください。レバーは、ヘモグロビン値を正常にするためにもっとも効果が高い食品です。もしレバーがあまり好きではないという人でもきっと食べているうちに慣れてきて、その栄養価を実感することができると思います。

レバーを食べたくなるような食欲をそそる美味しいレシピもたくさんあります。

2、マメ科植物

マメ科植物のような植物性製品の場合、体内に鉄分を蓄えにくいという性質がある場合があります。

これを補うために、ビタミンC の豊富な野菜を食べるのが有効です。

ビタミンCの豊富な野菜を食べることは、健康的な食生活に欠かせません。ここでは、調理方法を詳しく紹介はしませんが、マメ科植物は火を通す料理に使うだけではなく、サラダの具材として使ってもとても美味しいです

3、ビタミンCの豊富な野菜

野菜

すでにお話しした通り、正常なヘモグロビン値をキープするためにビタミンCの豊富な野菜を食べることがとても重要です。ここにビタミンCを最も多く含む野菜を紹介します。

これらの食材を使うと、食事も豊かになり、正常なヘモグロビン値を得ることもできます。

・ピーマン類(特に生のもの)

 

・ブロッコリー

・芽キャベツ

・唐辛子

・ほうれん草

・パセリ

・にんじん

・ビーツ

こちらもお読みください:ビタミンC欠乏症の症状

4、葉酸が豊富な食べ物

葉酸は、妊娠している人にとても大切ですが、それだけではなく、正常なヘモグロビン値をキープするためにも重要な成分です。それは葉酸には、赤血球の生成を助ける効果があるためです。

一般的には、妊娠中に必要な栄養素として紹介されることが多く、その他の効果についてあまり知られていません。

ここでは、貧血を改善するのに効果的な食品をご紹介します。

・アスパラガス

・オレンジ

・アボカド

小麦胚芽

・豆類

大豆

・かぼちゃの種

これらの食材をさらに緑色野菜、マメ科植物、レバーなどこれまでに紹介した食材と合わせるともっと効果的です。

5、油ののった魚

油の多い魚を食べることには、様々なメリットがありますが、特に赤血球の生成に不可欠なビタミンBをたくさん含んでいるという点が際立っています。

例えば、

・サーモン

・イワシ

・マグロ

・サバ、などの魚を食べましょう。

こちらもご覧ください 食べてはいけない!? リスクを伴う魚6種

正常なヘモグロビン値をキープするための食べ方

では、正常なヘモグロビン値にするための食品に関心が高まったところで、適切な調理法について考えてみましょう。実は、伝統的で一般的な調理方法は必ずしも食材の栄養素を最大限に生かすために適切であるとは言えません。

基本的には、調理時間を短くすることをお勧めします。食品を加熱することによって、その構成が変化してしまいます。食べるために最低限火を通すくらいがベストです。

 

・野菜の場合は、歯ごたえがしっかり残る程度に調理すると良いでしょう。食感がしっかり残っているくらいが、全ての栄養素が残すことができ、とても健康的です。

・魚や肉の場合、それぞれにちょうど良い調理時間があるので、それを守り、火を通しすぎないようにしましょう

深刻な状態でない限りは、ヘモグロビン値を調整することはこれらの方法で比較的簡単にできます。ここで取り上げた食品を適切な調理法で食べることで、きっと良い効果が見られるはずです。

 
  • Li RR, Yu QL, Han L, Cao H. Nutritional Characteristics and Active Components in Liver from Wagyu×Qinchuan Cattle. Korean J Food Sci Anim Resour. 2014;34(2):214–220. doi:10.5851/kosfa.2014.34.2.214
  • Finkelstein FO, Juergensen P, Wang S, et al. Hemoglobin and plasma vitamin C levels in patients on peritoneal dialysis. Perit Dial Int. 2011;31(1):74–79. doi:10.3747/pdi.2009.00154
  • Kim YL. Vitamin C and functional iron deficiency anemia in hemodialysis. Kidney Res Clin Pract. 2012;31(1):1–3. doi:10.1016/j.krcp.2011.12.008
  • Coates TD. Physiology and pathophysiology of iron in hemoglobin-associated diseases. Free Radic Biol Med. 2014;72:23–40. doi:10.1016/j.freeradbiomed.2014.03.039
  • Brear EM, Day DA, Smith PM. Iron: an essential micronutrient for the legume-rhizobium symbiosis. Front Plant Sci. 2013;4:359. Published 2013 Sep 13. doi:10.3389/fpls.2013.00359
  • Kumar, T., Taneja, S., Sachdev, H. P. S., Refsum, H., Yajnik, C. S., Bhandari, N., & Strand, T. A. (2017). Supplementation of vitamin B12 or folic acid on hemoglobin concentration in children 6–36 months of age: A randomized placebo controlled trial. Clinical Nutrition. https://doi.org/10.1016/j.clnu.2016.07.002
  • Sidhu, K. S. (2003). Health benefits and potential risks related to consumption of fish or fish oil. Regulatory Toxicology and Pharmacology. https://doi.org/10.1016/j.yrtph.2003.07.002
  • Kankanamge, Upekshi & S, Ariyarathna & Perera, P P R. (2017). Association between dietary patterns and Hb concentration among young adult females. International Journal of Current Research. 9. 45497-45500.
  • Prentice AM, Mendoza YA, Pereira D, et al. Dietary strategies for improving iron status: balancing safety and efficacy. Nutr Rev. 2017;75(1):49–60. doi:10.1093/nutrit/nuw055