胃酸の逆流を減らすヒント

胃食道逆流、または胃酸の逆流は、誰もが人生のある時点で経験する症状です。症状がとても明白な時もありますが、症状を感じないこともあります。

米国で最も売れている薬は、胃酸の逆流や胸焼けのためのものであることを知っていますか? 米国は、食後のこの「燃えるような」胃の状態に苦しむ唯一の国ではありません。この問題にお悩みの方、胃酸の逆流を減少させるいくつかのヒントを説明した、以下の記事を読んでください。

胃酸の逆流についてのちょっとした情報

胃酸の逆流と胸焼けは、人の消化管の最も一般的な障害です。 ほとんど誰もが、多かれ少なかれこの症状を経験しています。胃酸(食べ物を消化するために使用される)が喉に向かって食道を逆流する時に発生します。胃酸逆流の最も一般的な症状は以下のとおりです。

  • 酸味(食後、胸や喉のあたりに感じる、燃えるような感じや圧迫感といった辛さ)
  • 食べ物の逆流(嘔吐)
  • 酸味のある吐き気
  • 食べ物の飲み込みにくさ
  • 逆流

逆流

最低週に1度、胃酸逆流がある場合は通常、胃食道逆流と呼ばれます。 米国の人口の半分は胃酸逆流を持っており、約20%が胃食道逆流に苦しんでいると言われます。 アメリカの食習慣は、世界で最も健康的ではありませんが、実際は、日本やスペインといった他の先進国でもその数は似ています。

食べ物を飲み込むとき、食道括約筋によって食道を下に移動して胃まで到達しなければならなりません。 括約筋は、食べ物が通過するたびに開閉する、バリアまたは蓋を形成しています。長さは約7センチで、その役割は、既に胃の中にある物が逆流するのを防ぎ、何が胃に入るかをコントロールすることです。

食道括約筋は筋肉ですから、閉じたままにする能力や強度は変わります。胃酸の逆流の多く は、単なる早食いが原因です。特定の食べ物や、食後すぐに寝ること、胃への圧力や身体活動も、胃酸の逆流を引き起こす可能性があります。

胃には、消化中に食べ物を分解するための強力な酸が含まれています。 もし、この「入り口」が少し開いていると、胃酸が食道に上がってきて、胸が焼けるように感じます。嘔吐する時に何が起こるか考えてみましょう。喉への灼熱感とともに、口の中に酸味を感じるでしょう。それは、食べ物が胃酸と混ざっているからです。

胃酸の逆流が頻繁に起こると、食道に潰瘍や慢性炎症を起こします。これは食道炎につながり、さらには肺の病気を引き起こす可能性もあります! 胃酸が口に到達すると、歯のエナメル質を腐食し、口臭の原因となります。

上記の症状を医者に訴える人もいますが、他の人は何も感じないことに注意が必要です。 これは「沈黙する逆流」として知られ、pHレベルや内視鏡検査で見つけられます。

一生を通じて逆流

胃酸の逆流は子どものときから経験してきたとしても、それは悪いことではありません。 もしあなたのお子さんに時々起こっても、心配しないでください。 新生児の約85%は、授乳後に逆流したり吐いたりします。 生後1年までなら、それは全く正常です。そして、 妊娠中の女性も、腹部に加えられた圧力による胃酸の逆流に苦しむことがあります

酸逆流はしばしば肥満と関連付けられます。 お腹周りの余分な脂肪は、腹腔に圧力をかけます。太り過ぎの人々はまた、さらに症状を悪化させる食品を食べているかもしれません。 これは、小児期、10代、成人と、いつでも起こる可能性があります。

一生を通じて起こる逆流ですが、長年食道が仕事した後、その「入り口」の筋肉が弱くなるため、60歳以上に多い、ということも言えます。

胃逆流の予防

健康的な食事

野菜

食べるものや特定の成分のせいで胃酸逆流を経験する人がいる一方で、ほとんどの人が、コーヒー、ミント、チョコレート、アルコール、トマトソース、スパイスや辛い食べ物、加工乳製品を食べた後で、症状がひどくなります。このため、より多くの果物や野菜、全粒穀物、ナッツ、水を摂取することは良いアイディアです。

食習慣の改善

逆流を悪化させる食品を心に留めておくとともに、食べる量を減らすこと(特に夜)をお勧めします。 夕食をお腹に詰め込んだ後すぐベッドに直行するのは、寝ようとしても効果がありません。

夜は軽い料理を選び、デザートに野菜や果物をたっぷり取ることをお勧めします。 また、アルコールの飲み過ぎや、ファストフードや加工食品を食べることは避けてください 。食べ物が熱すぎたり冷たすぎたりしないように気をつけ、ゆっくり食べ、飲み込む前によく噛んでください。

睡眠を十分に取る

睡眠

食事(ランチタイムでも夜でも)の後、気分良くリフレッシュするために、必要な限り休息してください。 これは、筋肉、特に食道をリラックスさせ、その後より良く、より効率的に機能するのに役立ちます。

同様に、可能な限り、ストレスレベルを低く保つことをお勧めします。そうでなければ、毎日逆流を経験する結果になります。 そして、より多くの健康上の問題を引き起こす可能性があり、その幾つかは深刻かつ不可逆的な病気です。