胃酸の逆流を予防する8つの実践的な方法

胃酸の逆流を予防するには、胃を押さえつけないゆったりとした衣服を着用することが大切です。ぴったりとしたタイトな服を着ると、胃の周りへの圧迫が増えて、症状が悪化する恐れがあります。

胃酸の逆流とは、胃酸が食道を上って口に入るときに起こる症状で、しばしば上腹部の灼熱感として説明されます。 また、胸の痛み、胸やけ、そして飲み込むのが難しくなる嚥下困難などの症状を伴います。

これは、胃の中に食物や液体を保持する働きがある筋肉弁である食道括約筋が、機能不全を起こすことが原因です。

深刻な病気ではありませんが、散発的に起こるため、胃酸の逆流を予防して合併症を防ぐことが大切です。

本記事では、胃酸の逆流を避けるための8つの実践的な方法をご紹介します。

1. 刺激の強い食品を避ける

加工食品

一度に大量の食事を摂取しないように心がけながら、胃酸の逆流を引き起こす食品、そして胸焼けや胃に刺激を与える食品の摂取を避けることが大切です

健康的な食生活へと改善するためにも、以下の食品の摂取を制限してください。

  • 加工肉
  • 精製された小麦粉
  • デザート類、焼き菓子、パン類
  • 香辛料
  • 缶入りの食品
  • 塩分が多く含まれている食品

2. 減量

健康的な体重より重い方や肥満の方は、胃酸が逆流しやすいと言われています。

健康的な体重を維持することで、消化機能が正常に働きながら胃酸の逆流を予防します。

3. 禁煙

禁煙

 

胃や食道への胃酸の逆流をコントロールしたい時は、タバコを諦めて禁煙する必要があります。

タバコに含まれる毒素は、胸やけなどを予防する胃酸を助ける物質である唾液の生成を減少します。

また、胃酸の逆流に苦しんでいるときに喫煙すると、口や喉での脱水症状をはじめとするさらなる問題を引き起こします。

4. 快適な衣服を身につける

見逃されがちですが、実はタイトな洋服が胃酸の逆流を引き起こします。

ぴったりとしたジーパン、ベルト、シャツなどの腹部に圧迫を与える衣服などは、食後に胃液がこみ上げる原因となります。

ゆったりとした衣服を着用して、食後はボタンを1つか2つ外すようにすると、胃酸の逆流を軽減することができます。

5 正しい姿勢を維持する

姿勢

食べる時の姿勢やそれ以外の時の姿勢は、消化機能に大きな影響を与えます。

特に食事をしている時、口から胃へと食べ物が運ばれる時の姿勢と重力により、胃酸は通常の場所にとどまります。

しかし、食べている時や食後に横になったり悪い姿勢をとると、腹部の収縮が活発になり、胃酸の逆流が起こります。

正しい姿勢を保つように心がけて毎日の生活を送りましょう。

6. お茶を飲む

天然の抗酸性および消化性を含むお茶は、胃酸の逆流の症状を予防・緩和するのに有効です。また胃のpH値を調節し、食道括約筋を正しく機能させるのを助けます。

以下のお茶には胃酸の逆流を予防・緩和する効果があります:

  • ミント
  • カルダモン
  • フェンネル
  • シナモン
  • 生姜
  • レモン
  • マスタードシード
  • フラックスシード

7. ストレスを避ける

ストレス

ストレスの多い生活は、実は胃酸の逆流の大きな原因の一つです。全く関係ないと考える人もいますが、実は密接な関わりがあります。

ストレスによる神経反応が、消化器系機能を変化させ、消化不良などの消化器系の問題が発生します。

また、胃酸過多と関わりのあるアドレナリンのような神経刺激薬が分泌されます。。

8 お酒を控える

過剰にお酒を飲んでいませんか?

過剰な飲酒は胃壁を傷つけるだけではなく、胃酸の逆流をはじめとする不快な症状の原因となります。

アルコールに含まれる毒素は体内で消化されにくく、胃酸の逆流を止める「弁」の機能を妨害します。

胃や腹部が燃えるような強い感覚を感じる症状が現れている場合は、今回ご紹介した方法で胃酸の逆流をしっかりと制御することが大切です。

原因がわからないまま胃酸の逆流が続く時は、何か深刻な病気が隠れている可能性があるため、必ず医師の診察を受けてください。

 

あなたへおすすめ