胃腸に溜まったガスに効果的な5つのお茶

· 8月 24, 2018

腸にガスが溜まるのは至って自然なことで、そのガスは主に窒素や酸素、二酸化炭素、水素、そしてメタンからできています。また、硫黄が少し混ざったガスも生産され、それは鼓腸の悪臭を引き起こす原因となります。このようなガスの生産は生理的な現象で正常なことです。

しかし、人によっては過敏性腸症候群のような胃腸の問題を抱えるなど、ガスの蓄積は痛みを伴う深刻な病気の原因になることもあるのです。

なぜガスが作られるのか?

食物繊維や炭水化物、セルロース、タンパク質、炭酸飲料、そして脂肪が豊富な食品は胃や腸にガスを溜めてしまう原因となります。ガスの生産は腸内の細菌発酵による結果であり、炭水化物には発酵に繋がるオリゴ糖や二糖類、単糖類、そしてポリオールが含まれています。

こちらの記事もどうですか?:

腸内ガスから分かるあなたの健康

お腹の辺りで発酵する炭水化物が原因のガスは腸を通過し、最終的に空気として排出されます。

お腹のガス

ガスでお悩みの人へオススメの5種類のお茶

1.アニス

アニスは腸内ガスをコントロールするのに最も人気のお茶の一つで、炎症を和らげたり、消化を助ける作用を持っています。

材料

  • アニスシード:15g
  • 水:250ml

作り方

  • 水を沸騰させたらアニスシードをくわえます。
  • その後に火を止めて、12分間冷ませば完成です。
  • 毎食後に1杯飲むようにしてください。

2.ミント

ミント

ミントは消化を助ける効果を持つだけでなく、私達の健康に様々な効能を与えてくれるハーブです。ミントに含まれるメンソールは消化液や胆汁をまんべんなく分裂させるので、ガスの蓄積を含む消化の問題を解消してくれる最高の薬草の一つと言っても過言ではないでしょう。

材料

  • ミントの葉:15g
  • 水:500ml

作り方

  • 水の中にミントを入れてから火をかけ、ミントの成分が抽出されるよう数分間沸騰させます。
  • 火を止めて12分ほど冷まし、ざるなどで濾せば完成です。
  • 1日2杯飲むようにしましょう。1杯は起床後に、もう1杯は寝る前に飲んでください。

3.カモミール

カモミールは昔からよく使用されてきた有名な花の一種です。そして、これを飲む事は多くの消化障害を解消する素晴らしい方法として知られており、消化不良やガスの蓄積にも効果的なのです。

また、腸内ガスの蓄積を除去してくれる性質があるだけでなく、消化管に蓄積したガスも排出したり、腹部のむくみにも効果的で即効性のあるお茶です。

材料

  • カモミールの花:15g
  • 水:250ml

作り方

  • カモミールの花をくわえた水を沸騰させます。
  • 沸騰しはじめたら火を止めて、12分間冷ましてください。
  • 毎日1週間続けてのみましょう。

4.フェンネルシード

フェンネル

フェンネルはセロリに非常によく似た植物ですが、味はアニスに近いです。そして、私達の祖先は100年も前からフェンネルを使ってあらゆる痛みや問題(胃の問題を含む)を治療してきたのです。

材料

  • フェンネルシード:15g
  • 水:500ml

作り方

  • フェンネルシードを入れた水を中火で加熱します。
  • それが沸騰したら火を止めて12分間冷まします。
  • 起床時と就寝前に1杯ずつ飲むようにしてください。

こちらの記事もオススメです:

消化器系に良いお茶4選

5.シナモン

シナモンが持つ香りと味のおかげで、このスパイスはとても人気があります。しかし、シナモンは消化器系を改善する方法としても非常に効果的なのです。腸内ガスの蓄積や胃のガス、筋肉や胃の痙攣に加え、吐き気や嘔吐の予防にも最適です。

材料

  • シナモンスティック:2本
  • 水:250ml

作り方

  • シナモンスティックを入れた水を加熱します。
  • 沸騰したら火を止めてください。
  • 少し冷ましてから飲みましょう。また、毎日1杯飲むようにしてください。

今回紹介したお茶を使った自然療法だけでなく、お腹をマッサージしてあげることも胃腸のガスの蓄積を和らげるのに効き目があるので是非試してみてください。