胃に良くない食べ物の組み合わせ

· 5月 1, 2018
食べ物の組み合わせを正しく行うことで消化が良く、胃もたれや過剰なガスなどのトラブルを回避することができるでしょう。

食事のメニューを考える際、様々な風味や食感を組み合わせるのが好きだという人は多いのではないでしょうか。一見とても素晴らしいことのように思えますが、実は、組み合わせによっては胃に負担をかけてしまう食べ物があるのです。基本的に、組み合わせの良くない食べ物を食べると酸の生成が増え、胃酸の逆流や胃もたれを感じるでしょう。

時間や食べる速度に関わらず、消化系を労りたいのなら、正しい組み合わせで食べ物を食べましょう。消化系だけでなく、健康的な体重を維持することにもなるのです。

最近、食後の胃もたれやむくみ、胃痛があるという人は今日の記事をよく読んでください。今日は胃に良くない食べ物の組み合わせについて見ていきましょう。

正しい組み合わせで食べる利点

食べ物を正しく組み合わせて食べることで消化が改善され、体の健康も改善されるでしょう。

  • 胃の内部で食べ物が腐敗してしまう食べ物の組み合わせはたくさんあります。これを避けることによって、胃痛やガス、不快な膨満感などを避けることができるでしょう。
  • 食べ物の組み合わせに気をつけることによって体から発生する毒素が少なくなり、よりエネルギーを得やすくなるでしょう。
  • 胸焼けを回避することができるでしょう。
  • 免疫系がより強くなります。栄養素を吸収しやすくなるからです。
  • 体重をコントロールしやすくなるでしょう。

避けるべき食べ物の組み合わせ

たんぱく質と炭水化物

炭水化物

たんぱく質と炭水化物を両方分解することは、アルカリ性と酸性の胃液を両方フル活用しなくてはいけません。

たんぱく質と炭水化物を一緒に食べることで互いが中和され、通常の消化を妨げる消化管にとっての爆弾となってしまいます。

  • たんぱく質と炭水化物は別に摂りましょう。自然のプロセスを妨害すると、胃痛や消化不良、胸焼けを引き起こしてしまうでしょう。

こちらも参照『炭水化物の減らし方のヒント』

2種類のたんぱく質

2つの種類のたんぱく質を一食で摂ると胃もたれを引き起こし、消化にはほぼ2倍の時間がかかります。

食べ物の消化に時間がかかればかかる程、消化系はよりエネルギーを必要とするのです。

  • 例えば、一回の食事で魚と赤身の肉や鶏肉を同時に食べることは良くありません。

たんぱく質とでんぷん

小麦粉

たんぱく質とでんぷんを一緒に摂ると、満腹感を得にくく食べ過ぎてしまいます。そして消化を遅らせることとなります。

でんぷんは胃腸で腐敗し出し、たんぱく質が分解し、腸にガスを発生させ、胃を重く感じさせます。

  • 緑の葉物野菜やでんぷん質でない野菜を食事に取り入れることで炭水化物とたんぱく質酵素を中和しましょう。
  • レタスやクレソンのサラダはこういった副作用を防ぐのにお勧めです。

砂糖とでんぷん

でんぷんと砂糖を一緒に食べると、プチアリンの不足した唾液が分泌されます。これにより胃に到達したでんぷんの消化が遅れることとなります。

つまり、でんぷんが消化されるまで糖が胃に残り、結果として砂糖は腐敗を始めます。

腐敗した糖は酸が分泌される原因となります。この酸はでんぷんの分解をより妨害するのです。

こちらも参照『消化不良と精神的不調』

砂糖と脂質

スムージー

信じられないかもしれませんが、砂糖は脂質よりもずっと消化しやすいのです。ですが砂糖と脂質を同時に取ると、消化過程は相当滞ってしまうのです。

  • 甘いパンやアイスクリーム、スムージーは消化の大敵です。
  • バナナなどのフルーツで作ったスムージーは特に消化に良くありません。ガスを生み出し、胃もたれを引き起こすからです。

酸性の強いフルーツと牛乳やヨーグルトなどの乳製品とを組み合わせるのもあまり良くありません。消化や免疫系の健康を変えてしまい、咳や鼻づまり、アレルギーなどを引き起こすからです。

フルーツと他の食べ物の組み合わせ

フルーツを食べるベストな方法は、単独で食べることです。

フルーツに含まれる糖分が他の食べ物の腐敗をスピードアップさせます。つまり、消化不良を引き起こし、ビタミンやミネラルの吸収率が悪くなるのです。