胃腸に優しい10種類の食材

· 4月 17, 2018
健やかな胃腸を保つことが体全体の健康を維持する上でとても重要です。健康な胃腸を保つために、今回ご紹介する食材を取り入れてみてください。

今回の記事では、あなたの胃に優しい10種類の厳選した食材を紹介したいと思います。

これらの食材はとても効果的で、腸の炎症や細菌の増殖を軽減する力を持っています。

今回紹介する食材が通常悪影響を起こすことはありませんが、もし、何らかの胃腸の医療措置を受けているなら、医師に相談してから取り入れるようにしましょう。

胃に優しい食材

1.寒天

寒天は藻類の食材で、多くのベジタリアンの人達が取り入れています。

これは、どんな液体でも固めることが出来るので、加えれば加えるほどその液体も固くなります。

また、寒天は植物性ゼラチンで、特に下痢などに効果的で、腸の機能を調整してくれます。この食材が持つプレバイオティックファイバーや、マグネシウム、ヨウ素、カルシウムなどのミネラルがこの働きを助けているのです。

こちらもご参考に:
胃腸に溜まったガスに効果的な5つのお茶

2.チアシードとリンシード

チアシードとリンシード、海水

チアシードとリンシードは腸や細菌フローラを刺激することなく、腸の機能を高めることで人気の食材です。

  • この種を水に浸すと粘液を放出します。これは、水をゼラチン状にする可用性繊維の一種なのです。
  • これを飲むと、あなたの腸をしっかり綺麗にしてくれます。

3.発酵食品

発酵によって作られた食品は腸内細菌を増殖させて、保護する働きを持っています。

腸内フローラは悪い食生活や抗生物質、または腸の病気によって傷つくことがあるので気をつけましょう。

  • 最も人気な発酵食品として、天然のヨーグルト、ケフィア、サワークラウト、そしてコンブチャティーなどが挙げられます。

4.パパイヤ

パパイヤ

パパイヤは美味しいトロピカルフルーツの一つで、消化器系にとても良い食材です。穏やかな排便を促し、浄化作用を持っているので、便秘や大腸憩室炎、そして寄生虫に効果です。

  • 朝食に生のまま食べるのがおすすめです。カットして食べたり、スムージーやジュースとして摂取することが出来ます。

5.リンゴ

リンゴは消化機能を高めたり、整えてくれる素晴らしいフルーツで、食べ方によって腸の病気を和らげてくれます。

  • 生のまま皮ごと食べると腸の働きを促進します。りんごの持っているこの可用性繊維は便秘にとても効果的です。

りんごは腸の活動を良くしたり、消化器系が使用する筋肉を強くしてくれます。

  • 皮をむいて食べる場合、茶色く変色してから食べると下痢を抑えることが出来ます。これは、りんごが酸化すると現れるタンニンと豊富なペクチンがこのような効果を生み出しているのです。この食べ方をすると水分を保持して腸の働きをゆっくりにします。

ご存知でしたか?
胃腸内にたまったガスを排出するハーブ6選

6.くず粉

くず粉

葛(くず)は繊維が豊富なデンプンの一種で、小腸を整える効果を持っています。

また、便秘や下痢、痙攣、そして敏感な胃を抱えている場合におすすめで、腸内細菌を増やしてくれます。

  • 葛は水に溶けます。火にかけると固まるので火傷しないように注意して飲んでください。

7.コーヒーの粉

とても興味深い治療法で、腸の炎症を抑えるのに効果的です。

この簡単な方法を行うだけで素早い効果が見られるでしょう。

8.海水

チアシードとリンシード、海水

海水は治療薬としても使うことが出来ます。ミネラルやトレースミネラルが豊富で、正しく飲むことによって腸の機能を調節してくれるのです。

材料

  • 海水:30ml
  • 水:200ml

アドバイス

  • 2つを混ぜて、朝食と一緒に飲んでください。

9.プランテン

プランテンには薬用効果があり、お茶としても摂取することが出来る果物です。腸を落ち着かせたり、腸内を整える力を持っています。

その為、下痢、胃炎、胃潰瘍、そして敏感な胃腸を和らげるのに効果的です。

10.オーツ麦

オーツ麦

オーツ麦は繊維と粘液を豊富に含んだ素晴らしい食材で、この2つが組み合わさることで様々な腸の問題を解消してくれます。

効果を発揮させるには、調理、または水分に浸して摂取する必要があります。生で食べると消化が難しくなり、胸やけを引き起こしてしまうのです。

また、オーツ麦は栄養満点で、エネルギーを体に与えてくれます。さらに、神経系をリラックスさせるので緊張や過敏、そして不安などの症状を防いでくれるでしょう。

  • Okeniyi JA, Ogunlesi TA, Oyelami OA, Adeyemi LA. Effectiveness of dried Carica papaya seeds against human intestinal parasitosis: a pilot study. (2007).
  • Evelyn M. Montes Chañi, Sandaly O. S. Pacheco, Gustavo A. Martínez, Maykon R. Freitas, Joaquin G. Ivona, Javier A. Ivona, Winston J. Craig, Fabio J. PachecoLong-Term Dietary Intake of Chia Seed Is Associated with Increased Bone Mineral Content and Improved Hepatic and Intestinal Morphology in Sprague-Dawley Rats. (2016).
  • Alan Mackie, Neil Rigby, Pascale Harvey, Balazs Bajka. Increasing dietary oat fibre decreases the permeability of intestinal mucus. (2018)
  • Higashimura Y, Naito Y, Takagi T, Mizushima K, Hirai Y, Harusato A, Ohnogi H, Yamaji R, Inui H, Nakano Y, Yoshikawa T. Oligosaccharides from agar inhibit murine intestinal inflammation through the induction of heme oxygenase-1 expression. (2013).
  • Guevara Vásquez, Ana. Efecto del decocto de las hojas de plantago major l. sobre la inflamación intestinal inducida en rattus rattus var albinus. (2016).